2008年05月15日

知ってはならない歴史14

日本の国家分裂と敗亡の道。

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 日露戦争が日本勝利の形で終わりました。日本将兵の勇戦はもとよりですが、勝利は米英の日本支援の賜物でした。帝国主義の当時にあって、戦争に国際的な干渉はつきものです。十年前の日清戦争の時に、日本の指導者たちは予期以上の三国干渉に慌てふためき、そして臥薪嘗胆を合言葉に、干渉に膝を屈しました。
 日露戦争に干渉する列強はいないと、日本の指導者たちは考えたようです。なぜなら、日本の背後には米英がついていたからです。本当に伊藤博文たちがそのように考えたとしたなら、伊藤老いたりと言うしかないのが残念です。
 重ねて言いますがこうした時、干渉は米英から来るものです。ポーツマス講和条約が成立しそうになったと同時にハリマンが来日しました。そして、桂・ハリマン協定が明治天皇の内意を得て成立したのです。しかし、小村寿太郎外相はこの協定という仮条約を一方的に破棄しました。日本の仕打ちにアメリカ国内には怒りの声が充満しました。日本の仕打ちはそれだけではありませんでした。
 アメリカは満洲問題について、日本に特別の立場を認めるという「対日不干渉誓約」を取り付けられたのです。(1908・明治四十一年)。

 そして、怒りを秘めたアメリカが計画した鉄道建設計画(錦州〜愛琿間)を、なんとロシアと協調して中止させたのでした(1909・明治四十二年)。

 すでに見てきたように、このような日本の行動は、米英と世界のユダヤ社会の深い不信感を買うものでした。
 これは権威をかるつもりはありませんが、知遇を得ていた杉原千畝氏の慨嘆に拠っています。
 杉原千畝氏は1941(昭和十六)年5月、ドイツにあって独ソ開戦近しとの情報を日本外務省に入れるものの、当時の外務省主流の忌避に触れ、リストラの形で外務省を追われたお方です。終戦の後にユダヤ人へのビザ発給を咎められたというのは誤解です。
 桂・ハリマン協定の日本の裏切りが日本の運命の狂いの岐路だったと、述懐されたことがありました。同席者は亀山一二氏でした。氏は日米開戦時の外務省大臣官房電信課長でした。不意討ちだったのか、と聞く若輩の私に「国策に騙し討ちはない・・・陛下の前だよ・・・」と笑っておられたものです。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月14日

知ってはならない歴史13

支那事変の発端は「西安事件」

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 1937(昭和十二)年7月7日に響いた一発の銃声があの支那事変を引き起した、という戦争理解が日本人の常識化しています。まことに困った知性の混乱と言わねばなりません。
 支那事変の発端は西安事件にほかなりません。・・・・当時から日本人はこの事件を軽視はしなかったものの、おそるべき意味については無理解だったというしかありません。今日までこの無理解は尾を引いています。囲碁に例えれば、この一手の意味が理解できずにへぼな手を連発して敗けたようなものです。支那事変は西安事件こそが開戦の起点なのです。

 西安事件は1936(昭和十一)年12月12日に起きました。部下の張学良が蒋介石を監禁し、共産党に引き渡したという事件でした。毛沢東たちは狂喜し処刑しようとしますが、スターリンは許しませんでした。・・・要するにコミンテルンの方針に従い蒋介石をして対日戦争遂行の駒にしたのです。コミンテルンと中国共産党は蒋介石と日本の戦争の実現を希求し、1932(昭和七)年4月26日には中国共産党と中国ソビエト政府は「対日戦線布告文」を、そして重ねて1934(昭和九)年には「対日作戦宣言」「対日作戦基本綱領」を発表していました。中国共産党は盧溝橋事件の五年も前から、日中の戦争を宣言していたのです。日中両国の運命に深く関わるのが1928(昭和三)年のコミンテルン第六回大会の決定でした。主な方針は次の三つです。

一、自国の敗北を助成すること。
二、帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること。
三、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること。

 次の1935(昭和十)年のコミンテルン第七回大会はさらに「人民戦線戦術」を決議し、共産党は表に出ないで「民主勢力を利用して反ファシズム人民戦線(フロント)を結成する」という戦術に全力をあげていたのでした。
 このコミンテルン決議以来、共産主義者は一斉にフロントに潜りました。共産主義者の姿は消えました。自由主義者か共産主義者かの区別がつかなくなりました。尾崎秀実とゾルゲ・グループの結成も1934(昭和九)年です。日本にも一斉に各種のフロントが作られました。盧溝橋事件発生の時の首相は近衛文麿でしたが、近衛文麿の顧問は首相官邸に一室を構えた尾崎秀実でした。・・・
 さて西安事件です。12日の蒋介石逮捕の後、スターリンは殺すなと厳命し、周恩来が飛来し、張学良・蒋介石との間に第二次国共合作(人民戦線そのもの)の秘密協定が成立しました。・・・・
 西安で蒋介石は日本との即時全面戦争を約束させられたのです。そして釈放されました。盧溝橋などの小競り合いを約束したのではありません。二十九軍という中国軍の副参謀長・張克侠(共産党員)は、北京周辺に散り駐屯していた日本軍への攻撃計画を策定していました。盧溝橋事件はその一部です。この攻撃の作戦計画案が、日本軍によって後日になって没収されています。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月13日

知ってはならない歴史12

日本嫌悪と村山談話

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
村山富市という社会党委員長、そして首相がいました。土井たか子という元社会党委員長が当時の衆議院議長でした。このご両人が主役になって、1995年(平成七・終戦五十年目)の6月9日(金)、衆議院では「国会での謝罪決議」がなされようとしていました。提案者は村山首相、議長は土井です。議場は緊迫していたようです。与野党とも分裂投票になる模様で、そして多くの議員は、決議は採択されないだろうと思っていたようです。
 折から本日は採択しないとの「通知」があり、多くの議員が退席しました。金曜日ですから選挙区に帰る議員が多かったのです。ところが反対派の議員が退席したのを見計らったかのように、土井議長は会議再開のベルを鳴らしました。
 午後七時五十三分、山崎拓氏らが提案し、アッと言う間に「可決」し、五十九分に散会しています。二百六十五名の欠席者を出したまま、賛成二百三十名で「謝罪決議」は「採択」されました。議員数は五百九名だったので、定足数に満たないままの強行「採択」でした。
 首相や議長が日本国家を謝罪させようとした政策は、定足数にすら満たない議場での「採択」でした。そこで次に首相は、日本国総理大臣が謝罪するという挙に出ました。・・・・

 大学の談話室でのことです。中国人の教授が私に話しかけてきました。「日本の裁判所は『南京大虐殺』を認めているのに、なぜ先生は否定するのか」と言うのです。彼は1999年(平成十一)年9月22日の判決で東京地裁は「南京大虐殺」を認めていると言い張り、私に食らいつくわけです。少し解説が要るかもしれません。
これは「南京大虐殺」事件の被害者を名乗る十余名の中国人が、総額十億円余の損害賠償を求めて日本政府を被告として請求していた事件です。裁判所は「国際法上、個人が直接に外国に対して戦争被害の損害賠償を請求することはできない」と判示した、ごく常識的なものです。つまり、原告敗訴の判決でした。
 しかし、判決の「主文」は原告敗訴を言い渡したのですが、裁判官は「傍論」として自分の意見を言いました。聞きましょう。
「『南京大虐殺』と言うべき事象があったこと自体はほぼ間違いないと言うべきであり、原告(人名)はその際に日本兵による刺傷を受けたものである・・・」

 つまり判決は原告の請求は斥けたけれど、「南京大虐殺」は事実として認めたわけなのです。続きを読む
posted by 小楠 at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月12日

知ってはならない歴史11

歴史の敗北者と国の衰滅

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 私は高校教師の時、世界史の授業は「大航海時代」から始めました。古代から始めるよりも、現代に関係事項の多いこの時代から始める方が便利だったからです。
 同類はいろいろあるようですが、ヨーロッパ人の冗談を紹介しました。
「イギリスを自慢しているやつはイギリス人だ。ドイツの悪口を言っているやつはフランス人だ。スペインの悪口を言っているやつはスペイン人に決まっている」
 この冗談の主役はスペイン人です。
 あのスペイン(イスパニア)大帝国はなぜ衰弱・没落したのか。
 それは、スペイン人が自国を悪く言うようになったからです。
悪く言う、つまり自国を悪く考えるようになってからイスパニア大帝国は衰滅に至りました。
 誰がスペインを悪く言ったのでしょうか。
 イギリスやオランダです。この両国はスペインの後輩国です。イギリスやオランダが植民地でいかに酷いことをしたかは、今では広く知られています。殺されたアメリカ原住民やインドネシア人のその数を知る人はいません。

 同じことをスペインもやった「だけ」です。しかし、スペインは敗けました。悪口合戦に敗けたスペインは、歴史の敗北者になり果てました。つまりスペイン人たちはスペインの歴史に自信が持てなくなっていったのです。悪逆非道の国・虐殺の国・異端虐殺の国・暗黒の帝国・狂言の支配する国・・・無数の悪口がスペインに浴びせられました。
 プロパガンダ(宣伝)合戦に敗北したスペイン人は、国民的に元気を失い歴史の敗北者にさせられました。自信を喪失し自己嫌悪に苦しみ、自虐に親しみ、寂しく自国を嘲笑する国民には衰滅しか道はありません。

 スペイン衰滅に大きな力を発揮した一冊のパンフレットがあります。司教のバルトロス・デ・ラス・カロスの書いた『インディアスの破壊について簡素な報告』というのがそれです。岩波文庫にもあります。こんな調子です。
「・・・彼ら(スペイン人)は村々に押し入り・・・老いも若きも身重の女もことごとく捕え・・・引き裂きずたずたにした」
「彼らは誰が一太刀で身体を真っ二つに斬れるとか、誰が一撃のもとで首を斬り落とせるかとか賭けをした」
「ようやく足が地に着く程度の絞首台をつくり、十三人ずつ吊るし・・・生きたまま火をつけた・・・」
 念のために言い添えますが、これは例の「南京大虐殺」の一節ではありません。このカロスのパンフレットは、敵に徹底的に利用されました。空想で描いた残虐な場面の銅版画とともに流布されました。この銅版画は日本の高校生の持たされる教科書・参考書にも載せられています。
 イギリスが大英帝国として興隆していく過程で、スペイン帝国が衰滅していきました。科学技術や人文地理的分野からの考察はむろん必要ですが、国民国家の発展・衰滅の土台にはエトス(国民精神)の盛衰が基盤なのです。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月09日

知ってはならない歴史10

歴史認識と国家の命運

ここからは若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。
wakasa02.jpg

引用開始
 1990年代の後半、アメリカで立て続けに起された訴訟での対日本の請求総額はなんと百兆円に達していました。(被告日本企業二十八社・・・原告は大戦中の米元捕虜・在米中国人・韓国人・・・戦時中の強制労働等を理由とした損害賠償請求訴訟)。
 2003(平成十五)年一月、米連邦高裁はサンフランシスコ講和条約によって賠償問題は解決済みとの理由で、カリフォルニア州地裁判決を破棄すると判決しました。この判決によって、二十八社の日本企業への請求は破棄されたが、実に危ういことでした。
 私は末端の一部を支えたに過ぎませんが、歴史認識がいかに国家の命運と深く係わっているかを身にしみて痛感しました。
 原告たちは連邦最高裁に上告しましたが、棄却が確定しました(2006年7月)。
 展開いかんでは、日本を代表する企業群は存亡の危機にさらされていました。百兆円もの賠償に耐えられる企業は、存在しません。
 日本人は歴史認識の切実さを改めて知るべきです。・・・。

歴史偽造の一例
 1914(大正三)年6月28日、オーストリアの皇太子夫妻が暗殺されました。第一次世界大戦の発端となった有名な事件です。
 高校の全ての教科書が、犯人は「セルビアの民族主義者の一青年」であり、そしてこの事件(サラエボ事件)の銃声が悲惨な世界大戦のきっかけになったと説明しています。
 これは歴史の偽造なのです。
 三人の犯人たちは共産主義者でした。彼らのテロの目標は世界大戦の惹起であり、「帝国主義戦争を内乱へ、内乱から革命へ」(レーニン『国家と革命』)への実践にありました。つまりは、1917(大正六)年のロシア革命の第一幕がサラエボ事件だったのです。彼らはトロツキーやレーニンらに心酔した共産主義者たちです。
 三人のテロリストを背後で支援していたのはセルビア陸軍の青年将校たちであり、彼らはロシアの革命派と気脈を通じ合わせていました。
 この軍人たちは、1903(明治三十六)年にクーデターを起し、セルビアの国王・王妃・閣僚らを殺し権力を握っています。だから当時のセルビアは、ヨーロッパ世界では最も急進的な革命政権と目されていたのです。
 彼らに支援されたテロリストが、オーストリアの皇太子夫妻を殺害しました。だからオーストリア帝国はセルビアに宣戦布告をします。セルビアを支援してロシア帝国が、オーストリア帝国に宣戦布告しました。オーストリア帝国を支援して、ドイツ帝国がロシア帝国に宣戦布告しました。ロシア帝国を支援して英仏両国が参戦し、米も日本も参戦しました。世界大戦となるのです。大成功です。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚から真実を

2008年05月08日

知ってはならない歴史9

朝鮮植民地化のウソ

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」という本をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 前掲の教科書(『世界の歴史』山川出版社)を引こう。
「経済的にもまだ弱い日本が、二十世紀はじめ帝国主義諸国の仲間にはいれたのは、日本が天皇制のもとで強力な軍備を保持し、また当時列強の分割競争のおもな舞台であった中国にもっとも近く位置して、ここに大兵力をすばやく送れる有利な条件をもっていたことによる。たとえば義和団事件で列強が中国へ出兵したとき、ここに一カ月以内に一万の大軍(連合軍総数二万弱のうち)を送れたのは日本だけで、結局、日本は義和団鎮圧の主力になった。こうして日本は東アジアで帝国主義列強の利益を守る「憲兵」の役割をはたしながら軍事的・経済的大国に成長したのであった」
 ここにはウソが書かれている。義和団事件のときに、十余万の大軍を満州に駐屯させていたのは、ロシアである。ロシアは思惑から、満州の大軍を救援に用いなかっただけである。
 動かないロシア軍の思惑を警戒していた英仏などは、日本に球援軍の派遣を懇請したのであった。日本は四回の正式要請に接して、第五師団の派遣を行ったものである。連合軍二万弱は天津から北京に入城に成功した。確かに、日本軍が半数以上を占めていたが、ロシアは義和団事件を機に満州に大軍を送り続け、満洲全土をほぼ占領することに成功したのであった。・・・

 ロシアは北京の外交使節団全滅は秘かに期するところだったのである。なぜなら、義和団を清朝は利用するだけでなく、自らも国軍を動かし、排外の軍事行動に出ていたからである。ロシアは清国の国軍との交戦を欲しなかったし、密約もあった(露清密約)。
 ロシアの思惑はこの限りでは、成功した。満州の占領が成功したからである。
 義和団事変議定書は、清国は賠償金約五千万両(テール)を連合軍十一カ国に支払い、十二箇所に外国軍隊の駐屯を認めた。この議定書に基いて、日本は諸外国とともに支那駐屯軍を置くにいたったのである。議定書の成立は1901年9月である。日露戦争の三年前である。このときからの支那駐屯軍が、盧溝橋事件に遭遇するのだが、これが昭和十二年七月七日のことである(正確には七月八日が正しい)。
 満州が占領され、朝鮮にロシアの軍事基地が構築されるにいたり、日露戦争が勃発した。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月07日

知ってはならない歴史8

日露戦争直接の原因

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」という本をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 日露戦争の直接の原因は、ロシアの満洲・朝鮮への侵略である。日本はロシアの攻勢の終末点が日本にあることを知り、朝鮮が完全にロシア支配に落ち、満州のロシア軍の戦備完整(「完整」という日本軍の用語を用いる)の直前に日本は開戦を決定した。
 文字通り国の存亡を賭けた一戦である。敗北したら、日本は滅びるしかないことを国民は自覚していた。このとき、大韓帝国も清国も日本の味方ではなかった。日本の頼みは英米の後援である。ロシアには清国の他に、仏独の後援があった。
 ところで、満州はなぜロシアの支配下になったのか。それは露清密約の結果である。1896年(日清戦争終結の翌年)、ロシアの新皇帝ニコライ二世の戴冠式に出席した李鴻章は、大歓迎を受けるとともにウィッテから迫られ、攻守同盟を密約した。
主な内容は次の通りである
一、日本に対して、露清の相互援助
二、満洲でのロシアの鉄道敷設権の承認
三、鉄道の軍事利用権の承認
四、露清銀行の設立
五、東清(支)鉄道株式会社の設立
六、同社の土地と収入は無税、社有地内の絶対的な行政権


