2007年10月11日

災害時他国の友情と国益

各国の同情を信頼する危険

今回ご紹介している本は「孤独な帝国 日本の1920年代」は、1921(大正10)年から27(昭和2)年まで駐日フランス大使を勤めたポール・クローデルの書簡を抜粋したものです。
 ワシントン会議以降の日本人の困惑とフランスから見る世界情勢の中の日本がよく分かる内容です。
今回は関東大震災後の世界の慈善活動についての書簡です。
写真は著者のクローデル
claudel03.jpg

引用開始
1923年11月7日
 指導層の心中の思惑がいかなるものであれ、日本の国民は、東京と横浜を襲った災害に対して全世界で起こった崇高な慈善活動に、感動しないではいられませんでした。このうえない華々しさをもって、美徳を誇示しつつ慈善活動を行ったのは、なんといってもアメリカです。・・・
 東京の川や運河にはアメリカの駆逐艦や哨戒艇が入りこみ、首都の通りにはUSAと書かれた救急車やトラックが走りまわりました。帝国ホテルは、ワイシャツ姿の陽気な救助隊員でにぎわっていました。まるで1918年、19年の大戦後のバリにいるかのようでした。15日間、小柄な日本人は、いたるところに侵入してきたこの騒々しい巨人たちのなかにあって、心安らかではなかったでしょう。
 その後、アメリカ人たちは、自分たちの豪華な救急車が空っぽのまま、コンビーフやアスパラガスの缶詰は店に山積みになったまま、持ってきた衣服は希望者に売られ、結局なにもかもが自分たちとは無関係に、この国の庶民は日々を過ごしていることに気づきました。アメリカ人たちは、海軍大将アンダーソンが言ったとされる「私たちはふたつよいことをしました。すぐに駆けつけました。そしてすぐに立ち去りました」というユーモラスな別れの言葉を残して早々に引きあげました。

日本人がいちばん感謝しているのは、ふたつ目のほうです。・・・・・
 日本の無言の呼びかけに応えたフランスおよびフランス植民地の寛大さは、ここでは強い印象を残しました。この点に関しては、ふだんはあまりフランスに対して友好的でない『日々新聞』につぎの記載が見られます。
「アメリカの援助が最も早く、かつ最も大規模なものだった。この事実は、アメリカ人の特長である迅速さという優れた資質が発揮された結果であるのみならず、国が豊かで距離が近かったためでもある。しかし、私たちは物質的な援助の規模のみに感謝しているのではない。かつては裕福だったが、四年間に及ぶ莫大な費用のかかる戦争の試練を経たフランス人にとって、現在は一フランでも貴重なはずである。彼らが被った損害にくらべれば地震の被害はとるに足らない。世界のなかの最強の軍隊に対抗して、すさまじい状況下で戦い、フランスは血を流し疲れはて、しかし汚れなき名誉と光り輝く栄光とともに戦闘を終えたのである。このような国民からはいかなる同情の証しも期待することはできなかった。フランス人が悲惨な苦悩のさなかにあって、損なわれた資源の一部を割き、彼らから見れば地の果ての日本へ災害救助にやってくるとは、夢想だにしていなかった。

 しかし私たちは、『不幸な人間だけが不幸な他人を理解することができる』という格言を忘れていた。日本や日本人を見たこともないフランス人のなかの何千人かの人々が、友好の気持ちから義援金の呼びかけに応じたのだ。その義援金はアメリカ人の何分の一にすぎないにしても、だからといってそれに対する私たちの感謝の念に変わりはない。悲嘆のさなかにある国民が、他の国民の救助を考えるのは並たいていのことではない。神に対する畏敬の念、人類愛がこのような寛大な同情を起こさせたのであろう。このようなことのできるのは、無限の可能性をもつ偉大な心をもった国民だけなのである」

 フランスが示したたくさんの同情の証しのなかで、日本人が最も感動したのは、戦争で夫を亡くした人をはじめとするフランスの女性からの、孤児を引き取りたいという申し出があったことではないかと思います。・・・・・
 このたびの大参事、そして世界じゅうの人たちが同情を示してくれたことが、この警戒心の強い国民を近寄りがたいものとしている心の壁を、とり除くのに役立つであろうことは確かです。しかしながら、『国民新聞』の編集者でこの国の最良の文士の一人である徳富蘇峰氏の書いたつぎの記事が、国の指導者たちの胸中を最もよく説明しているのではないかと私は思います。

「神の意志は推しはかることができない。日本の不幸は必ずしも他の国々の幸福とはならない。にわかに日本を襲った深甚なる災害は、日本に対する世界の同情を引き起こす結果となった。日本の不幸を知って、世界の人々は心を傷めた。アメリカがその友情の証しを真っ先に示した。イギリスでは、新聞記者のなかに、苦境に立つ日本への同情からシンガポール軍港化計画の放棄を主張する者まで出ている。中国では、このたびの災害後に反日の動きが徐々に減少している。これらは顕著な事例にすぎない。しかし、これだけで充分日本に対する世界各国の人々がどんな態度を示したかがわかる。とにかく、日本の不幸は全世界からの同情を得るのに役立つのである。
 にもかかわらず、私たちは不安と残念さの入り交じった気持ちでこの事実を認めるのである。世界が日本を哀れんだということは、日本の名誉になることなのか。今や世界は日本が不能になったと考えているためではないのか。将来日本が旧に復したとき、今日の現在の同情は維持されるのか。現在示されている同情の念は、世界が日本の不幸な状況を慮った結果生じたものなのである。この状態が改善された暁には、今と同様の同情は期待できないであろう。私たちは、わが国が世界の共感を得られないほど傲慢になるのを見たいとは思わない。しかし同時に私たちは、日本国民が、みずからの力よりも各国の同情を信頼するという態度をとることを、警戒しなければならない。それ以上に危険なものはないであろう。
 友情は友情、そして国益は国益である。私たちは日本国民が世界情勢について広い視野をもち、この二つを混同しないよう望んでいる。友情は時にはライバルのあいだにも存在しうる。そして利益の問題は、友情とは次元の異なることなのである
引用終わり
posted by 小楠 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5813083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック