2007年12月05日

はじめて見る日本1

明治四年七月・横浜

 オーストリア・ハンガリー帝国の外交官だったアレクサンダー・F・V・ヒューブナーは、職を辞した後1871年5月から世界一周旅行に出発、同年(明治四年)七月二十四日に横浜に上陸しました。彼の『世界周遊記』中の日本編を全訳した「オーストリア外交官の明治維新」という本から、彼の見た明治初年の日本の様子を抜粋引用してみます。
gaikokan.jpg


引用開始
 日本にやってきた者は、誰しもわが目を疑う。歩みを進めるごとに、これはみんな夢ではないか、おとぎ話ではないか、千一夜物語の一挿話ではないか、といぶかることになる。それに、目にする光景があまりにも美しいので、雲散霧消してしまうのではないかと恐れるのである。
 私はむだな記述をするつもりはない。こんにちでは誰でもよく知っているように、日本の人々はおとなしくて感じがよく、礼儀正しくほがらかで、よく笑い、温厚で、とりわけたいへん子供っぽい。また下層階級の人々は、日焼けした赤銅色の顔をし、肌にはしばしば赤や青の刺青をしており、その模様や色からして、この国の古い漆器によく似ている。どんな階級の人でも、頭は額を刈り上げ、後頭部に楽しそうに揺れる小さい辮髪(丁髷)を飾っている。夏には窮屈な袴を脱ぎ、個人によって違うが、タフタ織か綿の簡単な浴衣をつけるだけで、家にいる時には褌をしている。この褌という腰巻は、上は天皇から下は苦力まで、対面を重んじる日本人なら誰でも心がける身だしなみの基本となるものである。

 階級制度の最下位にある商人は別として、みんな誰かに帰属している。しかし、農奴とか奴隷としてではなく、ある一つの藩の構成員として帰属しているのである。この藩というのは、いくつかの階級に分かれているが、つまるところはただ一つの大家族だけを形成しているものである。君主すなわち大名が、その長である。この君主に従うのは、重臣、家臣、侍つまり両刀を差した武士(一本しか刀を差していない者もいるのだ)、いろいろな階級の兵士である。みんな着物の背中と袖には、仕えている君主や団体の紋章をつけているが、この紋章は円の中に花とか文字が書き込まれたものだ。武士の刀や、墨壷、煙管、帯に結わえられた財布などは、いずれもよく知られている。
 ラザフォード卿の報告でこれも周知のことだが、君主に随行している侍連中とか、酒を何杯か飲んで興奮して茶屋つまり遊郭から出てきたばかりの侍連中に出くわすことは、好ましくないばかりか、死の危険すらある。
 ところで現政府が封建制度を解体している途上にあることは、一般にはあまりよく知られてはいない。しかし、この国の外見そのものは、まだほとんど変わっていないのである。さて、日本女性には、どんな記事や書物の筆者でも心を奪われてしまっている。正確に言えば、彼女たちはけっして美しくはない。顔立ちの端正さという点では、まだ申し分ないとは言えないのである。・・・・

 しかしながら彼女たちは陽気で、純朴にして淑やか、生れつき気品にあふれている。それに、横浜周辺の茶屋で彼女たちの生活態度を研究した若い著者たちの言を信じるならば、彼女たちはきわめて人なつっこい。彼女たちの髪型は、艶のある黒髪を二つか三つに分けて優美に結わえ、日本の簪で留めたもの。(それ以上、髪を伸ばしているのは宮廷の侍女たちしかいない。)服装は、着物と羽織に、後ろで大きな結び目を作った太い帯。履物はおのついた下駄で、この鼻緒を足の指で器用にはさんでいる。・・・・・

 しかし、どんなペンや絵筆をもってしても、日本の現実を表現できはしないだろう。実際に日本を見てみなければ、そこに暮らす人々が街路を動き回っている様子や、愛想よく微笑を交わす様子、お互いに深々と頭を下げてお辞儀をする様子など、想像もつかないことだからだ。
 たとえば、ある偉い人間がひれ伏しても機敏さと威厳を保っているところなど、想像できもしまい。この場合、そうした機敏さや威厳は、ひれ伏すという行為から屈辱的に見える要素を抜き去り、そうしてその行為に、礼儀正さと尊敬とをいくぶん誇張ぎみに表明しているという性格だけを賦与することになるのである。
 
 街路を歩くと、たいへん清潔なことにまず驚かされるが、きょろきょろと左右を見ながら、眼が百もあればもっとよく見られるのに、と残念に思いつつ歩いていると、拍子のついた物音と、歌というか呼び声が聞えてくる。これは、長い竹に籠を吊して、筋骨たくましい肩にかついでいる苦力の声だ。汗が刺青をした手足に流れている。この季節には、彼らは下帯をつけているだけで、まったくの素っ裸だ。この連中もやはりにこやかである。
 短い休みの間には、彼らはおしゃべりをし、たがいにおべんちゃらを言い合う。
 それからあの家並み! これについては読者諸氏はよくご存知であろう。もう何度も描かれているものだし、また諸君のうちには過ぎしパリの万国博覧会(1867年)で本物の日本家屋をご覧になった方もあろう。でも、こうしたものはけっして実際のありさまを伝えてはいないのだ。日本の家は、まさしくこの日本で、正真正銘の日本人が住んでいるその家を、実際に見てみなければわかりはしない。家の奥まで覗きこんでみなければならないのだ。
 覗きこむのは簡単だ。というのは、日本の家は街路に面して完全に開け放たれているからである。見落としてならないのは、家具調度はまったくないが、美しい畳の敷かれたその住まいの中で、光と闇とがたわむれるさまだ。家の奥には小さな庭が垣間見られるが、そこには盆栽がいくつもあって、これは小さいにもかかわらず、森の巨木に似ている。それはまるで子供の顔に皺を書き入れ、扮装させて老人にしたようなものだ。
 いやはや、私よりずっと巧みな筆さばきをもってしても日本の現実を描くことなど不可能だ、と先ほど大見得を切ったばかりなのに、その舌の根も乾かぬうちに、うっかり私自身が日本を描写してしまっていた。
 ともあれ、日本に到着した旅行者の目の前に繰り広げられるのは、民衆が生活上の無数のささいな問題を解決していくさまなのである。民衆はほんとうに洗練されており、ある限られた範囲内で我々と同じ欲求を感じているのだが、しかし我々とはまったく違った手段・方法で、そういう欲求を満たしているのである。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
>農奴とか奴隷としてではなく、ある一つの藩の構成員として帰属しているのである。

欧米人には、この大家族のような組織のことが珍しく映るようですね。
武士だけでなく、職人や商人の世界でも従業員は家族のように扱われていたのですよね。
家族のようなのに規律や礼儀や威厳があって馴れ馴れしくなりすぎない、その微妙な加減が日本ならではだと思います。
Posted by milesta at 2007年12月05日 07:34
milesta 様
外国の映画など見ていると、召使いは家族とは全く次元の違う層であると分かりますね。そして、奴隷が当たり前だった国の人には、当時の日本の下男下女と彼らの農奴や奴隷との違いがよく分かったのでしょう。
日本人には人間を動物のように扱うような習慣は全くなかったし、考えもしなかったのでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年12月05日 07:44
小楠様
いつも大変興味深く拝見させていただいております。
人間を動物のように扱う習慣というよりは、日本人にとって動物と人間の垣根が曖昧のように思えます。所謂リベラルの人の『人権』といっていることでもピンと来ないものが多いというか・・・
畜生なんていう言葉もあるものの、グリンピースのような過剰な動物愛護でもなく、人間と動物の扱いの格差が少ないのかなぁとも感じております。
Posted by え? at 2007年12月06日 02:22
え?様
>>日本人にとって動物と人間の垣根が曖昧のように思えます

確かにそうですね、子供の頃にはどんな小さな例えば昆虫のようなものでも殺生はいかんとよく言われたものです。
そんな時は蚊や蝿はどうなんだろうなんて思ったりもしましたが。
仏教思想の影響かも知れませんね。
Posted by 小楠 at 2007年12月06日 08:02
初めて伺いました。
これからも真実(事実)を多くの日本人伝えて下さい。
私もそうでしたが、10年ほど前から、日本の本当の姿を伝えた本に出会い、日本はこういう国だったのだ、と知れば知るほど日本人として自信を持つことができましたから。なぜ?って、戦後しっかり自虐史観を植えつけられていたせいで(日教組)どうしようもなく自信をうしなっていたのです。
戦後教育がいかにゆがんでいたか。
こういうサイトも増え、日本人もようやくここ数年気が付いてきたようですが政治、マスコミ、NHKさえも親中派、在日勢力下にあり、日本はどうなってしまうのだろうと心配でなりません。
Posted by kakuno at 2007年12月26日 08:42
kakuno 様
とても嬉しいコメントを有難うございます。
>>日本はどうなってしまうのだろうと心配でなりません。

私も同じ思いでいます。
貴方のような方々がもっともっと増えていけば日本は大丈夫でしょう。
それを願ってこのブログを続けています。
これからもお気付きの点などありましたらご遠慮なくコメント下さい。宜しくお願い致します。
Posted by 小楠 at 2007年12月26日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7626689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック