2007年10月05日

支那事変前の米中日5

元中国駐在米国公使のメモランダム5

日清、日露の戦争以後、植民地獲得競争に遅れをとっていた米国は、アジアに残された地域、満洲の権益獲得に照準を合わせていました。その障碍となっていたのが日本です。このことを前提としてマクマリーのメモランダムをお読みになると、当時のアメリカの政策と、平和が失われていく因果関係がより理解できるでしょう。

「平和はいかに失われたか」という本から掲載しています。
この本はアメリカの外交官ジョン・マクマリーが1935年に書いたメモランダムで、「ワシントン会議」以来の極東状勢と、アメリカのとるべき政策を論じ、特にワシントン体制の崩壊を論じた部分が中心となっています。今回は済南事件と、中国の日清条約廃棄宣言についての記述の部分です。
写真は済南の位置を示す地図
mac06.jpg

引用開始
 済南は当時日本の巨大な権益が集中していた所であり、重要な鉄道分岐点でもあった。この鉄道線路沿いに国民党の北伐軍が、北京ならびに華北の征服をめざして進軍していた。
 どれほど多くの口実や挑発があったにせよ、少なくともそこには、こうした予防措置を正当化するだけの有力な日本の利権が存在していた。日本政府は米英両国と異なり、国民党軍の進撃路から避難するようにと居留民に勧告はしなかった。日本は条約上の権利に固執し、米国にとっての上海・天津と同じように、日本にとって重要なこの地帯の居留民が攻撃されることは絶対許さないとの態度を決めていた。日本のこの姿勢は色々に解釈された。中国駐在の他の列強諸国の代表たちにとっては、自分たちができないことが日本にはできるという立場が羨ましい限りであった。また北伐中に外国の教会施設の財産を没収したり、外国人の生活を無視して理不尽な態度をあらわにしている得意満面の国民党軍を、日本軍が寄せつけないのも他の列強には羨望の的であった。・・・・

 最悪の事態がとうとう起きた。蒋介石軍の先遣部隊が日本軍と衝突し、小規模ながら激烈な戦闘が続いた。(1928年5月の第二次山東出兵となった「済南事件」)。このとき日本軍は、事態を局地戦にとどめて戦いを終結した。国民党もその戦略を変更し、済南を迂回して、北方への鉄道と連結している支線を使って北上した。中国側のこの作戦は成功して北京への進軍も軌道にのり、やがて国民党が華北の支配者となった。しかし中国はこの事態をきびしく受けとめ、日本軍の行動を敵対的干渉とみなして激烈な抗議の声を上げた。・・・・
 日本軍が、済南の居留民に適法な保護を与える過程で起こった事態は、神の恩寵がなければ、上海か天津で我々アメリカ国民に起こったかもしれないことと少しも変らないはずのものだった。・・・・
 この事件で最も現場の近くにいた外国代表団の人々は、米国の極めて有能な済南領事も含め、日本軍が自国居留民の生命・財産保護のために、その任務を達成するべく誠意をもって行動したものと信じていた。ところが、日本に対して新聞の報道はきびしく、特にアメリカではひどかった。・・・・アメリカ人は中国国民党を、自分の理想を具現する闘士のように、肩入れしていたのである。・・・・

 1927年の夏、南京の国民党政府は、改訂が所定期間内にまとまらなかったので両条約(1896年および1903年の日清条約)は失効したものと見なすと、唐突に宣言した。これに対し日本政府は、条約上の権利の不法侵害を拒否した。・・・・ベルギーの前例があるので、日本は本件をワシントン会議関係諸国にアピールせず、まずアメリカの態度を打診した。この目的のために日本政府は、枢密院顧問官でワシントン会議の時の外務大臣であった内田康哉伯爵を用いることにした。・・・
 しかしながら内田伯爵や出淵大使が、日本の立場から見て根本的な重要事項として、文書だけでなく口頭でも伝えた特定のポイント――協調政策とは、全関係国の協調を不可能にしているような中国の条約違反をやめさせ、規則に従って行動するよう各国が一致して中国にあたることを想定しているのかどうか、という問題――については、次のようなわずかな言及しかなかった。
「中国がなした外国政府への約束と、外国の諸国民に対する義務の履行について、中国の国民政府が認める処理の仕方に関しては、米国政府は、国民政府が国際慣行の最高基準に従って行動しようとしているものと確信し、国民政府がその意図を行動で示すだろうと期待している」
 日本政府の照会に対するこの国務省回答は、中国国民政府の側で、もっと国際的に行儀よくふるまってほしいという一般的な希望の表明だとも受け取れるが、それ以外に、国民政府の対日条約の破棄が“国際的慣行の最高基準”に合致していないという日本の主張を、否定したということを意味していた。・・・・

 ワシントン会議でアメリカがあれほど印象深く力説した道義的影響力なるものが、本当に明白で正しいものであったのか、あるいは、アメリカ以外の国々に頑固に盾つくよう中国人を鼓舞し、彼等にへつらっただけの無意味で偽善的な(日本人はそう見ている)ものだったのか。日本人はそれを切実に知りたがっていた。
 我々アメリカ人は結局“中国びいき”なのであり、中国の希望に肩入れすることにより、協力国の利害に与える影響を無視してでも自らの利益を追求しようとする――内田伯はこんな印象を抱いて去って行ったにちがいない。
 このように、内田伯爵の問いかけに対する米国政府の曖昧な回答、そしてこれを補足した出淵大使の主張に対するあきれるほど否定的な回答は、一番身近に、そして死活的な逃れられないものとして中国問題と取り組んできた日本政府にとって、はなはだ不穏なものと感じられたに違いない。
 米国政府の理屈や意図がどうであったにせよ、この回答は日本政府に対する拒絶と同じであった。特に条約の遵守という基本問題で、中国が横車を押したのに対し、アメリカ政府は日本にきびしく、中国に好意的な立場を取ったのが、日本にとっては重大だった。米国側のこういう態度は、少なくともアメリカの道義的な支援を期待していた日本人を失望させてしまっただけではない。アメリカのこうした姿勢は、中国の条約改正要求を満足させようと交渉を推進させている我々の熱心な努力とあいまって、中国の高飛車な行動を許容し、またそれがさらに一層反抗的な行動を中国にとらせることになるであろうことを、日本人は理解したのである。
引用終り
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日中関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5720783
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック