2007年10月18日

満洲をめぐるソ連の野望

ソ連軍満洲撤兵問題

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
最後の解説には、「・・・蘇峰が神経質に反発したのが黄禍論だった。彼が警戒したのは、「亜細亜的」という「概括的名称」によって、日本が中国などのアジア諸国と同一視されることだった。・・・日本が朝鮮や中国と同じカテゴリーで理解されることは、日本の国際的地位にとって決定的なマイナスになる。この認識は福沢諭吉の「脱亜論」以来のものである。・・・この考え方をもっとも忠実に継承したのが蘇峰だった」とあります。
写真は日ソ中立条約に署名のスターリンと松岡外相
ganso02.jpg

引用開始
(昭和21年2月18日午後)
 満州の形勢は、その前途決して容易ではない。支那は他力本願で、手に唾して、日本から満州を、そっくりそのまま土蔵付きで頂戴する積りでいたが、あにはからんや支那の回復したるは、今の所唯だ空名のみで、実権は全くソ連に存し、実益もまたソ連が、恐らくはほとんど独占する所とならんとしつつある。

 ソ連は満州の平和を維持するために、兵を駐在せしめているが、去年12月3日までには、全部引揚ぐるという事であった。ところがこの頃盛んに兵営を満洲要地に新築しつつありといえば、言葉通りに引揚ぐる積りではあるまい。
 支那ではむしろ当初の心配は、共産軍が国民軍に、お先を失敬して、満洲を占領する事が心配であったが、今日ではそれどころではない。ソ連そのものが、道に横たわる大蛇となって来た。されば支那側でも、この事は頗る肚に据えかねたと見えて、いろいろ議論をしている。されば重慶側では、国際連合安全保障理事会に訴えて、その力によって、ソ連を撤兵せしむべしといい、またソ連側では、かえって居直り強盗の姿で、新たなる要求を、提出したともいっている。
 何れにせよ、満洲に関する限り、支那とソ連との間に、葛藤が起るべき心配があるばかりでなく、現に起っている。しかしてそれが一転して、ソ連対米国とならないとは誰か敢えてこれを保証するものぞ。・・・・・
 我等の見る所によれば、これは明治36年、日露戦争開始の前年、露国が満州撤兵に関して、我が日本を欺きたる慣用手段を、今回また支那に向って用いたるもので、今更決して新しき事ではない。今後もまた追々奥の手を出し来るであろう。それにしても、スターリンが、日本が背信国であるとか、侵略国であるとか、平気で日本の咎め立てをなすのは、実に盗人猛々しいといわねばならぬ。

 世界は一方には国際連合組織の機関があり、他方には安全保障理事会があり、とにかく戦をせずして、とやかく無事にやって行く積りであるらしいが、その前途は決して容易ではない。現に朝鮮の如きも、今や地理的に、米ソの間に、北と南に分割せられている。これまで一個の日本を戴いたる朝鮮は、二個の帽子をかぶらねばならぬことになっている。朝鮮人の当惑知るべしである。
 世界の禍機論は、ヨーロッパの中央たるドイツに於てさえも、存在している。ドイツは地方的に区分して、米国、英国、ソ連が鼎立している。トルコ、イラン、ギリシャなどでも、英国とソ連との勢力は、互いに衝突し、殊にギリシャ問題にソ連が英国に喰って掛かったとて、英国の外相べヴィンは、非常の権幕を以て、これを刎ね返した。それというのも、バルカン方面は、英国がソ連に譲るから、ギリシャは英国独自の手にて、料理せしむるという約束が、前程に出来ていたからだ。その約束を無視して、ソ連が図太く横槍を入れたから、英国でも肚に据えかねて、やっつけたが、ソ連もこの横槍を引っ込めたから、話はそれで落着した。
 イラン問題もまた、石油の産地として、ソ連、米、英をめぐって、争地となる危険がないでもない。今日の所は、互いにその勢力範囲を、協定しているという事であるが、果してその協定が、何時まで行われているか。
 
 今日支那は、二人の夫を持っている女の如き状態である。一方は米国で、他方はソ連である。何れかその間に問題が起らぬという事も期し難い。尚お太平洋群島基地問題では、合衆国が独占しているようだが、ソ連は果して、沿海州や千島列島で、満足するや否や。それよりも心配であるのは、日本である。日本はアメリカ七分で、あとの三分を英、ソ、及び支那で受持つようであるが、しかし日本に於けるソ連の勢力は、共産党を通して、今後相当増大すべき事は、論をまたない。マッカーサー側では、日本のいわゆる軍国主義を根絶せしむる方便として、共産党を庇護しつつあるようだが、米国にとっては、共産党は、将来ソ連側の前衛として恐るべき敵となるやも、知るべからずである。
 かく見来れば、世界の前途は極めて不安である。いつ米ソの二大勢力が、正面衝突するか、知るべからずである。この事については、スターリンも気づいていたと見えて、ソ連は即今戦に疲れ切て、前途さらに五カ年計画を以て、復興事業を計画しつつあるから、米国と戦争なぞの心配は、断じてないと言うているが、事実あるいは然らん。しかもソ連の方で戦する積りでないでも、あくまで横車を押し通すに於ては、米国も指をくわえて、黙っている訳もあるまい。スターリンは、日本と中立条約を結ぶ際には、ソ連はアジア的勢力である。日本とは戦争などは、今後思いも寄らぬ事であるといったが、あにはからんや、日本の足許を見て、愈々宣戦を布告したではないか。予は今日のいわゆる楽観論者に雷同することができない。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5959152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック