2007年10月12日

仏大使と排日移民法

フランス大使から見た米国の排日移民法

 これも戦後GHQが日本国民に発表した「太平洋戦争史」では隠された部分です。
 話は代わりますが、Google で「アサヒる」は今70万件を越える検索結果になっていますが、「朝日 捏造」では150万件もあるんですねー。相当な数の人が朝日を信用していないということですか。やはり物事は多面的に見る習慣をつけないとだめということでしょう。

今回ご紹介する本「孤独な帝国 日本の1920年代」は、1921(大正10)年から27(昭和2)年まで駐日フランス大使を勤めたポール・クローデルの書簡を抜粋したものです。
 ワシントン会議以降の日本人の困惑とフランスから見る世界情勢の中の日本がよく分かる内容です。
写真は1924年5月の米国排日移民法の抗議デモ
claudel04.jpg

引用開始
1924年4月23日
 日本にとってアメリカは太平洋を挟んだ隣国であり、渡航しやすく、土地も肥沃ですから、日本人は大挙してカリフォルニアに移住しました。やがて彼らはアメリカ経済にとって重要な地位を占めるにいたり、それがかの地の政治家たちの憂慮するところとなりました。
・・・・日本人は畑仕事に専念しました。野菜を集約栽培するには根気が必要で、島国の帝国のなかでは、農作業はすべてたんねんに行われていますから、農業の分野では日本人は他の追随を許さないのです。・・・・
 この成功がアメリカの農家に嫉妬を呼び起こしました。アメリカ農民にもいいところはありますが、だいたいが節約家であるとか働き者であるとは言いがたいのです。・・・・・
 まもなく、州のなかで中国人に対してとられていた措置が、日本人にも適用されるようになりました。それだけでは不充分とみえ、この問題は国会に諮られました。こうした状況の下で、ルーズヴェルト大統領がこの問題に関心をもち、1907(明治40)年にルート国務長官と高平氏のあいだで覚書が交わされたのです。今日まで秘密裏に保たれてきた紳士協定ですが・・・・日本が自国に強いられた義務を立派に果たし、この協定の調印後カリフォルニアへの肉体労働者の移民がほとんどなくなったことには、疑問の余地がありません。・・・・

 それでもカリフォルニアの煽動家たちは攻撃をゆるめず、ハースト系の新聞が煽りたて合衆国全土で猛威を振っている反日感情を利用して、アジアの移民に対する一連の措置をとらせることに成功しました。その措置の影響がさまざまなところにまで及んでいます。日本人の子供たちが公立の学校から締め出されました。1920年11月2日の住民投票の結果、日本人はアメリカで土地の所有者となることができなくなりました。ついには最高裁判所までが、憲法に照らして、アジア人はアメリカ人になることはできず、優遇措置の適用は白人と黒人に限られるとの判断を下したのです。・・・・・
以上が現在の情勢です。
・・・・日本に対してアメリカ人が感ずる友好的な感情は、軽蔑の混ざった寛容さなのであり、これとはまったく逆に、すべてのアングロサクソンの心のなかに、機会さえあれば爆発しかねない激しい感情があるとすれば、それは皮膚の色に対する偏見なのです。・・・・・

 実際、日本に対して、これまでのところ物質的・精神的に最も大きな影響を及ぼしてきた国が、先例のない災害によって日本が弱体化した折も折、故意に、公式にしかもぶしつけに日本に与えた侮辱は、誇り高く、根にもちがちな日本人の心に傷跡を残すような種類のものだと考えるべきです。とくに知識層、すなわち世論を、そして国の政治を引っ張っていくことのできる人々にとっては。
 しかしながら、これまでのところアメリカに対する報復が真剣に考えられた様子はありません。ある新聞がカリフォルニアの港湾施設やアメリカ製品をボイコットしようと書きましたが、反響はありませんでした。新聞には、アメリカは正義を、条約を軽視しているとか、あるいは1923年の震災のさいに示された友情の誓いを否定するものだといった、感傷に流れた不満や非難が見られただけです。
 しかし、あらたな時代が始まろうとしています。ことによると、日本に対するアメリカの敵意の影響は、まだ完全には出尽くしていないのかもしれません。そうした影響は、つぎにあげる三つの結果をもたらすのではないかと予測できるほどに甚大なものとなるでしょう。

まず第一に、機会さえあれば、潜在的な恨みの念が政治、外交および産業の領域で現れることになるでしょう。

第二に、日本国民のなかのさまざまな階層間に、連帯の感情が強まるでしょう。というのも、アメリカの追放政策に対して最も熱心に抗議しているのは、学生や労働者や社会主義者の組織なのだということに注意すべきです。

第三に、アジアの民族とくに中国人との連帯の感情が強まるでしょう。日本人は今後は否応なくそうしたアジア人の陣営に組みこまれるでしょう。これまで日本人は、自分たちの立場は隣のアジア大陸とは違うものであり、自分たちは黄色い肌のヨーロッパ人であると思わせるよう奮闘してきました。彼らは、かなりの程度までそれに成功していたのです。

 アメリカ上院における投票は、アングロサクソンの国々がとってきた従来のやり方の延長線上にあるものであり、それは、ペリー提督の〈黒船〉が崩壊させた徳川時代の鎖国の壁にかわって、さらに広大で乗り越えられない壁が現れたことを、日本に向かって知らしめたのであります。アメリカから追放されはしたがその結果自由になったともいえる日本は、しだいに中国に目を向けるようになるでしょう。そしてアングロサクソンは、中国、満洲、シベリアにおいて、この日本の恨みと対抗意識がいかなる影響を及ぼすものであったかをいっそう強く感ずるようになることでしょう。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
貴エントリの仏大使の文章を読んでいましたら、何やらわが民族、日本人が可愛そうになってきました。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2007年10月12日 07:51
屋根の上のミケ様
日本はアメリカから言われるままに、紳士協定で移民の中止を誠実に実行していましたが、アメリカは協定遵守の姿勢を評価することなく、輪をかけて日本人の排斥を激しくしていきました。
このような事情はすべて日米戦争の原因ですが、GHQはこれらのことを日本国民に隠して、一方的に日本を悪く思わせるために「太平洋戦争史」を日本国民に発表し、それ以外の事実は検閲によって日本側が発表できなかった訳です。
Posted by 小楠 at 2007年10月12日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5836655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 2 映画 「戦艦・大和」  (4) 
Excerpt:       ブログ小説             夕陽・少年隊          
Weblog: ブログ人
Tracked: 2009-07-16 03:31