2006年05月27日

第二次大戦に勝者なし1

「第二次大戦に勝者なし」ウェデマイヤー回想録(上)より。
 ウェデマイヤー将軍は、1940年初めから43年の秋までアメリカ陸軍参謀本部戦争計画部の政戦略班に勤務し、米国の第二次大戦戦略動員計画である<勝利の計画>をみずから作成し、またマーシャル参謀総長の懐刀として数次の米英首脳会談にも列席し、その裏面史を親しく目撃してきた。それから彼は、中国戦線で米軍総司令官兼蒋介石付参謀長を務めており、終戦時、中国大陸にいた390万の日本軍将兵と在留邦人の早期内地送還について、大いに尽力された。
wedemeyer1.jpg
★引用開始
真珠湾攻撃の真相1
 日本の真珠湾攻撃は、アメリカによって計画的に挑発されたものであるという事実は、真珠湾の惨敗と、それにひきつづきフィリピンを失陥したことにより、おおいかくされてしまった。
 アメリカ国民をヨーロッパ戦争に裏口から参戦させようとしていた当時のアメリカ政府は、フィリピンのアメリカ守備隊を日本軍の犠牲に供するもやむをえない、と考えていた。アメリカ国内の反戦派の人たちは、ルーズベルトがドイツに対しては明らかに戦時中立を犯す行動をとり、また日本に対しては最後通告をつきつけて、なんとかしてアメリカを参戦させようとしていたことは、じゅうぶんに承知していた。
・・・略・・・
 この二十世紀のもっとも悲惨な時代に、主要な役割を演じた人々の伝記や覚え書きが出版され、また米・英・独の公式文書が発表されたりしたので、日本軍の真珠湾攻撃以前の反戦派の人達によってわずかに想像されていた事柄が、いまや、これを知ろうとする者にはだれにでも、はっきりと知ることができるようになった。
・・・略・・・

 アメリカはかつて第二次大戦中の<勇敢なる同盟国>であったソ連との冷戦に終始し、これまで第二次大戦の真の原因は何であったかについては、第一次大戦後のそれに比較されるような探究も行われていない。そしてまた、現在の危機をはらんだ世界情勢は、主としてアメリカが招いたものであるということも、国民の間に認識されていない。
 もしもアメリカが、フーバー元大統領やタフト上院議員その他の愛国者たちが熱心に提唱した政策を支持していたとしたら、アメリカはその参戦によって共産主義国ソ連に無条件の援助を与えるかわりに、公正で永続的な世界平和を強力に進められることが明確になるまで、おそらくは第二次大戦に参加するのを回避していたにちがいない。・・・略・・・
 われわれの目標は、モンロー主義の維持とヨーロッパとアジアにおける勢力均衡の復活でなければならなかった。これはイギリスにとっても同様であったろう。イギリスの国家的利益は、一時的な敵国の抹殺どころか、ソ連の領土、勢力、影響力を途方もなく増大する結果に終わった第二次大戦の<勝利>によって、取り返しがつかない痛手をこうむる結果になってしまった。
 ウィンストン・チャーチルは「イギリス帝国の崩壊を主宰するため、私はイギリスの首相となったのではない」と言明していたが、その彼がイギリスを現在の第二流国の状態に急転落下させるような諸政策をとったことは、実に歴史の運命の大きな皮肉といわねばなるまい。・・・略・・・
 チャーチルは三百年以上にわたってイギリスの一貫した政策目標であった、ヨーロッパ大陸の勢力均衡を再建しようとはせずに、ドイツの破壊を企図したが、結局ソ連にヨーロッパ支配の機会を与えてしまった。
・・・略・・・
 ルーズベルトは彼自身が大いに憎悪していた独裁者と同様に、アメリカの政治を自分の思うように支配した。また、彼は、スターリンは<彼の友人>であり、あるいは友人となりうるものであり、そしてソ連は、アメリカの永久的な同盟国、あるいは永久的な同盟国となりうる国である、と想像した。
 1941年6月、ヒトラーがソ連に開戦した結果、イギリスがドイツの攻撃から比較的に安全であったころ、フーバー元大統領は「これまでの歴史のなかでの大きな笑いぐさは、アメリカがソ連を援助したことであろう」といっていた。・・・略・・・
引用終わり

 ルーズベルトの側近に共産主義者やソ連のスパイが潜入していた結果が、このような取り返しのつかない結果となってしまいました。ルーズベルトもチャーチルも、ドイツ抹殺が目的で、日本を戦争に巻き込んだとも言えます。
posted by 小楠 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 書棚の中の戦争
この記事へのコメント
アメリカ合衆国という塊は昔からこのようにむちゃくちゃな国だったんですね。人権を竪に他国を批判しながら自分がやっていることは最も人権を無視した行為で笑えます。陰謀策略が錯綜した強欲なユダヤの隠れ蓑になっている"塊"ですね。ヴェトナムからアフガニスタン・イラク侵攻・・・無益な戦いを消化・消耗しながら自国の産業を興さなければ生きていけない構図が見えます。次はどこですか?北鮮ですか?支那を壊滅する作戦は未だですか?ブッシュ君。任期はあと数十ヶ月ですよ!とケイさんは言います。
Posted by ケイさん語録 at 2006年05月28日 19:11
ルーズベルトとチャーチルは有名ですが、チャーチルはイギリスを三流国家にしてしまったし、ルーズベルトはアメリカの青年を大量に殺し、大量破壊兵器を世界に蔓延させ、スターリンと毛沢東の共産党大虐殺を発生させ、東欧の国民の自由を奪った!
結果から見れば、二人とも大失敗をしただけですね。日本はとんだとばっちりを食らったもんです。
Posted by 小楠 at 2006年05月28日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/722983

この記事へのトラックバック

「Will」2月号秦郁彦氏の文章に触れて
Excerpt: 「Will」2月号秦郁彦氏の「陰謀史観のトリックを暴く」について。 前ペイジで触れた秦氏の文章について具体的感想を書くことにする。 恐ろし...
Weblog: TEL QUEL JAPON : POLITIQUE
Tracked: 2009-01-09 13:01