2007年10月27日

日本を狙うソ連の手口

二大勢力の交叉接触点日本

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
写真は労働者による生産管理を要求する炭鉱労働者
ganso10.jpg

引用開始
(昭和21年5月23日午前)
 米国の日本に対する意図は、概して忖度が出来る。しかしソ連の日本に対する意図に至っては、それが頗る困難。何故なれば、ソ連の心理的作用は、我等の常識判断では往々食い違いがあるからである。要するに米国も日本を恐れている。ソ連も怖れている。この点については間違いない。ただソ連は米国よりも深刻に且つ痛切に日本を恐れている。これは恐らくは、明治37、8年の役に於ける苦き経験に在るものと察せらるる。必ずしもそれのみとはいわぬが、それがソ連をして日本を恐怖せしむる重もなる動機となった事は疑いを容れない。
 日本から武器を取り上ぐるという点については、米国もソ連も同様である。ただ取り上げた後に、日本に対する態度に於いて、両者の間に相当の隔たりがあると思われる。一言すれば、米国はまず第一、日本を米国に対して無害ならしめ、次には有利ならしむる積りであろう。即ち日本を、東亜に於ける米国の市場たらしむる事もその一つであるが、それよりも米国の東洋全面に於ける通商貿易に於て、日本をその競争者ではなくして、その特定売捌人とか、予約請売所とか、もしくは支那の言葉でいえば、買弁たらしめんとするものであろう。それで日本から戦争の用具は勿論、戦争そのものに対する気持ちさえも取上げて、全く平和の国民となし、その上は日本を米国の手先に使用せんとする積りであろう。

 ところがソ連は全くそれに反している。
 ソ連は、日本は現状のままでは到底済度が出来ぬものと考えている。それでローマがカルタゴをやり付けた如く、日本を立つ事も、葡う事も出来ず、全く抜本的に日本をやり付けてしまう積りであろう。即ち米国は日本を利用せんと欲している。ソ連には恐らく今日の所、日本を利用するの意図はあるまい。今日では日本の復讐を懼れている事が精一杯であろうと思う。
 そこでソ連は、むしろ日本の内乱を希望している。むしろ日本人相互に殺戮し合って、日本を沙漠の如く、一木一草さえもなからしむる位に荒らしに荒らして、出来得べくんば大和民族の潰滅、然らざれば衰弱を期待しているものと思わるる。

 元来ソ連は本土作戦で、日本が米英の上陸軍にやっ付けられ、いわゆる焦土となった暁に、始めて日本に乗り込んで来る積りであった。ところが本土決戦以前に日本が無条件降伏をしたから、その一点だけは全く当てが外れた。ソ連の注文からすれば、今日の日本は全く蛇の生ま殺しである。このままにしておけば、何日何時鎌首を立てて来るかも知れぬ。そこで今日は、日本を叩きのめして再興復活の心配の無き様にして置くという事が、何よりも大切と考えている。それには共産党を使用して、彼等に思う存分騒がしめ、また米国に圧力を加え、米国をして成るべく日本を窮地に陥らしめ、米国は外から、共産党は内から、内外相応じて日本を混った返しに騒がし、徐に日本人が狂い出して、己が手で己を退治するが如き時節の到来を期待しつつあるかのように察せらるる。

 されば当初は、成るべくソ連の意を迎え、ソ連の御機嫌を取り、ソ連をして成るべく気を悪くせないよう努めたマッカーサーも、今は最後の肚を決めて、如何にソ連が嫌味を言おうと、如何にソ連が悪戯をしようと、自らその限度を越えざるようにし、ソ連には何等の頓着なく、米国独自の立場により、独自の政策を日本に施こさんとしているようである。さきに共産党は嫌いでありというた事もまた共産党及びその類似の徒の無秩序的運動に対して、厳しく折檻を加えたる如き事も、相手は日本に於ける共産党であるが、マッカーサー側もその目的はむしろ日本共産党の背後に在る勢力を指したるものと察せらるる。その勢力とは即ちソ連である。
 されば今後に於けるソ連の行動が、いよいよ露骨になるに従って、米国の日本に対する態度は、相当の変化を来すべき事を今日より予期せねばならぬ。もし万一ソ連が、日本共産党の尻押しをやって、日本を革命に導かんとする如き事を暴露するに於ては、米国は決して傍観座視するが如き事はあるまいと思う。しかる場合に於ては、米国は、彼等が今日好ましからざる日本人として、追放しつつある鳩山一派の如き者とも握手するに至らずとも期し難い。必ずしも鳩山一派というばかりでなく、日本の穏健分子と、妥協の態度を以て、協力するに至るべきは、ほとんど疑いを容れない所である。かくの如くにして、日本はいわば世界の二大勢力の交叉点となり、接触点となり、万一の場合には、その力の強弱試みる土俵とならぬとも限らない。
引終わり
posted by 小楠 at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
【テロ?】外国人がハロウィンパーティで大騒ぎし警官隊出動【暴動?】

10月27日午後9時、かねてから計画されていた、山手線を回りながら酒を
飲み大騒ぎする外国人が主体のハロウィンパーティが、何も知らない一般
乗客を巻き込んで行われた。その状況があまりに酷かったため、警官隊が
出動した。品川駅では外された(壊された?)蛍光灯を直したり、彼らを
下ろすために、20分程の停車を余儀なくされた。その様子は以下。

Halloweenterro @ ウィキ
http://www12.atwiki.jp/halloweenterro/pages/14.html

今年の様子
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1387151/
http://jp.youtube.com/watch?v=K59y6t77TZo
http://jp.youtube.com/watch?v=Pbyavkvx1-A
http://jp.youtube.com/watch?v=hR1pJDG47c8
http://jp.youtube.com/watch?v=u0vw9d3Do5Y
http://jp.youtube.com/watch?v=FK1inXmniqw
http://jp.youtube.com/watch?v=540zu1gHCVo
http://jp.youtube.com/watch?v=rjqcpiOsThI
http://jp.youtube.com/watch?v=WnIcfdEQpKs
Posted by are at 2007年10月28日 16:50
are 様
こんなことがあったのですね、お知らせ有難うございました。
アメリカで丁度ハロウィンの日に出くわしたことがありますが、皆さん変装してレストランなんかに出入りしていました。でもこんなに騒いではいませんでしたが、公共のそれも列車の中というのはやりすぎですね。
彼らの道徳程度が知れるというものです。
Posted by 小楠 at 2007年10月28日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6223629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック