2007年10月22日

日本歴史の破壊煽動

昨日の鬼畜、今日の米国崇拝

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
写真は皇居前を埋め尽くす占領軍
ganso05.jpg

引用開始
(昭和21年4月5日〜7日)
 維新以来七十余年、ほとんど勝利より勝利に、たとい中間に若干の蹉跌があったとしても、躍進したる幸運児日本は、大東亜戦争によって、初めて敗戦の苦杯を満喫した。この敗北は、歴史上極めて比類稀なる敗北にして、例えば世界第一次戦争に於けるドイツの敗北などとは比例にならない。強いて比例を求むれば、カルタゴがローマから叩き付けられた当時を連想せざるを得ない程の惨めさである。今日の日本は、只だ地理上の名目に於ての日本で、政治的には何らの自主権などというものは爪の垢程もない。・・・・

 正直の所が、我等は日本人に対して、ほとんど幻滅を感ぜざるを得ない。もしそれが証拠を出せといわば、遠く求むるに及ばない。昭和二十年八月十五日以前の新聞と、以後の新聞とを比較せよ。それで沢山である。同じ日本でありながら、その言うこと為す事、かくまでも相違するか。あたかも一日の差は、百年を隔てても、かくまではあるまいと思わるる程の変化がある。さればアメリカ人が、この劇変を見て、これは眉唾と考え、油断をすればアメリカ人をだますために、かく化けたのではないかと、且つ疑い、且つ驚き、且つ怪しみ、且つためろうているゆえんは、彼らの立場としては、あながち不思議ではあるまいと思う。・・・・
 今日我が国民に真骨頭の無き証拠を挙げよといわば、彼等が国そのものに対する気持ちを見ればわかる。即ちその気持ちは、戦前戦後に於て、恰も寒帯から熱帯に急転し、もしくは熱帯から寒帯に急転したるが如く、実に想像もつかない程の変化を来たしている。・・・・
 今我等の手許に在る新聞を拾い読みしている内に気付きたる一、二の例を揚げんに、国旗の日の丸は面白くないから、これを改正して欲しいという論もあり、君が代も国歌としては不相応であるから、改めてもらいたいといい、また紀元節、神武天皇祭日などの事にも、相当異存をいう者があり、甚だしきは教育勅語が時世に不相応であるから、これを改正して欲しいという者があれば、否な改正などは真っ平御免、時候後れの勅語はむしろ全廃してしまえば沢山だという者もある。
 処変れば品変るが、その変り方もなかなか我等の想像の及ぶ所ではない。憲法改正も、マッカーサーから命令されたとあれば、致方もあるまいが、中にはこれも欽定であるから、今度は民定憲法でなくては困るという論があり、恰もルソーの『民約論』を、現在そのまま持ち出し来る者もある。
 更に噴飯に禁じえないのは、従来東郷元帥、乃木大将の高風を慕うて国民学校の名などを、乃木国民学校とか、東郷国民学校とかいう名称を付けた者があったが、それも急に改正する事になったという事である。また乃木坂とか、東郷坂とかいう名義も、恐らくは同様と察せらるる。この勢いでやすまなければ、乃木神社、東郷神社なども、如何なる憂き目に遭うか、予想ができない。
 デモクラシーの標準国の一といわれる英国などでも、今尚お「ゴッド・セーヴ・ザ・キング」、もしくは「ルール・ブリタニア」などを歌っている。如何にデモクラシーの世となったとて、君が代の国歌まで廃せねばならぬ事もあるまい。かかる先生等の手に掛けては、日本の歴史なども、木っ端微塵に打ち壊されるであろう。実に驚き入った事といわねばならぬ。殊に呆れ返るのは、従来富士山を霊峰と称したる、その「霊」の字を、美麗の「麗」の字に改めようという説がある。山霊も若し知るあらば、日本人の軽薄に驚くであろう。

 我国に於て、共産党なぞというものは、今日の所極めて少数であって、せいぜい五、六万のものであろう。如何に贔屓目に見ても、共産党員が十万に上るはずはない。要するに全国の人口から比べて見れば、僅かに千五、六百分の一に過ぎない。しかるにこの共産党の為に、我国の新聞は、その勢力不相応に多大の紙面を提供している。中には、ほとんど共産党の機関紙ではないかと思わるる程に、――自ら機関紙と称するものを除いても――ほとんど総てとはいわぬが、多くの新聞が皆な共産党の肩を持っているかの如く見受けらるる。
 彼等は昨日までは、共産党を猛獣毒蛇の如く取扱って来つつ、今日では従来敵国にあって自国に反対したる彼等を、凱旋将軍の如く歓迎している。共産党の野坂参三氏ばかりでなく、重慶方面で、日本に対し反戦運動をさかんにやった青山某、鹿地亘に対しても、また然りである。普通ならば、祖国に対する乱臣賊子として攻撃せらるべき者が、かくの如く優遇歓待を受ける事も、如何に日本人の心理作用がシャボン玉の如きを雄弁に物語るものといわねばならぬ。・・・・
 今日でさえこの通りであれば、総ての枠が外された後の我が社会の情態は如何にあるべきか。まことに心細き極みであるといわねばならぬ。
 かかる場合に於て、政府も言論機関も、ただ反動勢力退治とか、民主主義励行とか、ただ従来の秩序を破壊する事のみを専務とし、権利には義務が伴い、自由には責任が伴い、随意には自省が伴い、かくの如くにして初めて社会の秩序も公共の治安も団体の福祉も維持せらるべきに気付かず。それらの事は一切頓着なく、ただ進駐軍の駐在を恃みとして、猛獣を檻の外に放つが如き事のみを企てているは、まことに寒心の極みである。もし我等の言を疑う人あらば、一ヶ月でもよいが、進駐軍を全部日本から引揚げて見たがよい。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
徳富蘇峰はジャーナリストの鏡ですね。世の中の「空気」に惑わされずに冷静に物事を捉え、孤軍奮闘になろうと主張し続ける。日露戦争の時も、講和条約の妥当性を主張したのは蘇峰だけだったそうですね。
国民が新聞のフレーズに引きずり回されて国体が定まらない昨今、蘇峰のようなジャーナリストを渇望します。山本夏彦さんも亡くなられてしまったし・・・。
Posted by milesta at 2007年10月22日 09:22
milesta 様
お忙しい時期は過ぎましたか?
このようにまともな論述のできる人が、マスコミ界では一部を除いて見られません。また今のマスコミはまともな意見を報道しません。
こうして日本人はマスコミのいいように誘導されているようですね。
Posted by 小楠 at 2007年10月22日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6067613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック