2007年11月17日

明治初年の家庭生活

ブスケ 日本見聞記2

「ブスケ 日本見聞記(フランス人の見た明治初年の日本)」の中からご紹介しています。ブスケは1872年[明治五年]に日本政府の法律顧問として四年間滞在しました。

引用開始
 日本の家には召使いが大勢いる。そうだからといって、ひとがよくかしずかれているわけではない。「モン・バン」(門番)は道路に面した「ヤスキ」(邸)の門を守っている。男女の「コスカイ」(小使)が家内の仕事を労を惜しまずつとめている。「ベット」(別当)すなわち馬丁が馬の世話を一人一頭の割で行い、乗り手の前を全速力で息も切らずに走る。これらの者はいずれも妻子をもち主人と同じ屋根の下に住んでいる、従って最低のサムライでも自分の家の付属家屋のなかで増えてゆく人々を養っているのである。
 奉公人であることは権威を失墜することではない。奉公人は家に属するものとして扱われ、また自分もそうだと考えている。奉公人は主人に、特に子供に親密に結びついている。彼は臆せず意見を述べ、それを求められるのを待たずにすら意見を言う。彼は膝ずりして茶を進め、額を地につけて命をうける。しかし一瞬後には、荒っぽい冗談をとばし、その上それが見事に受けとめられる。あるいは陽気な会話に加わるが、静粛を命ぜられることはない。全階層別のなかで小物はその割当てられた領域では大物よりも一層気楽に動いているように見える、だから彼らはそこから抜けだそうなどとは夢にも思わないのだ。
 皆が彼らを重んずる。またそうしなければならないのだ。上の者は下の者次第だからである。密告が一般的である国では、主人の評判、秘密、生活は常にその配下の意のままとなる。柔和であることは一つの必要なのである。これはさらに一つの習慣化した上品さなのである。

 「日本は子供の天国である」と英国の旅行者サー・ラザフォード・オルコックが巧みにも言った。子供たちを見ると最もしかめ面をした顔もほころび、子供たちに対しては最もいかめしい顔もゆるむのである。子供たちに人生の初期の苦さを味わわせないように、すべてが計算されている。離乳ということは知られていない。子供たちは、彼らが走り回り、とび回り、他の食物を一層欲しがるようになる年齢まで、乳を吸うがままにされている。母親はいつでも子供たちの渇きと同時にその泣声を鎮める用意をしており、稀には乳母に助けを求める。しかし、多くの子供が、賢明な心配りが欠けているために、死んでゆく。だが献身が欠けているからではない。彼らは、生まれたその日からすでに一生涯彼らが着ることになる着物を着るので産衣の責苦を知らず、その小さい寝床の上で気楽に足をばたつかせている。  人々は子供に対しお菓子を与えないようにするすべを知らず、両親は幼いときからしてすでに将来のきつい試練に馴らそうなどという心づかいはほとんどしない。

 七歳頃、彼らは遊びながら「いろは」をおぼえ、次いで学校にゆく。学校では彼らの教育はゆっくりと進む。彼らには言葉の基本とともに彼らの一生を導いてゆ意くべき教訓、すなわちサムライの子に対しては誇りと死の軽視を、プロレタリアの子に対してはお偉方に対する従順とつつましい生活を好むことを、そしてすべての子に対しては子供らしいまた実直な礼儀、挨拶のためのきまり文句、教養ある社会でのあらゆるしつけを教えこむ。
 しかし、子供の心をとらえるものはあらゆる種類の遊びである。通り、特に寺社の付近は、子供のための、またほぼ結婚適齢期までの若い娘の喜ぶ、玩具、小間物、砂糖菓子で一杯である。家々の門前では、庶民の子供たちが羽子板で遊んだりまたいろいろな形の凧をあげており、馬がそれをこわがるのでその馬の乗り手には大変迷惑である。親は子供たちが自由にとび回るにまかせているので、通りは子供でごったがえしている。たえずベット(別当)が馬の足下で子供を両腕で抱き上げ、そっと彼らの戸口の敷居の上におろす。

 子供たちのために年に二回の祭が行われる。女の子のための三月三日の「シナ・マツリ」(雛祭)と男の子のための五月五日の祭である。前者のときには、多くの店がしゃれた服装をした人形で一杯になる。これらの人形は若い「ムスメ」(娘)用のもので、ムスメたちは嫁入りの際にこれをその新世帯にもってゆき、その子供に伝える。それに小さい「世帯道具」が加えられ、玩具や人形がこわれない間は「ままごと」が盛んに行われる。
 後者の場合には、前年に男の子が生まれた市民は誰でも門の前に大きな竹竿の先に紙の魚の「ノボリ」(幟)を掲げる。風が魚の口の中に吹きこまれて全体がふくらみ、魚は風のまにまに軽やかに浮かぶのが見られる。かたどられている魚は尾の強いひと打ちで滝を登る鯉である。鯉は人生の苦難を克服してゆくために若い男児に望まれる活力を象徴しているのである。

 これらの特別のお祭以外には、子供たちが集る祭は余り無い。父と母とが一緒に見世物に行くときは、一人か二人の子供を背中に背負うかまたはジンリクシャ(人力車)の中に入れて連れてゆくのが常である。日本の子供は歩けるようになるとすぐに、弟や妹を背負うことをおぼえる。母親が年上の子のキモノ(着物)を後から軽く広げ、その中に幼児を入れ、帯で締め、あとはこの二人を運に委せる。このような場合に上の子の義務は転ぶときに下の子の背の上に転ばないで必ず自分の手の上に転ぶようにすることである。
 彼らはこういういでたちで遊び、走り、散歩し、お使いにゆく。この二人を見ると、頭の二つある小さいせむしと間違えるかも知れない。要するに、この子供たちは他のどこでよりも甘やかされ、おもねられているものの、他のところの子供たちより一層鼻もちならないというわけでもなく、その反対でもない。彼らは我々のもとでの庶民の子供たちよりよくしつけられている。しかし、その糸のような細い目、ふくらんだ顔立ち、彼らに押し付けられている変わった髪や服装の故に、我々の目には彼らがかなり不恰好な小さなものに見える。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 書棚から真実を
この記事へのコメント
おもしろい見聞記ですね。日本の子供が、

>彼らは我々のもとでの庶民の子供たちよりよくしつけられている。

のに気づいて、悔しくなって一生懸命悪いところを捜してみた。けれど、極悪なことは何一つ見つからず「よくしつけられている」と書くしかなかった。それでも悔し紛れに細い目などを嘲笑して気を紛らわした。といったところでしょうか。フランス人は、自分より優れた物を見るとムキになるところがある気がするので、こんな推測をしてみました。
Posted by milesta at 2007年11月19日 19:22
milesta 様
>>悔しくなって
これ面白いですね、フランス人はそんなところがあるんですか。
しつけと肉体的特徴を比較するのも少しずれていますよね。
やっぱり一言書きたかったのかも知れませんね。
Posted by 小楠 at 2007年11月20日 08:00
フランス人の知り合いはいないのですが、「料理の鉄人」でフランス対日本戦をやったとき、審査員のフランス人達がそんな感じでした。
論点がずれていても何でも「やっぱりフランスが一番」と言いたいのかも。その愛国心は見習わなくてはなりませんね。(笑)
Posted by milesta at 2007年11月20日 11:40
確かに、自分の国が一番という思いは、持っていても当たり前で、それを批判することもないでしょうが、果たして今の教育で、日本人はこの感情が持てるのか心配ですね。もしそうでなければ、日本だけは特殊国??
なんでしょうね。
Posted by 小楠 at 2007年11月20日 12:22
ヨーロッパではこの当時、子供は小さな大人という認識で、子供の分別の無さを大人の立場から厳しく叱ることはあっても、基本的に子供に対する関心が低かった。
そのせいで、子供を可愛がり叱らずとも素直に育っていく日本人の子供が羨ましくも理解不能だったらしい。
Posted by 梅 at 2007年11月21日 15:22
梅様
>>子供は小さな大人という認識

そのようですね、あちらの映画を見ていても、子供に対する扱い方にそのような考え方での対応の仕方が見られますね。
しかし現代の日本ではどうなんでしょうか。
Posted by 小楠 at 2007年11月22日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6852365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック