2007年12月04日

明治の端午の節句

日本の歳事2

今回ご紹介している「ドイツ歴史学者の天皇国家観」の原著者ルートヴィッヒ・リースは、東大から招聘を受け、明治二十年(1887年)二月に横浜に到着し以来、明治三十五年七月まで、今日の東京大学史学科で歴史を学を講じた人物です。
本書ではドイツ人を対象とした日本紹介のために書いた論文が中心となっています。
写真は京都の町屋
machiya.jpg

引用開始
 世界中で、日本ほど子宝に恵まれることを高く評価する国はほかにない。子供が生まれたと聞くたびに、誕生日から数えて三日目、七日目、三十三日目、五十五日目、そして百二十日目といった日を選んで、方々からお祝いの客がやって来る。また、贈物もたくさんなされる。これらの日に赤ん坊はおめでたい品物に囲まれ、古くから伝えられてきた礼式に則って祝福を受けるのである。
 特に男児が生まれたときは、親戚、知人を問わずその喜びようは際限がない。女性に優しい日本の男性も、結局は東アジア文化圏の、何事においても男の方が女より遥かに優れているとする男尊女卑的な考え方を隠そうとしないのだ。「男子は女子の七倍輝く」と日本の諺は言っている。なるほど、昨今では顔の方も本当は女房より自分の方がよいなどと勝手に信じ込んでいる御仁がいるくらいであるから、日本の男性諸氏の思い上がりも相当なものである。

 それにしても日本人は子供が生まれた当初こそ何やかやと大騒ぎをするくせに、その後は、毎年巡ってくる誕生日をきちんと祝うということをしない。・・・・庶民のあいだでは、干支が一巡して六十一年目の誕生日を迎えてからでないと、いっぱしの人間として自分の誕生日を人さまから祝ってもらおうなどとは考えないのである。
 ちなみに、日本では年齢を満年齢では数えず、数え年で表す。したがって1930年12月に生まれた子供は、翌年の元旦にはもう二歳と数えられる。すなわち日本人は一月一日を期してみな、一歳年長になるのである。そういうわけで日本の子供たちは自分の誕生日を迎えても、年に一度の特別な、大切な日を祝ってもらえるという誇らしい気持ちがまったく生まれなくなっている。そこで彼らには、この日ばかりは単に小さな子供であるというだけで贈物やお祝い事をしてもらえる日が用意されている。まず女の子には一年の三番目の月の三番目の日、すなわち三月三日にこうした幸せに酔える日が設けてある。この日、彼女達は大人たちに並べてもらった雛人形や餅、菓子のたぐいを前に、うっとりとしてしゃがんでいることができる。そして、五月五日が男の子のお祝いの日となる。この日、各家庭は祝賀の喜びを内輪だけでかみしめるのではなく、家から出て路上の至るところに繰り出す。そして町中の屋根という屋根が、やがてこの「日出ずる国」をしょって立つ軍人となる自慢の「戦利品」を空高く抱え上げる姿でいっぱいになる。
 この十二ヶ月のあいだに跡取り息子が誕生した家庭には、祝賀の当日まであと数日という頃になると、もう親戚や友人が紙を貼り合わせて作った内部が空洞の鯉(鯉のぼり)を持ってやって来る。・・・・
 鯉の数はたいてい二匹から三匹である。そのうち一匹は黒の水玉模様で大きく、その下の一匹は小型で金魚のような色をしている。やがて、この「高い所に引っ張り出された池の住人」の口の中に風が吹き込んで、腹を膨らませ、水平になびかせる。その光景を目にすれば、大人でも何か素敵な魔法をかけられたように見入ってしまうであろう。特に、鱗を飾る金箔が夕日を浴びてきらきらと輝くさまは正に圧巻である。いっしょになびいている色鮮やかな帯状の紙(吹流し)は、風に合わせるようにしなやかに波打っている。子供たちは自分の鯉のぼりを人に見てもらいたがるから、鯉のぼりを特にたくさんもらった家やあるいは男の子の多い家では、春の柔らかな風に舞わせるこの魚の形をした中空ののぼりの数が非常に多くなる。・・・・
 男の子供がいることの象徴として、なにゆえ鯉が用いられるのであろうか。日本人は、この魚に性格上、特に男らしさを感じるのである。民間の信ずるところでは、あの泥の中に住んでいるおいしそうな魚は、急流をものともせず、逞しい跳躍を見せて上流に向って突き進む能力に非常に優れているという。この点、実際には鱒の方が鯉と同等かそれ以上の能力がある。しかし、痛みにじっと耐える粘り強さという点では、鯉にまさる魚はどこにも見当たらない。試しにその背中にメスを入れ、頭と尾が辛うじて残るくらいまでに体を切り刻んでも、鯉は命を失わないのである。というのも、わたしは何度も和式の夕食を食べたことがあるのだが、その際、体を切り刻まれたこの魚が生のまま出てきて、わたしが全部食べ終わるまで皿の上でピクピクと動きながら呼吸を続けているのを見てびっくりしたことがあるのである。

 要するに、日本の少年は、この痛みに耐える抵抗力を範とすべきだということである。これが五月五日に鯉を用いる、そもそもの理念である。この男子の記念日にちなむ事物は、すべて戦いや尚武の精神と結びついている。たとえば日本の春を彩る花は多々あるが、その中で菖蒲の花が特に好まれているのは、その日本語の名前「ショウブ」を二つの単語に分けて考えた時、それぞれが「勝利」、「戦い」を意味すると捉えることができるためである。・・・・・
 家の中では飾り棚が出され、ミニチュアの鎧兜が飾られる。上流の家庭では、美しく漆の塗られた昔の城の模型が置かれる。火消しのシンボルを模した飾りつけは、この節句に際してどこでも買えるものである。これは今も昔も、大火事の際に救助作業に参加することは、いつでも戦場に赴く用意のできた男の名誉ある奉仕行為であるとみなされているからである。これらさまざまなミニチュアの飾りつけの前には、木製の騎馬人形が置かれる。・・・・
 まっすぐに正面を見据える勇猛果敢の武将加藤清正の人形などは、この祭りに特に好まれる歴史上の人物である。伝説を題材とするところでは、キントキ(坂田公時)の人形がある。彼は幼童の身ながら怪力を有し、面体赤銅に輝かせ、たいていは家来に仕立てた熊に跨っては手にした鉞を振り上げている。・・・・そして槍、弓、矢、軍旗、将帥の杖、軍扇等のミニチュアの模型が床の間の飾り棚に並べられる。壁には小鬼を押さえ込んで懲らしめ、あるいは笛に合わせて踊らせるショーキの掛け軸が飾られる。長靴をはき、髪と髯を伸ばし放題にして、ひさしのない冠をつけたこの荒々しい神の姿はまるでロシア人のようである。もっとも、かく述べる本年、躾の良い日本の子供たちはこうした絵を見ても別段憎しみを感じることはないであろうが。・・・・
 今年の五月の節句は、昨今巷間の議論を呼び今やおそしと待ち構えられている事態に向け、特に弾みをつけるものとなろう。すなわち、ロシアとの戦争は、男子の遊戯の世界にも単なる遊びを越えた情熱を生じさせることになろう。
引用終わり
posted by 小楠 at 08:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
もうすぐクリスマスですが、学校行事や授業でも、我が子以外のクリスチャンでない子達(イスラム教徒、ユダヤ教徒)は、参加しなかったり、関係ない図柄の物を制作したりしています。そんなこともあって、我が家ではケーキを食べたりはするのですが、クリスチャンでないのにクリスマスを祝うことに親子共々違和感を持っています。どうしても祝う「意味」を考えてしまうのです。
日本では、多くの日本人にとって意味のない新参の行事が盛んになり、伝統的なお節句がどんどん霞んで行っている気がします。ツリーを飾るより兜を飾って欲しいのですが・・・。
鯉のぼりは、親戚や友人が紙で作って持ってくるものだとは知りませんでした。
Posted by milesta at 2007年12月04日 09:50
milesta 様
私もどうもクリスマスで騒ぐのには共鳴できませんでした。日本人の場合は、ただプレゼントの受け渡しという形での方が定着しやすかったのではないでしょうか。
Posted by 小楠 at 2007年12月04日 13:25
 先日はTB有難うございました。昨今嫌気のさすようなニュースの中、今回の話題のようなほのぼのした記事を見るとホッとします。
 日本では、年越が(とくに田舎では)大きな行事で、そこでみんな一緒に歳をとるので個々に誕生日を祝う風習が育たなかったのではないでしょうか。欧米の方は誕生日を祝う慣習が個人主義的な発想とも結びついているので、日本の風習はなかなか理解できないのしょう。
Posted by のらりひょん at 2007年12月05日 12:14
のらりひょん様
コメント有難うございます。
日本人の伝統的な祭事が徐々に失われようとしていますが、これもその由来をしっかり教育で受け継いでいこうという考えが戦後の占領時体制で破壊されてしまったのでしょう。
日本が日本でなくなる日に向っているようで、心配ですね。
Posted by 小楠 at 2007年12月05日 15:48
そういえば、戦後改革で祝祭日も変更になったんですよね・・・。
神道色だ、軍国主義的だ、とGHQが言って。
クリスマスを祝日法に入れようかどうかという動きもあったとも聞きますし。

「戦後」生まれの私としては上記のような戦前の「ハレ」の様子、魅せられます。
Posted by 何某 at 2007年12月08日 17:20
何某様
今の祝祭日の名称も、やはり伝統的な元の名称を復活して欲しいものです。
全くGHQは日本の文化まで破壊して、結局は反米の輩に利用させているだけですよね。
Posted by 小楠 at 2007年12月08日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7574025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

南京夢魔という笑劇場
Excerpt: 記録映画「南京夢魔」日本語版が完成 米国の独立映画制作者による記録映画「南京夢魔―南京大屠殺」の日本語版「南京大虐殺」が完成し、米国の人気動画共有サイト「YouTube」で無料公開された。新華社の..
Weblog: 白雲
Tracked: 2007-12-04 22:39