2006年04月27日

ポーランド孤児を救え

 ネット界では有名なお話だと思いますが、何回読んでも心温まる歴史です。元ポーランド大使、兵頭長雄氏も「善意の架け橋」と言う本で紹介されています。副題は「ポーランド魂とやまと心」ですが、今回は他の書籍を参考にしました。ネット上に出ているFLASHもお借りしておきます。
poland.jpg
18世紀末、ポーランドは内乱につけこまれて、隣国ロシアの支配を許していました。祖国独立を求め、幾度となくポーランド人は蜂起しましたが、そのたびに失敗し、捕らえられた者やその家族は、政治犯としてシベリアに流され、飢餓と寒さと伝染病と戦いながら厳しい暮らしを強いられていました。
 百数十年後の第一次大戦後に、ポーランドはようやく独立を果たします。しかし、まもなくロシアでは革命が起こり、革命軍とロシア皇帝派の戦いはやがてシベリア全土を覆いつくし、その混乱は、当時10万人近くいたシベリアのポーランド人たちをも巻き込んでいきました。多くの人達が殺されていく中で親とはぐれた子供たちが数多くシベリアに残されました。ウラジオストック在住のポーランド人有志たちは、せめて子供たちだけでも祖国ポーランドへ帰してやろうと、1919年(大正八年)9月に「ポーランド孤児救済委員会」を結成します。
 しかし、その後、ポーランドとソ連との戦争が始まり、孤児たちを帰還させることが不可能になります。そこで、救済委員会はヨーロッパ諸国やアメリカに協力を求めますが、莫大な費用が予想される上に、戦略的な価値を見出さなかった欧米諸国は、その依頼に応えてくれませんでした。
 絶望的な状況の中で、救済委員会が最後の望みを託し、向かった先が日本の外務省でした。打診された外務省は、直ちに日本赤十字社に相談を持ちかけます。日赤は、餓死と凍死の危機に瀕した孤児たちに日本で治療を施した後に、ポーランドへ帰還させる方策を決定します。それは救済委員会が外務省を訪れてから、わずか16日目のことでした。

 日本陸軍の支援も得て、765名の孤児たちが日本に招き入れられ、二年間にわたって治療、療育が施されました。
続きを読む
posted by 小楠 at 10:49| Comment(7) | TrackBack(1) | 書棚の中の日本