2008年06月03日

F機関IILと初の密会

IILプリタムシン氏との密会

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真はイッポーF機関本部の庭で語り合う筆者とアグナム大尉、中央は大田黒通訳
Forg05.jpg

引用開始
 10月10日ごろ、私が理想と運命を盟約すべきIIL書記長プリタムシン氏との初の密会が実現した。武官の宿舎で正午から会うことになった。約束の時間に彼はサムローに身を託して武官の宿舎に着いた。私は彼と面会する武官の居屋で武官と共に恋人でも待つような興奮を抑えながら氏の入室を待っていた。ボーイに案内されて氏は静かに階段を上がってきた。私と武官は室の入口まで彼を出迎えた。たくましい体躯と相貌の志士を想像していた私は、痩躯長身、稍々神経質で病弱そうに見える、物静かで柔和なシーク族の青年を目の前にして、一瞬失望に似たものを覚えた。氏は日本人が神仏に祈りを捧げるときと同様、両掌を胸の前に合わせて、敬虔な祈りの挨拶をした。握手を予想していた私は又面くらった。室内に導いてから武官はプ氏に私をねんごろに紹介してくれた。彼はにこやかにさも久しい知己を見るようなまなざしを私に注ぎながら、「私がプリタムシンです。貴方のことは田村大佐から承って鶴首して今日の日を待っておりました。よろしくお願い致します」といいながら、私の手をしびれる程固く握りしめた。私は誠実と情熱と信頼とをこめた彼の挨拶に感動し、固い握手を返しつつ答えた。「私は貴方の崇高なる理想の実現に協力するため、私のすべてを捧げて協力する用意をもって参りました。それは至誠と情熱と情義と印度の自由が必ず実現されねばならないという信念であります。おたがいに誠心と信頼と情義をもって協力致しましょう」といった意味を述べた。田村大佐の通訳で私の言葉を聞き取った彼は、私のこの挨拶に非常に満足してくれたように見受けられた。

 次で相対坐した。私は真先に昨年の末に広東から送り届けた三人の同志の消息を尋ねた。彼はとみに感激の色を見せつつ「ああ、あの三人を送ってくださったのは貴方でしたか。同志は非常に日本参謀本部の友情を感激していました。厚くお礼申し上げます。彼らはそれぞれ計画どおりにマレイと印度とベルリンに潜行致しました。安心して下さい」と武官を顧みつつ感謝の意を表した。そして彼は「私と貴方が協力する立場になったのは、既にこのときから約束されていたのですね。われわれは既に古い同志なのでした」とうれしそうに語った。それから彼は初対面から打解けて、いろいろ彼らの政治運動に関する話を明らかにしてくれた。彼が1939年祖国における独立運動に伴う身辺の危険から脱して、シンガポールを経て、バンコックのアマールシン氏の許に身を寄せて、素志を継続しつつあることを語った。
続きを読む
posted by 小楠 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年06月02日

バンコック潜行

身分を秘してバンコック入り

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真はF機関メンバー
Forg04.jpg

引用開始
 その日から身分を秘してバンコックに入る研究と手続きが始まった。私と山口中尉は参謀本部からの交渉で、バンコック日本大使館の嘱託ということになった。米村少尉はタイランドホテル(日本人経営)のボーイということに。土持大尉は大南公司の社員に、中宮中尉は日高洋行の社員に、滝村軍曹は武官室書記に手配された。石川君はのちほど追及することになり、私と山口中尉がまず29日の飛行機で先発することになった。
 9月20日、私は門松中佐の紹介で増渕佐平という一紳士に引き合わされた。もう60歳にも近く、見るからに温厚でいかにも円熟した紳士で、私には慈父を見る思いがした。・・・・
 私は当時33歳であった。その他の将校はいずれも25歳に満たない若い人達であった。・・・・
 大使館差廻しの自動車で、私はタイランドホテルに落ち着いた。日本人経営のホテルで、止宿人も日本人ばかりであった。言葉のできない私はほっとした。しかし反面、顔見知りの日本人にでも出くわしたら、身分がばれてしまうことを恐れて気が気でなかった。食道にも娯楽室にも出ずに、自室に引きこもることにした。翌早朝、自動車を呼んで私は武官の宿舎に急いだ。・・・・

 食後武官の居室に案内された。大佐は私の差出した参謀長の訓令を熟読したのち、おもむろに口を開いた。
君は私のもとでIILとの連絡、田代氏の担任している華僑工作と神本氏の担任しているハリマオ工作の指導を補佐してもらう。しかし諜報に関することは補佐官(飯野中佐――陸大同期生)が直接担任する.差当りはバンコックの雰囲気になれるように当地の情勢を観察することだ。近日IILのプリタムシン氏に引き合わせよう。また南泰にいる田代、神本両氏を招致して合わせるように手配しよう。
 想察に難くないことと思うがバンコックは英・米・支・独の諜報戦の焦点でもあるし、日本側からも色々の軍官民が入り込んで、政治工作に、情報に、資源獲得に必死の活動を展開している。
 泰国政府は列国の策動対してきわめて神経過敏になっている。その政府要人の中にも親英派があって、その動向は微妙そのものである。日本側の策動に対しても、厳しい偵諜の眼を光らせている。もし君の仕事がばれたら、この仕事自体が駄目になるばかりではない。日本の作戦準備が暴露するし、泰国の親日動向を逆転させてしまうなど、由々しい結果を招く恐れがある。防諜に特に注意しなければならない。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年05月30日

IILとハリマオ

武官室の密談

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真はビルマ軍司令部前で馬上の筆者
Forg03.jpg

引用開始
 バンコック日本武官室の二階の一室で田村大佐と門松中佐が対座して密談が続いていた。・・・・初めて体験するこのバンコックの熱気も忘れ、田村大佐の報告に全神経を集中し、その要旨をメモしながら時々反問する中佐の面には明らかに希望が輝き、武官に対する感謝の念が動いていた。一体中佐は田村武官からいかなる方策を拾いつつあるのであろうか。中佐は三つの新しい工作の端緒を発見し得たのである。・・・・
 その一つは、先に紹介したIILであった。その二つは「マレイのハリマオ」と称するものであった。それはマレイの東岸トレンガンに居住していた谷豊なるものの異名である。ハリマオというのはマレイ語「虎」という意味であった。彼の一家は明治の末からトレンガンに居住し、理髪業で糊口をしのいでいたが、日支事変の当初、この地に華僑の排日運動が激しかったころ、その襲撃を受けて妹静子(六歳)が拉致されて無惨に殺された。彼はそのころから素行が急変し、マレイ人の無頼の徒に加わって匪賊行動にはしるようになった。彼は大胆、変幻自在の巧妙な行動と、マレイ人の子分に対する義侠的態度によって彼らの頭目となり、三千人に上る部下をもっている。目下英官憲に追われて南泰に潜伏しているが、ここでも地方泰人の信望を集めている。・・・

 マレイに対する諜報に価値があるだけでなく、有事の日にはマレイ人に対する宣伝、英軍に対する謀略に大きな役割を果し得るだろうというのであった。その三つは先に門松中佐が東京から南泰に派遣していた田代重遠氏(佐賀県出身、実名は岩田氏、中学卒業と共に図南の志に燃えて、南方に進出し、シンガポールに長年居住し華僑事情に明るく、また知己が多いという話であった)を通じ、シンガポールの華僑特に埠頭苦力を反英運動に決起し得る見込みがあるということであった。スマトラ・ジャワに対する有効な手がかりは全くなかった。中佐は田村大佐に、この工作のため速急に適当な将校と必要な経費を手配する約束をして東京に帰ってきた。・・・・
 九月十日(1941年)の午後、門松中佐は私を自分の席に呼び寄せていつになく改まった重い口調で、思いもよらない事を宣告した。いわく「貴官には近日バンコックに行ってもらわねばならぬ。その仕事は田村大佐を補佐してマレイ方面に対する工作の準備に当ってもらうことになる。もしこの情勢が悪化して日英戦争が始まるようなことになれば、貴官は近く編成される南方総軍参謀に補佐せられたうえ、もっぱらマレイ方面の工作を担任することとなる予定である。数名の将校をつける予定だ」と。そして彼がバンコックで田村大佐から得た情報の内容をかいつまんで説明してくれた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年05月29日

印度秘密結社IIL

インド人三志士の密航と秘密結社IILの登場

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真は著者近影(左)とF機関当時の著者(右)
Forg02.jpg

引用開始
 1940年12月、筑波おろしの烈しいある日の朝、東京三宅坂にある日本大本営陸軍部第八課の門松中佐の机上に異様な一通の親展電報が配布されていた。発信者は広東にある日本軍(第二十一軍・・・波集団)参謀長であった。あて名は参謀次長であった。その内容は香港から脱出してきた三名の印度人が、広東の日本軍司令部にたどり着いて、次のような申出をしたというのである。それは「自分達は反英策動のかどで香港の刑務所に抑留されていたが脱走してきた者である。その目的は三名がそれぞれ印度本国、ベルリンおよびマレイに潜行し、同志と連絡して反英独立運動を遂行したい。それがために、日本軍保護のもとに、なし得ればバンコックに、やむを得なければ仏印に送ってもらいたい。自分達はその後は陸路歩行をもって目的地に行く」というのである。

 なお、この電報の末尾には印度人の氏名が記載されてはいなかったが、「シーク族」で、熱烈な反英独立運動の志士であること確実なる旨が付記されてあった。・・・・
 返電の内容は「広東の日本軍において素性を更に確かめたうえ、できるだけの好意をもってその希望をいれてやるよう」に指令されてあった。この電報と入れかわりに、更に広東の日本軍から「件の印度人三名を、神戸に向かう汽船に便乗し出発させたから、参謀本部の方でしかるべく処置されたき」旨の電報が入った。
 そこで門松中佐はこの三名を安全に、バンコックに密航させる処置を、藤原少佐(当時大尉)―私に命じた。小岩井大尉がその補佐を命ぜられた。私はこの三名の印度人につき、日本大本営は何ら特別の要求、もしくは期待をしないということを確かめた上、バンコック行きの船便を探索した。また、バンコックの田村武官に、バンコック港到着時、無事に密かに上陸できるように手配方を打電依頼した。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年05月28日

藤原岩市著・F機関

先ずは序文から

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
Forg01.jpg

引用開始
 私は、陸軍少佐に昇進した直後の、昭和十六年九月、若冠三十三歳の凡根の身に、参謀総長松山元大将の特命を拝し、大東亜戦争勃発に備えるため、東南亜のマレイ・北スマトラ民族工作の任を帯び、バンコックに派遣された。この工作をマレイ工作と呼称された。与えられた部下は若い尉官五名・下士官一名。軍属五名の貧弱な陣容であった。もっとも私が、現地で志願を申し出た邦人を然るべく加えて、漸く三十名に増勢した。
 私共は、開戦直前、南方軍司令部に所属換えされた上、マレイ、シンガポール作戦を担当する第二十五軍に派遣され、山下泰文軍司令官の区拠下に、同域各種民族工作に当ることとなった。同軍の作戦に寄与するためであった。しかし緒戦からの僥倖的成果を買われて、ビルマと北スマトラにも工作を拡大する任を追加され、工作担任域は東南亜の大部に拡がった。私は更に印度本土への伸長を画策した。

 私はインド独立連盟書記長の助言を得て、私の機関をF機関と命名した。フリーダム、フレンドシップと、藤原の頭文字を採ったものである。これは私が信念する日本思想戦の真骨頂は、建国の皇謨八紘為宇の大理想に基き、白人のアジア隷属支配を断わって「アジア人のアジア」「大東亜の共栄圏」を建設して「アジア人の心を一つに結ぶ」心願を表明するものであった。私は機関の信条を、陛下の大御心――四海同胞一如の御軫念を奉じ、敵味方を超越する至誠、信念、情義、情熱のヒューマニズムに徹し、道義の戦いを捨身窮行することを部下と誓い合った。
 私は日本軍の作戦を利する近視眼的謀略工作を戒めた。皇道に謀略なし、誠心あるのみを部下に強調した。インドを初め、東南亜諸民族の民族的悲願に発する彼等の自主自発的決起を促し、苟も日本側の恣意を強制することを厳に戒めた。かくてこそ、わが作戦に、占領地施策に真に寄与する成果を期待し得、大東亜戦争の大義名分に添い得ると確信したからである。
 私のこの使命遂行には、数々の困難と苦渋を伴ったが、反面幾多の神の恩寵と僥倖に恵まれて予期せぬ成功を収め、Fの名は東南亜戦域を風靡するまでになった。この成功には作戦軍の精強と厳正な軍紀に裏打ちされたところが大きかった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年05月26日

知ってはならない歴史20

国民か人民か

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

最終引用開始
 次の言葉は誰の発言でしょうか。1917年のロシア革命を評した発言です。
「・・・ここに数週間ロシアで起っている素晴らしい、心わきたたせるような事態は、将来の世界平和に対するわれわれの希望を、さらに確かなものにしたと、すべてのアメリカ人は感じないであろうか。(中略)専制政治が長期にわたってロシア政治機構に君臨し、その実態は恐怖政治であった。しかし・・・・・いまや、この専制政治は排除され、それに代わって寛大なロシア国民が・・・・・世界の自由、正義、平和のための戦列に加わったのである。われわれはここに誉れ高き同盟にふさわしい盟友を得たのである」(『レーニン、スターリンと西方世界』ジョージ・F・ケナン)
 発言の主は当時のアメリカ大統領ウィルソンです。
 共産主義者をデモクラシーの仲間と考えていたアメリカ人は、ウィルソン大統領ひとりに限りません。多くのアメリカ人は、君主政治を専制政治と考えていました。日本の皇室も専制政治の担い手と考えられていた一面があります。


 これはアメリカ建国の歴史に照らしてみれば、理解もできます。フランス革命は国王夫妻をギロチンで斬首し、数百万人の血を「供犠」しましたが、革命党派ジャコバンは独立アメリカと熱く連帯しようとしたのでした。
 私は皇室と書きました。普通は「天皇制」と書く人が多いのですが、私はこの言葉は使わないようにしています。「天皇制度」という語はコミンテルン用語であり、打倒天皇制度の悪意に発する言葉ですから、私は使う気持になりません。1927(昭和二)年のコミンテルン第六回大会製造の「二十七年テーゼ」に起源を持ったものです。制度という語がどうしても必要なときは、皇室制度で充分ではないでしょうか。
 ロシア革命の後、反対派や自営農民の虐殺・「抹殺」などが、アメリカ人の耳目に達しなかったのは、歴史の悲劇というしかないものです。
 しかし、四選目のルーズベルト大統領が第二次世界大戦中に至っても、ウィルソン大統領なみのソ連・共産主義観しか持っていなかったという事実を、私たちはどのように理解すべきなのでしょうか。彼は政治的にはスターリンの親友だったのです。ただし、ルーズベルトとコミンテルンの関わりについて、史書は沈黙しています。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月23日

知ってはならない歴史19

崇高な理想に秘められた悪意

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 私はイデオロギーという語を「虚偽意識」として注記していますが、それには意味があります。マルクス主義には必ず虚偽・悪意が仕組まれていますなぜか。立派な国民性・民族性はユダヤ解放の敵だからです。歴史・伝統・文化に培われた国民性・民族性(ナショナルなもの)はナショナルホームを喪失したユダヤの民には抑圧でしかなかったのです。搾取に苦しむプロレタリアートには祖国はないとされます。
万国のプロレタリアートは団結しなければなりません。女性の解放も、ユダヤ人の解放も、階級社会の全体的解放と共に成し遂げられるとされます。民族ではなくインターナショナルこそが、そして国民ではなく個人・人権の確立こそが、教育の目的でなければなりません。個人を家族制度の奴隷としてはなりません。
 秘められた悪意は、こうして崇高な理想の旋律で歌われるのです。

 マルクス主義というのは社会科学でもなければ、経済学でもなく、せいぜい社会学のイデオロギー(虚偽意識)にすぎないのです。ある仮説(ハイポネシス)に基いて社会改革を志向する社会学の一分野がありますが、それに近いのがマルクス主義です。仮説を通り越して虚偽意識というのは、「マルクス主義」なるものはユダヤ人の解放を願望する思想体系が「人間解放」の仮面をかぶっているにすぎないからです。
 マルクス主義に漂う、どこか黙示録的な雰囲気は偶然ではないのです。共産主義社会とは千年王国であり、プロレタリアートとはモーゼに率いられたユダヤの民でしょうか。ブルジョアジーとは異邦人のことです。・・・・
 フランクリン・デラノ・ルーズベルト(FDR)はモーゼの再来とユダヤ人世界では囁かれたものです。彼の先祖は十七世紀にオランダから移住したユダヤ人社会の名門です。ルーズベルトたちが、ユダヤ人のホロコースト(抹殺)を進めるナチス・ドイツを許す筈がないのです。三国同盟の愚を、日本人はまるで知らなかったのです。
 マッカーサーは「真っ赤さ!」と言われた時代がありました。GHQのピンカーズ(赤いやつ)が持ち込んだマルクス主義の虚偽意識(イデオロギー)を条文化したものが「日本国憲法」です。これらは、民法・教育基本法・男女共同参画法・家族・相続・扶養・・・税制に至るまで、敗戦日本の骨格・血肉となっています。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年05月22日

知ってはならない歴史18

フランクフルト学派

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」の続編をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 歴史の運命の一変は1917年のロシア革命以降です。ロシア革命と言うのは、プロレタリアート主導の社会主義革命だったとの誤解が世を覆っています。当時はロシア・ユダヤクーデターと呼ばれた事件でした。マルクスがユダヤ人なのは周知ですが、レーニン、トロツキー、ジュノビエフ、カメーネフ・・・など指導者の殆どはユダヤ人なのです。先のルーズベルト大統領もユダヤ人です。
 第一次大戦の敗戦国ドイツは「社会主義革命」の危機に陥りました。有名な指導者、ローザ・ルクセンブルグやカール・リープクネヒトたちもユダヤ人です。敗戦国ドイツはワイマール共和国となりますが、主要な指導者をユダヤ人とするユダヤ・ドイツと目されていたのです。
 これらへの激烈な反動がナチズムですが、ナチを逃れて多数のマルクス主義者がアメリカに亡命しました。コロンビア大学やハーバード大学を拠点にしたフランクフルト学派はつとに有名です。ルーズベルト政権を支えたニューディーラーと呼ばれる一群の人々はマルクス主義者なのです。・・・・この中には当然に、ソ連やコミンテルンの要員が含まれていたことが『ビェノナ文書』等により明らかになっています。このことは現在の問題に直結していることなのです。マルクス主義を古臭いと感じる向きは、ちょっと認識を改めていただきたいものです。1917年のロシア革命の成功は当時の言葉でいえば、ユダヤクーデターの成功なのです。マルクス主義の勝利と錯覚されたにすぎません。・・・・

 さて、マッカーサーです。彼は総司令部(GHQ)の最高司令官ですが、部下の多数のニューディーラーたちの跋扈と、その正体を知り衝撃を受けたようです。農地改革も財閥解体、そして日本国憲法などはニューディーラーたちの「遺産」なのです。
 安倍政権が教育改革や憲法改正に意欲を見せましたが、根は深いのです。戦前の日本も深い部分には、マルクス主義者の潜伏を抱えていました。ゾルゲ・尾崎の事件が有名ですが、この事件は露頭部の一部に過ぎません。ニューディーラーたちの改革によって、戦後の日本の言語空間はマルクス主義者たちの支配するところとなったのです。日本の大学やマスコミ世界の現状は、敗戦日本の戦後利得者の利権構造にほかならないのです。
 日本で有名なフランクフルト学派の人物の名をあげておきましょう。都留重人氏です。アメリカ共産党のポール・スウィージーとの親交も知られています。都留氏の同志がノイマン(日本国憲法制定工作で名の出る人物)です。ちなみに都留重人氏の岳父は和田小六であり、和田氏は東工大の学長にもなりますが、彼は木戸幸一内府の実弟です。昭和天皇のすぐ側までコミンテルンの影が見え隠れしています。日本の大学の人事に通じている人なら、巨大な左翼支配の利権構造が直ちに理解できることと思います。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚から真実を