2006年03月08日

現代版近衛上奏文

昭和20年2月14日の
近衛文麿公の上奏文の一部を現代風に書き換えると、こんな感じになるかな。(原文はこちら

 今後の東アジア情勢の見通しについて、最悪の事態であることは、遺憾ながら必至でございますので、以下この前提のもとに申し上げます。
 我国と東アジアの状勢は、国外にあっては、中狂、韓国の異常な進出があるのに、我国民はそれらの意向を的確に把握しておりませぬ
 一連の共産主義国の崩壊以来、ことに最近になって、赤化の危険を軽視する向きが多いのでございますが、これは皮相の見解で非常に危険であると存じます。中狂が究極において、世界制覇を目指していることは、最近のその外交戦略から明瞭となっております。
 中狂はこのように諸国に対して、表面は内政不干渉の立場を取りながら、事実は極度の内政干渉を行い、他の国内政治を共産独裁方向に引きずっているのであります。
 国内を見まするに、共産革命遂行のあらゆる条件が日々に具備せらるるかの観がございます。即ち国民の教育は日教組のために退廃し、反日マスコミの発言影響力は増大し、保守派政党の中にさえ多数の媚中媚韓議員がおり、親中気分を高めており、加えて官僚内部に一味の共産主義者、さらにこれを裏から操っている、人権、平和、反戦、身障者保護などの美名に隠れた左翼分子の活躍、こう列挙すると共産革命達成の条件がそろったかに思えます。反日教育で汚染されてきた多くは、国体と共産主義は両立するものだと信じているもののようにさえ思えます。
続きを読む
posted by 小楠 at 17:12| Comment(12) | TrackBack(1) | 日本人の独り言

2006年03月07日

福沢諭吉の脱亜論

 日本の開国から現在に至るまで、支那韓国は日本にとって百害あって一利無し。福沢諭吉が途中から脱亜を唱えたのも解る気がします。
脱亜論の一部(少し現代語にかきかえましたが)を掲載してみましょう。
東シナ海ガス田開発の真の狙い
世界に認知され始めた「竹島問題」

 『時事新報』1885(明治18)年3月16日
 我日本の国土はアジアの東辺に在るが、其国民の精神はすでにアジアの古い考えを脱して西洋の文明に移った。ところでここに不幸なことには近隣に国があり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。この二国の人民も古来アジア流の政教風俗に養はれること、我日本国と異ならないといっても、其人種の由来を殊にするか、もしかして同様の政教風俗中に居ながらも遺伝教育の趣旨に同じと言えないものがあるのか、日支韓三国相対し、支と韓と相似ているのは支韓が日本よりも近くて、この二国の者共は一身につき又一国に関して改進の道を知らず。
 交通至便の世の中に文明の事物を見聞していないわけではないが、耳目の見聞はそれが心を動かすのに足らず、その古風旧慣に恋々する情は百千年の昔と変わらず、この文明日新の活劇場に教育の事を論ずれば儒教主義と言い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として、その実際においては真理原則の知見が無いのみか、道徳さえ地を払って残刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者のようだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 16:08| Comment(12) | TrackBack(1) | 日本人の独り言

2006年03月02日

田中上奏文

産経記事。

世界ではとっくに偽文書とされていたのに、今頃ですか・・・小楠。

中国が日本の大陸侵略意図の証拠としてきた「田中上奏文」について、中国政府直属の学術研究機関である社会科学院の蒋立峰・日本研究所所長が「存在しなかったという見方が主流になりつつある」と述べ、偽文書であることを事実上認めていたことが1日、分かった。

田中上奏文

 昭和2年に政府が中国関係の外交官や軍人を集めて開いた「東方会議」の内容を当時の田中義一首相が昭和天皇に報告した文書を装い、「世界を征服しようと欲せば、まず中国を征服しないわけにはいかない。これは明治天皇が遺した政策である」などと書かれている。4年に中国語の印刷物が現れ、英語版やロシア語版も登場した。あり得ない日付が記されるなど事実関係の誤りが多く、当初から偽文書と判明していたが、中国では本物として広まった。

続きを読む
posted by 小楠 at 15:20| Comment(6) | TrackBack(3) | 日本人の独り言

2006年02月27日

「東京裁判」は誤り

英提督の批判、公文書で明るみに

もう東京裁判を裁判等と考えるのはやめましょう・・・小楠

【ロンドン10日時事】太平洋戦争の終戦前後に連合国軍の東南アジア最高司令官だった英海軍のマウントバッテン提督が、東条英機元首相ら「A級戦犯」を裁いた1946〜48年の極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)の開催を誤りと批判していたことが10日までに判明した。
 東南アジアにおける対日戦の最高指揮官だった英軍首脳による東京裁判批判が終戦60周年の節目に明るみに出たことで、同裁判の正当性をめぐる日本国内の議論に一石を投じそうだ。
英国立公文書館に保管されている48年の同国政府文書によると、マウントバッテン提督は、当時進行中だった東京裁判を念頭に、「軍は純粋に政治的な性格の裁判にかかわるべきでない」と主張し、日本の戦争指導者を戦犯裁判にかけることに反対を表明した。 
続きを読む
posted by 小楠 at 07:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本人の独り言

2006年02月26日

中国、韓国を除くアジア諸国と他は

特定アジア(中国、韓国)以外の多くのアジア諸国と和蘭からの
メッセージ。
こんなことは学校では決して教えないでしょうねー。

オランダ サンティン・アムステルダム市長 (1994年内務大臣)「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の功績は偉大であり血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本という
お母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」


続きを読む
posted by 小楠 at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本人の独り言