2008年07月18日

隷属民族は闘う権利あり

INA軍事裁判の逆効果

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真は第一回インパール戦没戦友遺骨収集に参加してモイラン村民から熱烈な歓迎を受ける筆者(中央)後方の建物はもとINA情報本部が置かれていた。(昭和27)
Forg17.jpg

引用開始
 第一回INA軍事裁判の進展にともなって、印度民衆の反英独立抗争は、業火のように全印度に燃えさかり、激しさを加えた。印度は猛り狂う巨象の形相に変わった。英帝国が印度支配の再強化を狙って始めた軍事裁判であったが、その裁判が逆に、英帝国二百年にわたる印度支配の罪業を裁き、その支配に終止符の引導をわたす形勢に発展した。
 反英抗争は、大衆の全国的抗議暴動、議会における糾弾、新聞、集会を動員しての宣伝を背景として、水も漏らさぬ周到巧妙なはげしい法廷闘争によって押し進められた。
 信仰と種族、階層と言語、政党政派、軍民一切の相違を超え、四億の印度民族が、その全知全能全精力をふりしぼって、火の玉となって決起進撃するこの図は、史上稀有の光景であった。正に民族の運命をこの一戦に賭けんとする民族の綜合大戦争というべきものである。

 大衆の抗議運動は、裁判開始の十一月五日、デリー、カルカッタ、ラホール、マドラス等の主要都市に烽火を挙げた。この日、ネタージ・ボースの生誕地カルカッタでは、十万の大衆が手に手に「INA愛国の英雄を救え」「INAの裁判を即時中止し釈放せよ」「英人は印度から即時去れ」「印度の統治権を印度人に返せ」と檄したプラカードを掲げ、大デモ行進を展開した。随所に、警官隊と衝突、流血の惨事を繰り広げた。マドラスでも多数の死傷者を出す騒ぎとなった。
 英国は、未だこの騒然たる情勢の本質と帰趨を見抜くことが出来なかったのか。翌六日に「目下監禁中のINA将士の中から首謀者四百名を、向こう六カ月間に裁判に付す予定である」と、強気の発表を行った。この発表が、ますます印度民衆の怒りをあおった。大衆の抗議デモはいよいよ激化してゼネスト、暴動に発展して行った。・・・・
 デリーのデモは、特別警戒地帯に指定され、警戒最も厳重な、このレッドフォートに殺到した。天空を画する城壁の外側に、喊声が、押し寄せる高潮のように、どよめき迫ってきた。何万の民衆の怒りをこめて。城内に拘禁されているINA将士も、私達も、固唾を呑んで、その成り行きに全神経を尖らせる。喊声が一段と高まり、近づいたと思う途端、ダダッ、ダダッ、と連発の銃声が城壁にこだました。血を見て群衆の怒りが爆発したのか、喊声はウォーと怒号のはげしさに変わった。息詰まる緊張が城内を圧する。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月15日

英国の印度政策の誤謬

印度独立の契機を与えた日本

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真は日本軍に協力してインパール作戦にあたったINAのシャヌワース連隊長
Forg16.jpg

引用開始
 元英印軍出身INA将兵一万九千五百名の処置は、英帝国戦後処理の最も重要かつ難題の一つとなった。戦後の印度統治の成否を左右する大問題であった。1857年サボイ反乱以後の不祥事であった。殊にその処置の当否は、英帝国印度統治の番犬、英印軍内印度人将兵の対英忠誠心に決定的影響を及ぼすことが予想されるだけに、いよいよ重大であった。
 英帝国は、INA反逆将兵を軍事裁判にかけて、厳刑に処することによって、英帝国の権威を誇示し、印度民衆特に、英印軍印度人将兵に対する見せしめにして、印度支配を揺るぎないものにしよう、それができると考えた。
 この決定は、事志と反対の結果を巻き起こすこととなった。・・・

 戦後トインビーやラティモアが指摘した大東亜戦争の史的意義と歴史の必然を予見し得なかったのであろうか。流石の英帝国も、戦勝の驕りと、飼犬と心得た将兵の反逆に対する憤怒のために。
 ガンヂー、ネールを初め、印度国民会議派の領袖は、英帝国の、この誤判を見逃さなかった。現英印軍印度人将兵と血縁、或いは知己の関係にあるINA将兵二万を厳刑に処せんとする軍事裁判こそ、英印軍印度人将兵を会議派側に獲得し、又これを利用して全印度民衆を反英独立運動に動員結集して、独立運動に決定的成功を収める天与の好機と読んだのである。あの抜け目のない英帝国が、正に会議派の思う壺にはまった形となったのである。
 そこで、会議派は逸早く、裁判の公開と会議派の弁護権を要求した。早くも九月十四日、ブーナにおいて、会議派執行委員会を開催、「INA将兵は印度独立のため戦った愛国者であり、即時解放さるべきである」との決議を採択し、これを宣言した。次いで会議派は、その長老の一人で、名弁護士として聞こえたフラバイ・デサイ博士を首席弁護士に挙げ、会議派指導層の中から、錚々たる一流弁護士を選りすぐって、大弁護団を編成した。そして先ず、印度民衆特に英印軍内印度人将兵に対して、会議派挙げての啓蒙宣伝と大衆動員を開始したのである。私達証人は、この弁護団が喚問したものであった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月11日

デリー軍事法廷

終戦と軍事法廷への召喚

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真はマレーのIIL支部に別れの挨拶訪問をした筆者を囲んでの記念写真(昭和17年4月)
Forg14.jpg

引用開始
 八月十五日、私は、終戦の大詔を福岡衛戊病院の病床で排承した。インパールで罹ったマラリアの発作で入院していたのである。
 将兵、看護婦の慟哭が病院を覆った。その中で、私は終日、終夜、国の行末と身の進退を案じつづけて苦悩した。又マレイ、スマトラ、ビルマに展開したF工作とINAとともに戦ったインパールの死闘の思い出が、亡き盟友、戦友の面影が走馬灯のように私の脳裏をかけめぐった。そしてF機関のメンバーや、現地の戦友や、F機関に協力してくれた何十万現住民の身の上に降りかかるであろう難儀を、あれこれと思い煩った。私は、その責を負わねばならぬと心中に誓った。英蘭当局が、不倶戴天の敵として、真先に私を重要戦犯に指定し、復讐を果たすだろうと予想した。
 私は中野婦長に乞うて、青酸カリを入手し、内ポケットに深く蔵いこんだ。逮捕の使いに接した時、機を失せず毒をあおぐべく。この覚悟と用意が整うと、私の心はいくらか安らいだ。第五七軍高級参謀として敗戦の処理に、心置きなく従えた。

 十月も半ば、私はGHQを介して予想外の召喚状に接した。英マウントバッテン元帥の西南亜連合軍司令部から。それは予期していた戦犯の召喚ではなかった。INA将兵を裁くデリーの英軍軍事法廷の証人としての召喚であった。しかも、被告盟友に対する印度側弁護士団の要請に基づくものであった。・・・・
 私は、召喚状を手に、進退を熟慮した結果、断乎これに応ずる決意を固めた。INA盟友のため、わが祖国とF機関全員のため、更に日印両民族将来のために、証言することが私の責任であると考え及んだからである。
 私は、わが印度工作は、単なる謀略ではない、陛下の大御心に添い、建国の大理想を具現すべく、身をもって実践したものであることを強調しなければならぬと思った。又IILやINAの盟友は、最も清純な祖国愛にもとづき、自主的に決起したもので、断じて日本の傀儡でなかったことを立証しなければならぬと考えた。これが盟友に対する盟義を果たす唯一の途であると思い定めた。
 かく思い定めつつも、私の心の一隅に、一抹の不安が動いた。それは、敗戦の今日、盟友の一部から変節の誣言を受けるかも知れない。非暴力不服従運動を信条とし、外国の援助を忌避することを建て前としてきた印度国民会議派の主流(ガンヂー、ネールを領袖とする正統派)やその影響下にある印度の民衆から、INAを武力闘争に駆った指弾を受けるかも知れない。更に証言終了後、英軍の戦犯として処断されるだろう.俘虜を懐柔逆用し、英帝国への反逆に駆り立てた戦時俘虜取扱いの違反者と銘打って。等々の懸念がともすると私の決意を鈍らせそうになった。なおこの工作の過程に見られた紛糾混迷の事由を追及せられ、心なくも、私が身を奉じた国軍や上司に累を及ぼさんことも計り難い、といった悩みが、一層私を迷わせた。

続きを読む
posted by 小楠 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月09日

チャンドラ・ボース登場

インド独立の巨星チャンドラ・ボース

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回からは、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真はシンガポールに到着したチャンドラ・ボース氏、先導は国塚少尉
Forg13.jpg

引用開始
 昭和十八年七月二日、ベルリンにあった印度独立運動の巨星スバス・チャンドラ・ボース氏が、忽然、シンガポールに、脚光を浴びて登場していた。颯爽、六尺の偉躯に、烈々たる闘志を漲らせてボース氏は潜水艦で、文字通り潜行三千里、南亜、マダガスカル沖を経て、五月六日、スマトラ北端のサバン島に上陸し、先ず東京に密行していたのである。それは、東条総理を初め、重光外相、陸海軍首脳等に面談して印度独立運動支援に対する日本の真意を確かめるためであった。
 去る十七年三月、山王会談の節、上京した南方代表モ将軍等との会談や、バンコック会議の決議に冷淡な態度を示した東条総理は、一見ボース氏に傾倒することとなった。重光外相のただならぬ推奨もあったが、その非凡の人物に魅せられた。あらゆる支援を約し、専用機を提供する優遇振りであった。更に六月十六日、ボース氏を衆議院に案内し、氏を前にして、親しく印度独立支援に対する帝国の理念と熱誠を披露する大演説を行った。混迷を続けたが印度工作の理念は、ボースの出現によって、ようやく鮮明になってきた。

 偉大なる指導者を、劇的裡に、シンガポールに迎えた東亜在住二百万の印度人は、歓呼熱狂した。モハンシン事件以来、紛糾と沈滞を続けたIIL、INAの運動は、この一刹那に、起死回生、闘志と結束を復元倍加した。七月四日には、同地に開催されたIIL代表者大会において「自由印度仮政府」の樹立が決議宣言され、ボース氏は満場一致、その首席に推された。かくて大東亜における反英印度独立闘争統帥の地位は、ラース・ベハリ・ボース氏からスバス・チャンドラ・ボース氏に継承せられることとなった。チャンドラ・ボース氏は、ネタージ(総帥の意)・ボースと敬称せられた。七月五日、ネタージ・ボースは一万五千のINA将兵を、シンガポール支庁前の広場で閲兵し、次の歴史的大獅子吼を行った。彼が半生の独立闘争に求めて得られなかった革命軍を、今、掌中におさめ得たのである。その歓喜と感激は、余人の想像に絶するものであったであろう。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:27| Comment(1) | TrackBack(2) | 書棚の中の人物

2008年07月07日

蘭印アチェの蜂起

インドネシア対オランダ軍

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。
昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。

引用開始
 Fメンバーたるサイドアブバカル君など二十名の同志がスマトラに帰ってから、その宣伝はプサ団の共鳴を得て、文字通り燎原の火のごとく全アチェに拡大した。オランダの圧迫とその重要公共施設の破壊準備の進捗に伴って、アチェ民族のオランダに対する反抗気運は頂点に達した。プサ団の使節が日本軍との連絡に成功したとのピナン放送は、シンガポール陥落の東京放送と相まって、いよいよアチェ民族を勇気づけた。
 反乱は二月二十三日夜、スリモム町においてトンクアブドル、ウハブ指揮の下に、オランダ、コントロレユールの郵便局襲撃をもって開始された。そのころ既に、この町の兵営にあったインドネシア人のオランダ兵は、Fメンバーの一翼となっていた。その翌朝、反乱はオランダ軍の橋梁破壊阻止の暴動に発展した。すなわち、Fメンバーはオランダ軍がラム、ルポンよりラムバクにわたるクミル橋梁始め、二十個所の橋梁に装置したダイナマイトを除去せんとして決起したのである。この決起指令は既に二十一日発令せられ行動を開始していた。F字の腕章を付した三十名の武装決起隊がこれに参加し、見事にその取除きに成功した上、随所に隘路を遮断し、電話線を切断し、インドラプリの鉄道を破壊してその確保に当った。・・・

 このアチェの反乱気運に対抗して、コタラジャ地区のオランダ軍が増強された。
 これに対して三月四日、ルボーにおいてアチェ各地の代表者会議を開催し、全アチェ一斉に統一ある反乱を起すことを決議した。・・・
 三月六日、この決議は全域に檄された。更にオランダ政府官吏たるインドネシア人に対しては、即時辞職罷業せざればオランダ人と見做す旨警告が発せられた。これらの檄は政府にも警察署にも送付され、街頭は勿論、オランダ軍の装甲車にまで貼布された。三月七日には先ず各都市の自警団が罷業に入り、続々逃亡してFメンバーに加わった。オランダ軍が破壊を企図すべきすべての橋梁、製油所、貯油所、交通施設等一切の公共施設にFメンバーが配置され、ダイナマイトは片端から除かれた。三月七日、トク、ニヤ、アリフ氏はオランダ理事官に対して「アチェの政治をアチェ人に正式に返還すべし。しからざればアチェ人はオランダ人に宣戦すべし」との通告を発した。このころからアチェ各地の電話線は切断され、倒木による道路遮断が至る所で行われた。この不穏な形勢に対処しコタラジャ近傍のオランダ軍と官吏は兵営に集結した。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月04日

山王会議

ハリマオの死、岩畔機関

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真は山王会談から帰還したIIL、INA代表をシンガポール カラン空港に出迎える筆者。中央はモハンシン将軍、左はゴーホー氏、右はラガバン氏。(昭、17、4)
Forg12.jpg

引用開始
 三月二十日、山王ホテルにおいて四志士殉難の悲愁をつつんで、山王会議が開催された第一日の午前の会議には岩畔大佐と私に傍聴を許された。南方から上京したIIL、INA使節の四氏のほか、香港、上海、比島、日本の代表が列席してラース・ビハリー・ボース氏が推挙されて議長の席についた。しかし何故か、在日印度人の有力者であり、また独立運動の代表的人物であるサハイ氏の姿が見当らなかった。プラタップ氏も参列していないのが私には奇異に感ぜられた。

 正面の壁間には印度と日本の大国旗が飾られていた。まず議長が立ってIIL、INA使節四氏の殉難の予想を悲しんだ後、遠来の各地使節に対する歓迎の辞を述べた。次いで、東条声明において宣言された日本の印度独立支援に対する基本態度と日本軍の勝利によって急速に到来されつつある印度独立の天機について感激の意を表し、またIIL、INA使節の南方における挺身的活動を絶賛し、感謝を述べた。更にこのたびの山王会議においては、まず各地代表の懇親を結び、自由かつ率直に印度独立に関する政治問題を討議し、祖国解放のため全東亜印度人の政治的結束を計る方策を探究せんとするにある旨を披歴した。私はボース氏の熱誠のこもった挨拶にも拘わらず、各地代表特にIIL、INA使節に与えた感銘は必ずしも期待されたように深刻ではないとの印象を受けた。しかし殉難四氏の素志を継いで、その念願を達成しなければならないという悲痛な決意も各代表の面に読み取れた。使節一行は会議の席上において、あるいは個別に、連日こもごも真摯なる意見の交換、討議の反覆を行った。その結果IILを東亜全印度人の印度独立運動団体として確認された。そして五月中旬、バンコックにおいて名実共に全東亜印度人代表をこぞる公開のIIL大会を開催し、連盟の組織、運動の方策を再討議することとなった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月03日

ビハリー・ボース

東京会談とプリタムシン氏ら四人の遭難

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。
写真は山王会談に先立って行われたIIL指導者会議のメンバー。中央の筆者より向って左へプリタムシン氏、モハンシン将軍、メノン氏、同じく右へギル中佐、ゴーホー氏。
Forg11.jpg

引用開始
 プ氏は新段階に対処するためにマレイ、シンガポールのIIL支部長会議をシンガポールに招請し、モ大尉はシンガポールにINAの全兵力を集結して、INAの強化拡充について日夜奔走しつつあるとき、東京の大本営から南方軍総司令部を経て一通の電報が私のもとに着いた。その内容は日本大本営の肝入りで、東京にあるラース・ビハリー・ボース氏(新宿中村屋の主人相馬氏の女婿)が、東亜各地の印度人代表を招請して祖国印度の解放に関する政治問題の懇談を遂げ、かたがた日本側との親善を計るため、マレイ、泰方面のIIL、ILA代表約十名を三月十九日までに東京に到着するように、招請されたものであった。なお、この電文には私が一行に同行すべきことと、岩畔大佐の上京とを要求されていた。・・・・
 三月十日、親善使節の一行と私はカランの飛行場を出発して東京への飛行の途についた。大田黒君が私に随行した。・・・・

 飛行機の都合によって、私達の一行は二組に分かれなければならなかった。岩畔大佐と私とモハンシン大尉、ギル中佐、ラバガン氏、ゴーホー氏、メノン氏の七名が一組となって東京に直行することとなった。大田黒氏、スワイミ氏、プリタムシン氏、アイヤル氏、アグナム大尉が一組となって別の飛行機で二日遅れてサイゴンを出発することとなった。三月十一日、私達一行はサイゴンを出発したが、私達の飛行機は海南島の飛行場でエンジンに故障を起したために二日間も滞在を余儀なくされた。・・・・
 私達の飛行機は台北、上海で各一泊のうえ東京羽田飛行場に着いた。・・・
 そして私達の搭乗機はスワミイ氏一行を迎えるために直ちに台北に引き返して行った。飛行場から大本営の案内で一行は山王ホテルに落着いた。上海からオスマン氏が、また香港からカン氏が使節として着京していた。三月も半ばの東京は南方の客達には極寒の思いであった。なかんづく一行の長老メノン氏は栄螺のように身体を縮ませて震えていた。東京における一行の案内や行事は私の手から離れて、大本営当事者の手に移った。誓いを共にし、生死を分ってきた友に、桜咲く祖国の風物を心行くまで、私が自ら案内することを楽しんでいた折柄、掌中の玉を奪われたような空虚な思いが私を襲った。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月02日

スマトラからの密使

アチェ民族とオランダの抗争

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。

引用開始
 三月の初め、軍司令部から次のような電話がかかってきた。
スマトラのアチェから、日本軍との連絡のために重要な密使がピナンに到着し、ピナンの軍当局から送致してきたから藤原機関に引渡す。直ちに案内者を司令部に派遣せよ」と。
 私は山口中尉からこの報告を聞いて雀躍するほどうれしかった。マレイから潜入したFメンバーが潜入に成功し、しかもアチェ民族が、日本軍に呼応して決起する用意にありと直感したからである。この密使は中宮中尉に案内されて機関に到着した。一組の密使はトクムタ氏ほか三名からなり、二月十三日、ブサ団から派遣されたものであった。いま一組の密使はトンクアブドルハミッド氏ほか三名からなり、二月二十日、ブサ団から派遣されたものであった。いずれも日本軍当局に、アチェ民族のオランダに対する抗争状況や、日本軍に対する忠誠の誓いを報告し、日本軍の急援を要請する使命をもってきた決死の密使であった。・・・・
 密使の報告によってわれわれは初めてアチェの驚くべき情勢を知ることができた。またスマトラのオランダ軍に関する最新の情報を詳細に知ることができた。密使の語るスマトラの情勢は次の通りであった。

 1940年5月、オランダが独逸に蹂躙された当時から、アチェ人の間に民族運動の意識が復活し始めていた。日、独、伊三国同盟以来、緊迫する太平洋情勢に即応して、オランダ政府は色々の戦時の法令を造ってインドネシヤ民族を防衛に結束せんとしたが、これらの措置はかえって民衆の反感を募らせつつあった。12月8日、日本軍がマレイに進撃を開始すとのニュースを聞くや、ブサ及びブサ青年団の幹部は、全アチェの各支部に遊説して「いついかなる土地に日本軍の進駐をみる場合においても、直ちにこれを歓迎し、かつ日本軍の要求するいかなる援助をも与うべし」との宣伝を開始していた。ハンリマサキ氏とトクニア・アリフ氏が指導に当った。
 12月中頃にはトクニア・アリフ邸でブサ団の会長トク、モハマッド、ダウッド、ブルウェー氏始め、首脳五名が密会して堅い誓約を交わした。その誓約は、「回教および民族、祖国に忠誠をを誓い、大日本政府に忠誠を尽くし、共にオランダに抗争し、ブサの名において暴動を起こす」との内容であった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物