2007年12月25日

米国の極東進出

日米抗争の史実1

 今回引用する書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもって状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はポーツマス講和会議時のルーズベルトと日本側全権小村
zenken.jpg

引用開始
 既に1898年ハワイを併合し、フィリピンを割取して、極東進出の前哨線と足溜まりを獲得した米国は・・・・
 大統領マッキンレーはフィリピン獲得に対する内外の非難を緩和するため、政治、商業、人道上の三個の理由と二千万ドルの支払金とを以て、天下の耳目を掩いまんまとその目的を達した。
 その政治上の理由というのは『合衆国はもはや西半球内にその勢力を制限することが出来ぬような発展の舞台に到着したのである。近世交通機関の発達に伴い距離が縮小せられて合衆国は漸次フィリピンに近くなってきた。従ってアジア方面に於て優勢なる権力を獲得するのは合衆国にとって当然であるのみならず、その将来の繁栄のために必要欠くべからざる事件となった』と云うのである。が、この『必要欠くべからざる』など云うことは、米国建国の精神と従来採り来たれるモンロー主義とに決して一致するものではなく、即ち米国が帝国主義になったということを意味するのである。

 また商業上の理由というのは『米国の生産品と輸出貿易とに於ける莫大なる増進は、新たなる販路の大拡張を必要とする。商業上活動の根拠地を得ると云う欧州人の常套手段に倣わずしては、到底欧州諸国と競争することが不可能である。合衆国の政策は門戸開放であるが、この主義は先ず米国の政治上の勢力を確立しなくては維持することが出来ぬ。殊に最大市場を有する東亜の方面に於て米国の勢力を確立するの必要がある所以である』と云うのである。この議論は剣とドルの併進を慫慂するものであって、第一の政治的見地に基くものと同一なる、否もっと露骨に帝国主義的意味を表明していることは明らかである。
 最後に道徳上の論拠はスペインの植民政治の残酷をとなえ群島の無秩序状態を叙し、米国政治の根底をなす自由、平等、自治の精神を群島に普及せしむるは単にフィリピン人の利益なるのみならず、また人類一般の利益である。従ってかかる手段を採ることは合衆国が世界人類のために尽す義務であると云うのである。かかる道徳的理由は古往今来の外交的常套語で、別段大した意義をなすものではない。もし衷心よりかかる義務を感じているとすれば、世界至る所その手を貸すべき場所がある筈である。また自己の便宜からこれを言うも、ともすればこれまた無恥の広言となるに過ぎぬ。


 畢竟フィリピンの獲得とハワイの併合は、米国の領土的範囲を太平洋心と支那近海までに拡張したものであって、その帝国主義的膨脈欲を東亜の天地に推進して来たのである。こういう状勢の変化は、米国国運の発展と相俟って、米国人の頭に太平大西両洋の水を連絡して、自由に短時日に通商上の利便を享有し、兼ねて極東進出に有権なる働きをなす『力』の行使に、最捷の途を拓かんとするの計画は、また当然と起らなければならぬ段階であった。殊にマッキンレー暗殺後の大統領が、近世の巨漢ルーズベルト(セオドア)ときておるのであるから、彼がマッキンレーの衣鉢をついで、それに輪を掛けてパナマ運河の開鑿を実現したのはさもありそうなことである。
 米国はこの二代の大統領によって、ワシントン以来殆ど比類なき大事業を仕遂げたのである。英雄ありと言えども勢いに乗じるにしかず。彼ら二人はよく米国隆運に乗じたるものと云うべきである。
 パナマ運河の開鑿を米国の手に収むるに就ては、米国は英国の同意及びその賛助によってその志を達したのである。英国をしてそのここに至らしめたのは、米国が同運河を以て世界の公道となし、商船軍艦の差別なく同一の待遇の下に、自由に通航せしむるを約したからである。即ち運河の中立は、米国が英国に約したばかりでなく、実に世界に広言した所である。然るに一度その権利の自己の手に移るや、ルーズベルトは遺憾なく、その鉄腕外交を発揮して、困難なる該事業の前途に一大光明を点じたのである。・・・・
 彼が・・・・パナマ運河会社を買収し、独力これが開鑿を企図してから、同地方の永久管理権譲渡に対して邪魔になるのが当時の運河地帯の主権国コロンビア政府であった。同政府もまた米国の弱味に付け込んでその代償金を貪らんとして、容易に米国の商議に応じなかったのである。ここに於てルーズベルトの巨棒外交は、パナマ地方の革命を慫慂援助し、パナマの独立、承認、米パ運河条約の協定等と、迅雷疾風的にこの一大ドラマを演了して、僅々半年ならずして諸般の難問題を解決したのである。・・・・

 米国議会はこれらの条約(英米間の条約)に頓着なく、同運河を往来する船舶に差別を立て米国沿岸航業に従事する船舶には通行を無料とし、其の他一切の船舶には通行料を賦課する法律を制定して、大統領タフトもまたこれを承認したのである。英国人はこの米国の二枚舌に対して国際公法上条約違反の行為として極度の憤慨をなし、もしこの運河法案がいよいよ米国国法として施行せらるるに於ては、米国政府と締結する条約は皆拘束力を失い全然頼み甲斐なきものと見做さるるに至らんとて、強硬抗議を申込んだのである。僅々数年前英米両国が運河開鑿を約束した時は、喋喋と世界のためなり、人類のためなりと称しながら、今更その誓言を破って、恬として少しも羞ずる色のないのを見ては、何人も奇怪の感を抱くのである。・・・・
 究極するところは、膨脹欲に燃え肥った米国人に、自他共栄共讃の雅量を欠いていることを如実に暴露したに外ならないのである。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争
この記事へのコメント
お久しぶりです。
最近はブログも更新せずに動画編集ばかりやっておりました。

>究極するところは、膨脹欲に燃え肥った米国人に、自他共栄共讃の雅量を欠いていることを・・・・

大東亜戦争の重要な意義ですね。
既存のマスメディアや学界が決して認めない史実の一端です。

ところで、これにも関係ありますが、「アサヒる」を更に流行らせ、発端のチャンネル桜を応援するために動画を有志で作りましたので、ご紹介いたします。

【中華編】祝・流行語大賞『アサヒる』
http://jp.youtube.com/watch?v=T8xkeXrZDpk

【包囲網編】祝・流行語大賞『アサヒる』
http://jp.youtube.com/watch?v=uKm2Chik3Go

上記2点の動画内容にご賛同いただけましたら、評価、お気に入り追加、コメント等くだされば幸いです。

お目汚し失礼いたしました。
Posted by kousotsudr at 2007年12月25日 14:34
kousotsudr 様
>>「アサヒる」を更に流行らせ
大賛成です。この番組は私も見ておりましたが、杉山氏があの場で「アサヒる」を言われるとは少し驚きでした。
このビデオをYou Tubeに出されたのですか。ご苦労様でした。
アサヒの横暴を徹底的に粉砕できるかどうかが、今の日本正常化にとっての一つの目安でもあろうかと考えます。
リンクの方もしておきたいと思います。
有難うございました。
Posted by 小楠 at 2007年12月26日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8761778
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック