2008年07月09日

チャンドラ・ボース登場

インド独立の巨星チャンドラ・ボース

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回からは、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真はシンガポールに到着したチャンドラ・ボース氏、先導は国塚少尉
Forg13.jpg

引用開始
 昭和十八年七月二日、ベルリンにあった印度独立運動の巨星スバス・チャンドラ・ボース氏が、忽然、シンガポールに、脚光を浴びて登場していた。颯爽、六尺の偉躯に、烈々たる闘志を漲らせてボース氏は潜水艦で、文字通り潜行三千里、南亜、マダガスカル沖を経て、五月六日、スマトラ北端のサバン島に上陸し、先ず東京に密行していたのである。それは、東条総理を初め、重光外相、陸海軍首脳等に面談して印度独立運動支援に対する日本の真意を確かめるためであった。
 去る十七年三月、山王会談の節、上京した南方代表モ将軍等との会談や、バンコック会議の決議に冷淡な態度を示した東条総理は、一見ボース氏に傾倒することとなった。重光外相のただならぬ推奨もあったが、その非凡の人物に魅せられた。あらゆる支援を約し、専用機を提供する優遇振りであった。更に六月十六日、ボース氏を衆議院に案内し、氏を前にして、親しく印度独立支援に対する帝国の理念と熱誠を披露する大演説を行った。混迷を続けたが印度工作の理念は、ボースの出現によって、ようやく鮮明になってきた。

 偉大なる指導者を、劇的裡に、シンガポールに迎えた東亜在住二百万の印度人は、歓呼熱狂した。モハンシン事件以来、紛糾と沈滞を続けたIIL、INAの運動は、この一刹那に、起死回生、闘志と結束を復元倍加した。七月四日には、同地に開催されたIIL代表者大会において「自由印度仮政府」の樹立が決議宣言され、ボース氏は満場一致、その首席に推された。かくて大東亜における反英印度独立闘争統帥の地位は、ラース・ベハリ・ボース氏からスバス・チャンドラ・ボース氏に継承せられることとなった。チャンドラ・ボース氏は、ネタージ(総帥の意)・ボースと敬称せられた。七月五日、ネタージ・ボースは一万五千のINA将兵を、シンガポール支庁前の広場で閲兵し、次の歴史的大獅子吼を行った。彼が半生の独立闘争に求めて得られなかった革命軍を、今、掌中におさめ得たのである。その歓喜と感激は、余人の想像に絶するものであったであろう。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:27| Comment(1) | TrackBack(2) | 書棚の中の人物

2008年07月07日

蘭印アチェの蜂起

インドネシア対オランダ軍

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。
昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。

引用開始
 Fメンバーたるサイドアブバカル君など二十名の同志がスマトラに帰ってから、その宣伝はプサ団の共鳴を得て、文字通り燎原の火のごとく全アチェに拡大した。オランダの圧迫とその重要公共施設の破壊準備の進捗に伴って、アチェ民族のオランダに対する反抗気運は頂点に達した。プサ団の使節が日本軍との連絡に成功したとのピナン放送は、シンガポール陥落の東京放送と相まって、いよいよアチェ民族を勇気づけた。
 反乱は二月二十三日夜、スリモム町においてトンクアブドル、ウハブ指揮の下に、オランダ、コントロレユールの郵便局襲撃をもって開始された。そのころ既に、この町の兵営にあったインドネシア人のオランダ兵は、Fメンバーの一翼となっていた。その翌朝、反乱はオランダ軍の橋梁破壊阻止の暴動に発展した。すなわち、Fメンバーはオランダ軍がラム、ルポンよりラムバクにわたるクミル橋梁始め、二十個所の橋梁に装置したダイナマイトを除去せんとして決起したのである。この決起指令は既に二十一日発令せられ行動を開始していた。F字の腕章を付した三十名の武装決起隊がこれに参加し、見事にその取除きに成功した上、随所に隘路を遮断し、電話線を切断し、インドラプリの鉄道を破壊してその確保に当った。・・・

 このアチェの反乱気運に対抗して、コタラジャ地区のオランダ軍が増強された。
 これに対して三月四日、ルボーにおいてアチェ各地の代表者会議を開催し、全アチェ一斉に統一ある反乱を起すことを決議した。・・・
 三月六日、この決議は全域に檄された。更にオランダ政府官吏たるインドネシア人に対しては、即時辞職罷業せざればオランダ人と見做す旨警告が発せられた。これらの檄は政府にも警察署にも送付され、街頭は勿論、オランダ軍の装甲車にまで貼布された。三月七日には先ず各都市の自警団が罷業に入り、続々逃亡してFメンバーに加わった。オランダ軍が破壊を企図すべきすべての橋梁、製油所、貯油所、交通施設等一切の公共施設にFメンバーが配置され、ダイナマイトは片端から除かれた。三月七日、トク、ニヤ、アリフ氏はオランダ理事官に対して「アチェの政治をアチェ人に正式に返還すべし。しからざればアチェ人はオランダ人に宣戦すべし」との通告を発した。このころからアチェ各地の電話線は切断され、倒木による道路遮断が至る所で行われた。この不穏な形勢に対処しコタラジャ近傍のオランダ軍と官吏は兵営に集結した。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月04日

山王会議

ハリマオの死、岩畔機関

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真は山王会談から帰還したIIL、INA代表をシンガポール カラン空港に出迎える筆者。中央はモハンシン将軍、左はゴーホー氏、右はラガバン氏。(昭、17、4)
Forg12.jpg

引用開始
 三月二十日、山王ホテルにおいて四志士殉難の悲愁をつつんで、山王会議が開催された第一日の午前の会議には岩畔大佐と私に傍聴を許された。南方から上京したIIL、INA使節の四氏のほか、香港、上海、比島、日本の代表が列席してラース・ビハリー・ボース氏が推挙されて議長の席についた。しかし何故か、在日印度人の有力者であり、また独立運動の代表的人物であるサハイ氏の姿が見当らなかった。プラタップ氏も参列していないのが私には奇異に感ぜられた。

 正面の壁間には印度と日本の大国旗が飾られていた。まず議長が立ってIIL、INA使節四氏の殉難の予想を悲しんだ後、遠来の各地使節に対する歓迎の辞を述べた。次いで、東条声明において宣言された日本の印度独立支援に対する基本態度と日本軍の勝利によって急速に到来されつつある印度独立の天機について感激の意を表し、またIIL、INA使節の南方における挺身的活動を絶賛し、感謝を述べた。更にこのたびの山王会議においては、まず各地代表の懇親を結び、自由かつ率直に印度独立に関する政治問題を討議し、祖国解放のため全東亜印度人の政治的結束を計る方策を探究せんとするにある旨を披歴した。私はボース氏の熱誠のこもった挨拶にも拘わらず、各地代表特にIIL、INA使節に与えた感銘は必ずしも期待されたように深刻ではないとの印象を受けた。しかし殉難四氏の素志を継いで、その念願を達成しなければならないという悲痛な決意も各代表の面に読み取れた。使節一行は会議の席上において、あるいは個別に、連日こもごも真摯なる意見の交換、討議の反覆を行った。その結果IILを東亜全印度人の印度独立運動団体として確認された。そして五月中旬、バンコックにおいて名実共に全東亜印度人代表をこぞる公開のIIL大会を開催し、連盟の組織、運動の方策を再討議することとなった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月03日

ビハリー・ボース

東京会談とプリタムシン氏ら四人の遭難

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真は山王会談に先立って行われたIIL指導者会議のメンバー。中央の筆者より向って左へプリタムシン氏、モハンシン将軍、メノン氏、同じく右へギル中佐、ゴーホー氏。
Forg11.jpg

引用開始
 プ氏は新段階に対処するためにマレイ、シンガポールのIIL支部長会議をシンガポールに招請し、モ大尉はシンガポールにINAの全兵力を集結して、INAの強化拡充について日夜奔走しつつあるとき、東京の大本営から南方軍総司令部を経て一通の電報が私のもとに着いた。その内容は日本大本営の肝入りで、東京にあるラース・ビハリー・ボース氏(新宿中村屋の主人相馬氏の女婿)が、東亜各地の印度人代表を招請して祖国印度の解放に関する政治問題の懇談を遂げ、かたがた日本側との親善を計るため、マレイ、泰方面のIIL、ILA代表約十名を三月十九日までに東京に到着するように、招請されたものであった。なお、この電文には私が一行に同行すべきことと、岩畔大佐の上京とを要求されていた。・・・・
 三月十日、親善使節の一行と私はカランの飛行場を出発して東京への飛行の途についた。大田黒君が私に随行した。・・・・

 飛行機の都合によって、私達の一行は二組に分かれなければならなかった。岩畔大佐と私とモハンシン大尉、ギル中佐、ラバガン氏、ゴーホー氏、メノン氏の七名が一組となって東京に直行することとなった。大田黒氏、スワイミ氏、プリタムシン氏、アイヤル氏、アグナム大尉が一組となって別の飛行機で二日遅れてサイゴンを出発することとなった。三月十一日、私達一行はサイゴンを出発したが、私達の飛行機は海南島の飛行場でエンジンに故障を起したために二日間も滞在を余儀なくされた。・・・・
 私達の飛行機は台北、上海で各一泊のうえ東京羽田飛行場に着いた。・・・
 そして私達の搭乗機はスワミイ氏一行を迎えるために直ちに台北に引き返して行った。飛行場から大本営の案内で一行は山王ホテルに落着いた。上海からオスマン氏が、また香港からカン氏が使節として着京していた。三月も半ばの東京は南方の客達には極寒の思いであった。なかんづく一行の長老メノン氏は栄螺のように身体を縮ませて震えていた。東京における一行の案内や行事は私の手から離れて、大本営当事者の手に移った。誓いを共にし、生死を分ってきた友に、桜咲く祖国の風物を心行くまで、私が自ら案内することを楽しんでいた折柄、掌中の玉を奪われたような空虚な思いが私を襲った。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月02日

スマトラからの密使

アチェ民族とオランダの抗争

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。

引用開始
 三月の初め、軍司令部から次のような電話がかかってきた。
スマトラのアチェから、日本軍との連絡のために重要な密使がピナンに到着し、ピナンの軍当局から送致してきたから藤原機関に引渡す。直ちに案内者を司令部に派遣せよ」と。
 私は山口中尉からこの報告を聞いて雀躍するほどうれしかった。マレイから潜入したFメンバーが潜入に成功し、しかもアチェ民族が、日本軍に呼応して決起する用意にありと直感したからである。この密使は中宮中尉に案内されて機関に到着した。一組の密使はトクムタ氏ほか三名からなり、二月十三日、ブサ団から派遣されたものであった。いま一組の密使はトンクアブドルハミッド氏ほか三名からなり、二月二十日、ブサ団から派遣されたものであった。いずれも日本軍当局に、アチェ民族のオランダに対する抗争状況や、日本軍に対する忠誠の誓いを報告し、日本軍の急援を要請する使命をもってきた決死の密使であった。・・・・
 密使の報告によってわれわれは初めてアチェの驚くべき情勢を知ることができた。またスマトラのオランダ軍に関する最新の情報を詳細に知ることができた。密使の語るスマトラの情勢は次の通りであった。

 1940年5月、オランダが独逸に蹂躙された当時から、アチェ人の間に民族運動の意識が復活し始めていた。日、独、伊三国同盟以来、緊迫する太平洋情勢に即応して、オランダ政府は色々の戦時の法令を造ってインドネシヤ民族を防衛に結束せんとしたが、これらの措置はかえって民衆の反感を募らせつつあった。12月8日、日本軍がマレイに進撃を開始すとのニュースを聞くや、ブサ及びブサ青年団の幹部は、全アチェの各支部に遊説して「いついかなる土地に日本軍の進駐をみる場合においても、直ちにこれを歓迎し、かつ日本軍の要求するいかなる援助をも与うべし」との宣伝を開始していた。ハンリマサキ氏とトクニア・アリフ氏が指導に当った。
 12月中頃にはトクニア・アリフ邸でブサ団の会長トク、モハマッド、ダウッド、ブルウェー氏始め、首脳五名が密会して堅い誓約を交わした。その誓約は、「回教および民族、祖国に忠誠をを誓い、大日本政府に忠誠を尽くし、共にオランダに抗争し、ブサの名において暴動を起こす」との内容であった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年06月30日

モハンシン将軍

印度独立運動史初の革命軍誕生

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。

引用開始
 モハンシンINA司令官は、作戦中の投降兵を加えて五万五千の印度人将兵を掌握することとなった。そしていよいよ、INAの組織に着手した。長い苦難の印度独立運動史に、初めて、独立抗争必須の利器―革命軍をもつことになったのである。投降将校の中には、ギル中佐、ボンスレー少佐(何れも英本国の士官学校、陸軍大学校修学者)等二十名近い先任将校がいた。モ大尉の統率には容易ならぬ困難が伏在することとなった。モ大尉は、INA将校の推薦と諒解を得て、少将に昇進し、革命軍INA司令官としての貫録を整えた。私も「将軍」として、心から敬意を表した。彼は戦後も印度でモハンシン将軍と愛称されている。英軍から反逆者として位階を剥奪されたにかかわらず。

 18日正午、シンガポール印度人有力者三十名以上の共同主催のもとに、F機関、IIL、INAの幹部と昨日投降した印度人将校の有力者の招宴が、印度人商工会議所において催された。定刻会議所におもむくと沢山の紳士淑女が私達の到着を待っていてくれた。ゴーホー、メノン両氏も見えた。受付の紳士から生花の花輪を首にかけられた。美しい淑女が胸に清らかな花を飾ってくれた。一昨日まで六十日にわたってすさまじい戦場を馳駆し、夜を日に次ぐあわただしい仕事に忙殺されて、戦塵を洗う暇もなかったぶしつけな私達には、一寸とまどうような雰囲気であった。私は主催者側に促されて、先ず一場の挨拶を述べた。
このように和やかな、更に有意義な宴を、占領地の紳士淑女が挙って、占領早々の軍人のために催していただくような例は古今にも、東西にも、そう例は少ないと思います。このことは日印両民族の友情の宿縁を証明するものであり、またプ氏やモ大尉の祖国と民族を愛する犠牲的奉仕の結果を示すものだと思います。日印両者がいままで握手を妨げられていたことは神の思召しに背くことであったと思います。私は六十日間にわたって激戦と電撃的進撃の果てに、いまここに着いたばかりの武人でありますので、戦塵にまみれ、服装も応対もまことにぶしつけでございます。しかも久しくこのような珍味にお目にかかる機会に恵まれませんでした。今日は紳士淑女の御好意と御理解に甘えて、六十日間のカロリー補充の意味で、野戦並の行儀で、うんと沢山御馳走を頂きます。お許しを願います。どうか他の日本人もこのようにぶしつけだとは誤解しないで下さい」と軽いスピーチを終えた。・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年06月27日

英印度兵が日本軍下に

印度独立運動史に残るフェラパーク・スピーチ

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真は印将兵に祖国解放を訴えるモハンシン将軍、一人おいて藤原氏
Forg10.jpg

引用開始
 午前10時から私はプ氏やモ大尉と共にファラパークにおもむいた。パークの四周から雲霞のごとく印度兵の部隊がい集した。正午ごろには、旧競馬場のこの広いパークが、印度兵で埋まるように見えた。競馬場のスタンド二階の英ハント中佐参謀が、各部隊の指揮官(印度人将校)から到着部隊名と人員の報告を受けていた。・・・
 ハント中佐の側で、立派な風貌と偉躯のシークの中佐が懇切に各部隊に指示を与えているのが私の注意を引いた。・・・・そのうち、モ大尉はその中佐を私のもとに伴って来て、私に紹介してくれた。この中佐こそ、ギル中佐であった。・・・私はモ大尉のこの愛国的活動に対してギル中佐の熱烈な支援を希望した。・・・・

 直ちに接収の儀式に移った。マイクを通じて、全印度兵はスタンドに面してき坐を命ぜられた。将校は最前列に集合した。ハント中佐はマイクの前に立った。パークを埋める印度兵が整列を終わって、スタンドのハント中佐に全神経を集中した。中佐はきわめて簡単に、かつ事務的に「印度兵捕虜をこのときをもって日本軍に引渡すことになったから、爾後は日本軍当局の指導に基づいて行動すべし」という意味の数語を語ったのち、私に面して人員名簿を手渡した。その数は五万を上回った。これをもって全印度将兵は日本軍の手に接収された。・・・・
 かねてのプランに基づいて、私はまず壇上に立ってマイクに身を寄せた。十万の視線が私の両眼に注がれた。水を打ったような静粛に帰った。私の左に英語通訳に当る国塚少尉が、更にその左隣りにヒンズー語通訳に当るギル中佐が立った。日本軍を代表してこの高壇に立ち、五万になんなんとする印度人将兵に私の使命の理想を宣言する歴史的行事に当ろうとするのである。全身の血がたぎるような感激を覚えた。・・・・
 私は改めてマイクの位置を確かめた後、全印度人将兵を見渡しつつ「親愛なる印度兵諸君!」と呼びかけた。数万の視聴は私の口もとに注がれた。語を継いで「私は日本軍を代表して英軍当局から印度兵諸君を接収し、諸君と日本軍、印度国民と日本国民との友愛を取結ぶために参ったF機関長藤原少佐であります」と自己紹介の前言を述べた。・・・
 私が東亜の共栄体制を打ちたてんとする日本の理想を説き、印度独立支援に対する日本の熱意を宣明するや、五万の聴衆は熱狂してきた。シンガポールの牙城の崩壊は、英帝国とオランダの支配下にある東亜諸民族の桎梏の鉄鎖を寸断し、その解放を実現する歴史的契機となるであろう、と私の所信を述べるや、満場の聴衆は熱狂状態に入った。拍手と歓声とでパークはどよめいた・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年06月26日

英軍印度兵の接収

F機関、シンガポールへ進出

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真はファラパークに接収された45000人の英軍印度兵士
Forg08.jpg

引用開始
 2月16日朝、軍参謀長の認可を受けて、われわれの本部はシンガポールに推進された。・・・・山下軍司令官特別の意向によって、一般部隊はすべて市街に入ることを禁じられていた。憲兵と一部の補助憲兵部隊だけが治安維持のため市街に入ることを許されていた。市街の入口には関門が設けられて、部隊は勿論単独兵の通過さえ厳重に取締られていた。・・・・
 この日の午後、司令部やINA本部、スマトラ青年団が続々到着した。
 夕刻、フォートカニングの英軍司令部でシンガポール接収に関する日英両軍の委員会が開催された。この委員会において、F機関が接収すべく命ぜられた印度兵捕虜は、明17日午後フェラパークの公園において接収することが打合せられた。
 英軍委員の報告によると、印度兵の数は五万に達すべしとのことであった。白人捕虜もほぼ同数と概算された。シンガポール島の英軍総兵を三万、そのうち印度兵の数は一万ないし一万五千と判断していたわれわれ日本軍委員は、英軍委員のこの報告に接して顔を見合せて驚いた。英軍の兵力は実に日本軍の兵力に数倍していたのである。もし英軍が日本軍の兵力と弾薬欠乏の状況を知悉して、更に数日頑強な反撃を試みたならば、恐るべき不幸な事態が日本軍を見舞ったであろうと直感して慄然とした。

次いで私の胸裏をかすめた懸念は、現在わずかに四名の将校と、十名余りのシビリアンしか擁していない貧弱なF機関のメンバーで、何らの準備もなく、五万の印度兵を接収し、その宿営、給養、衛生をどんな風にして完うするかということであった。しかも、F機関本来の任務を完遂しなければならない。本部に引上げる自動車の中で明日に迫ったこの難問題に頭を悩ました。・・・・・
 そののち、私はモ大尉、プ氏と会合して明日の接収儀式に関して打合せを行った。17日午後一時、英軍代表者から正式に印度兵捕虜を接収したのち、先ず日本軍を代表して私が、次いでINA司令官モ大尉、IIL代表プ氏の順序で演説を行うこととなった。更に印度人将校一同との懇談を実施したのち、計画に基づいて兵営に分宿することとした。続きを読む
posted by 小楠 at 07:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物