 これは三国干渉の代価であるが、ドイツは山東半島の租借と膠州湾の九十九年の租借権、フランスは広州湾(広東)の租借地権(九十九年)を獲得した。対抗してイギリスは威海衛を租借地とした。
 これは清国の以夷制夷の術策が完全に裏目に出た結果であったが、日本は露清密約の存在について、1922年のワシントン会議で中華民国が暴露するまでは知らないでいた。
 これが満洲事変の要因のひとつとなるのだが、清国の半植民地化は自ら招いた結果と言うしかない。
 別の観点から言えば、朝鮮半島の独立をめぐる日本との対立に端を発して、日清戦争に敗北するや三国干渉を導入して、ついには清国は独立国の実質を失うはめに陥ってしまうのである。そして、朝鮮はロシアの支配下におかれることになり、日露戦争を呼び込むことになるのだが、これらの経過を見るに東アジアの風雲は朝鮮半島の動向に左右されることを百年後の今日も教えている。
 言葉を継ぐが、朝鮮半島の動向は日本には死活的である。大陸の勢力が朝鮮半島を制圧したら、この勢力は日本には直接の脅威となることは、元寇の例を引くまでもなく日本人には防衛本能的な常識であった(ある)。だから、十年前には国の運命を賭して日清戦争を戦ったのである。しかし、日本のこの常識はこの時期から痴れ始めていた。
 清国がもし朝鮮の独立を認め、朝鮮の開化と近代化を認めていたなら、日清戦争はなかった。歴史に「たら」「イフ」はないが「大陸・半島・島国」のこの原理は、今日でも生きている。朝鮮半島をソ連が支配しようとしたとたんに、朝鮮戦争が起こった。マッカーサーをはじめアメリカ人は、日本が日清戦争以来、大陸で何を相手に頑張っていたのかを初めて理解したのである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月02日

知ってはならない歴史7

日清戦争と三国干渉

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」という本をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 1894(明治二十七)年、いわゆる「東学党の乱」が起った。「東学」党は「人乃(すなわち)天」の平等主義を掲げ李朝の打倒を民衆に呼びかけた。鎮圧に派遣された政府軍は敗北し、全羅道は東学党の制圧するところとなった。狼狽した李朝は清に救援を求めた。清国の北洋軍が派遣され、日本も出兵した。日清戦争の勃発である。
 開戦前、清国は日本を完全に侮っていた。だが、結果は清国軍の連戦連敗、完敗であった。清国は意外な敗戦に呆然自失した。ある清国の軍人は敗因を、整然とした散兵線(戦)のできる日本軍と、それができない清国軍との差に求めたりしている。
 日本軍は国民軍だが、清国軍は王朝軍でしかなかった。拉夫という言葉は日本人は知らないが、清国兵の多数はこの拉夫から成っていた。兵士にするために若い男を「拉致」して、兵隊に仕立て上げるのである。支那の諺に「良い鉄は釘にならない」というのがあるが、兵に良民なしとも言った。


 散兵したら兵隊は文字通り散っていなくなるのである。だから、兵隊は常に団塊の状態で督戦隊の監視下で戦わされたのである。逃げる者は射殺である。砲撃には特に被害が大きい。だから散兵線なのにである。
 日本軍の「とっかーん」の掛け声は、清国軍には恐怖の声だったと諸書は伝えている。「とっかーん」は突貫だが、一方で日本兵は大陸の戦争文化に大きな衝撃を受けている。例になく頑強に抵抗する清国軍の陣地を攻略した日本の兵士は、足を鎖で縛られた清国兵士の戦死体を見て、思わず泣いたという。
 また捕らわれた日本兵が虐殺されているのを見て、捕虜の運命を知ったという。
日本人には食人(カニバリズム)の習慣はないが、喰われた仲間の骸に激昂し捕虜にだけはなるまいと心に誓ったのである。精強な日本軍というのは、脅迫観念の産物という一面がある。
 日清戦争は日本人に大陸の生死の苛烈さを教えた。人を信じることは、死に直ちに結び付くことを学び、日本人は緊張した。日清戦争は日本人の大陸経験の始まりであった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚から真実を