2007年10月19日

蘇峰の百年計画

失われた大我に殉ずる精神

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
最後の解説には、「・・・蘇峰が神経質に反発したのが黄禍論だった。彼が警戒したのは、「亜細亜的」という「概括的名称」によって、日本が中国などのアジア諸国と同一視されることだった。・・・日本が朝鮮や中国と同じカテゴリーで理解されることは、日本の国際的地位にとって決定的なマイナスになる。この認識は福沢諭吉の「脱亜論」以来のものである。・・・この考え方をもっとも忠実に継承したのが蘇峰だった」とあります。
 先ず前日の百年計画と題した部分から。
写真は宮中防空壕で開かれた御前会議(昭和20年8月9日)
ganso03.jpg

引用開始
(昭和21年2月21日午後)
 スターリンは、今後更に五年計画を発表したが,予は我が同胞に向って、百年計画を予告する。百年といえば、余りに長いではないかと、疑う人もあろうが、百年でもむしろ短かきに失していると思う。それは日本が再造なすには、いの一番よりやり直さねばならぬ必要があるからだ。それで、とても現代は勿論、次代も手が届かず、漸く三代ないし四代の後に、再び日本らしき日本を見ることが出来よう。しかしそれも、油断をすれば、到底未来永劫その時節は、到来しまいと思う。
 兎角世人は、物事を甘く見過ぎている。例えば、進駐軍も、三年か五年も経てば、引揚ぐるであろう。そうすれば、五、六年の後には、日本もまた一人前の国となり得るであろう。否な、やがてはソ連とアングロサクソンの衝突が爆発し、その機会が即ち日本再興の好時期である、などと、まるで昼飯を抜きにした者が、夕飯のきたるを待っているかの如き話をする者がある。しかしかかる料簡では、到底再造の見込みはないものとせねばならぬ。何故なれば、日本は五年や十年では、到底立ちあがるべき力は持ち得ないからである。・・・・

 日清戦争から日露戦争までの間、いわゆる臥薪嘗胆時代が、十年を経過した。満洲事変から支那事変までが、かれこれ六年を経過した。支那事変から大東亜戦争に至るまで、四年半を経過した。これらの間で、真に一定の方針を定め、準備をしたのは臥薪嘗胆時代の十ヵ年であろう。その他はむしろ自然の惰性によって、ここに到りたるものであって、人が勢いを制したのでなくして、むしろ勢いが人を制したものといわねばならぬ。予の如きも、今日となっては、自ら遺憾とする点少なからず。例えば昭和十二年七月七日の支那事変の勃発の如きは、予としては極めて面白からぬ出来事であったが、しかも火既に原野を焼く時に於いては、むしろこれを怪我の功名として善用せんことを期し、それが一転二転三転して遂に今日に到ったものである。いわゆる下司の知恵は後とからというがこの事である。・・・

 百年かかったとて、昭和十六年頃の日本に、必ずしも回復すべしとは、保証は出来ない。ただ大まかに、百年もかかれば、日本が一通り、自主の国となるだけの資格が出来るであろうという、いわば空頼みである。それを長きに失するなどというのは、とんでもない料簡違いである。元来日本が、かくまで堕落したのは、決して一年や二年の事ではない。少なくとも百年近き歳月が掛かっている。世間の人は、如何に判断するか知れぬが、日本を精神的に、今日の如き状態に陥れたのは、必ずしも福沢その人とはいわぬが、いわゆる福沢流の学問が、与って力ある事は、論をまたない。今日世間では、二口目には封建的封建的といって、我々の祖先以来の因襲し来ったる事は、一切合切唾棄しつつあるが、しかし日本を今日あらしめたのは、封建時代に於ける教養訓練の効果といわねばならぬ。日清戦争に従事したる人々は、その幹部は概して、明治以前の教育を受けたる人々であった。而してその将校兵士も、また明治初期の教育を受けたる者であった。それより十年経って、日露戦争までは、尚おその流風余韻があった。しかるに今回の戦争に至っては、それが蕩然地を払ってきた。・・・・

 人間は主我的動物である。それで問題は、主我的教育を施すか、無我的教育を施すかではない。もとより千人に一人といわず、万人に一人といわず、数百年の間に、数百万人の中から、無我的の人間を見出すことが出来ぬ事はない。しかしそれは到底一般の基準となすべきものではない。そこで問題は、小我か大我かとなる。即ちもし人間が我を去る事が出来なければ、せめてその我を、大我とすべきである。一身の為と考えるよりも、一家の為と考うれば、その我が家庭的に拡大して来る。一家の為と考えるより、五人組の為と考え、一町村の為と考うれば、またそれ程我が拡大して来る。
 かくの如くにして、一家の好主人となり、また一村一市一郷の善主となる事が出来る。それを拡大すれば、天下の志士ともなり、世界的の豪傑ともなる。封建時代では、一個人の我を殺して、その我を一郷一藩に拡大したるものである。それで、それがやがては日本に拡大して、自己の利益と、国家の利益とを、打って一丸となし、自己の存在を国家の存在の内に、托する事となったのである。
 楠木正成,大石良雄より、近きところ西郷隆盛、乃木希典、皆なその通りであり、勝海舟の如きも、またその通りである。いわゆる献身的精神という事は、小我を捨てて、大我に殉ずる事に外ならない。封建教育の大我は、むしろ大の字を付くるには、過当であるかも知れぬが、我利我利亡者の利己主義に比すれば、大我といっても差支えない。しかるに、それを封建的と唾棄して、いよいよ小我の我利我利教育を、施すが如き事とならば、国家の前途は果して如何。むしろ寒心すべき至りではないか。
引用終わり

 大我、小我と出てきましたが、これは小義は大義の賊、仲間内の義理人情は大目的の害になるということでもありましょう。
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
この当時から、そのようなことが言われていたとはある意味驚きです。

人間の倫理面の教育において、権威は必須でしたが、それが失われつつあるのは「洋の東西を問わず」ご承知の通り。
(西洋では宗教的権威、日本では行動的権威でしょうか?)

権威を再度確立しなくてはいけませんね。
Posted by k2 at 2007年10月19日 19:11
k2 様
当時はこのような文章は勿論公表禁止でしたが、まだまだ日本精神を堅持していた人々も多かったと思いますし、大多数はこれに共鳴したのではないかと思います。それがGHQの洗脳によって破壊されていったのでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年10月20日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5985463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック