2007年09月29日

ヤポニカ、銀座

新橋付近の火の見の梯子
japonica06.jpg

今回ご紹介している『ヤポニカ』は英国人の詩人、ジャーナリストで、『デイリー・テレグラフ』の編集者サー・エドウィン・アーノルド著で、アメリカからこの本の挿絵を描くのにR・フレデリック・ブルームが派遣されています。アーノルドが来日滞在したのは1889年(明治二十二年)末からで、二回目の来日時に仙台出身の女性、黒川たまと結婚。彼には三回目の結婚で、滞日時の年齢は58〜60歳でした。
写真はアーノルド像
japonica07.jpg

引用開始
 次に「銀座」、日本の首都の「ブロードウェイ」に立ち寄る――実際すばらしい往来で,舗装された歩道と中央に市街電車、有名銘柄の店がある。ここでは町の商売は衰え、他と調和して、母や姉妹が赤子を背負ってペチャペチャおしゃべりをし、子供たちは凧を揚げている。商人たちは炭の真赤に燃えた火鉢の脇に座っている。
 魚の行商人、たくあん、菓子、柿、おもちゃ、パイプ、凧、旗、重荷をかつぐ苦力、盲目の老三味線奏者、仏教僧侶、黒大理石のような髪をし、鳩の足のようなかわいい娘たち、落ち着いて動じない細い眼の赤子、道での知人との出会い、おおまかなお辞儀とあいさつ、日本の役人は、別当を伴って馬に乗ってくる。花の行商人、去勢男、鳥屋、茶屋、少しおかしな家の入口、開かれた屋内、風呂場、寺院、石庭、籠細工、きしむ米舟――なにもかもが実際に、日本のすばらしい常に興味のある首都である。

 あるいは城を横切って多くの入口、出口から銀座に入っていたのかもしれない、たとえば「虎の門」「桜田門」あるいは「半蔵門」は皇居に通じている。この城は都市の大きな特徴であり、広大な要塞化した城郭であり、あらゆる所が非常に高い土手で囲われ、古木の松が植えられ、巨大な石造りの壁、その足下には静かな幅広い堀、冬期においては野性のあひるとがちょう、ごいさぎ、あおさぎでいっぱいになる。首都の装飾として、これらの重厚な城壁と草の緑の傾斜、ふしのあるもみの木で影がつくられるという外見で、これ以上のすばらしいものはあり得ない。
 石垣は海の絶壁のように堅固で、鋼鉄艦の衝角のように石の巨大なかたまりで、すべての角にはめ込まれ、曲線の突き出た外観をしている。それゆえに大きな石のかたまりはその場所をうしろに移動しない、地震さえも石垣にはほとんど影響を与えないだろうと思える。皇居において日本の大工や建具師がなしえたものの完全な例をみてきた、そのうえ高度な芸術作品がある天井のどれも、濃い褐色の漆により、非常にみごとに飾られた羽目板に分割されているにもかかわらず、もっとも高価な絹やもっともすばらしい彫刻がまわりのすべてに惜しげもなく使われている。・・・


 新鮮な、おいしい日本料理の穴場を探すために大通りからそれてみよう。そのような隠れ家は、たぶん東京湾の品川近くの海に面した「金鯉」という表示でどこにでもよく見かけるだろう。・・・・
 「金鯉」については有名でりっぱな所であるが、もちろんなじみがない。・・・・戸口に近づくとその家の仲居たち――むすめたち――は、かわいい縞模様の花柄の着物と帯を付け、「念入りに着飾った」光沢のある黒髪のむすめが、われわれをむかえ入れるため敷居まで急いで出てきて、「いらっしゃい! よく、いらっしゃいました、おいでなさい!」の合唱をする、すなわち「気さくに入ってください! ようこそ。どうぞお入りください!」あなたは靴を脱ぐ、それとも日本に長く滞在しなくても、この国の下駄にいつも出会うし、それが日常の履物であることを知るだろう。またあなたの時計やたばこ入れと同様に、いつも靴ベラをもってきてくれることを知るだろう。むすめたちは畳からひたいを上げ、つやの出た飾り天蓋を上げ、帽子と傘を受取り、二階に案内した。みがかれた梯子のような階段を上り、高い所のよごれのない部屋に行き、障子を開けると海がすぐそこにみえる。ここはきれいな新鮮な所だ。二階のバルコニーの下には静かな湾からさざ波が寄せてくる。・・・・

 座っていたむすめは、つぎに黒漆板に黄色い漢字で書かれた食事のメニューをもってきた。それを読んでさまざまな料理のよさを理解するためのもので、われわれ自身この土地の友人たちに尊敬されていると思わなければならない。
 とにかく、たしかウナギ飯を注文したら、小さな銀色のウナギで、日本料理の最高のもので、骨は抜かれ、細かく裂かれ、鋭い竹串に刺して焼かれ、炊かれた米の上にのせて美味なタレをかける。
 並の四つのコースを決め、第一級の酒、注文を出した人は、むすめのために二十銭を紙にたたみ込み、そしてもし非常に気前がよければ、家の主人や女主人のために三十銭、四十銭を、「ちいさい もの!」とあなたはささやき、折った紙を少女に出す。少女は頭を下げ、「どうも、ありがとうぞんじます」と応える。・・・・・

 あなたは箸を縦に割って、茶碗のふたを上げ、最初の一口を食べる。箸が不便だなんてとんでもない、もっとも清潔な食卓道具で同様にもっとも便利である。その使用法の秘伝は知られている。一本を確実に固定し、別の一本を第一指と第二指の間に掛けるのがこつであり、それは言葉では教えられない。そうすると固定した棒で正確に動かすことができ、この小さな用具はもちろんジュース、肉汁、スープ以外のものならば完全に対応できる。その所に密着させて差し込めば切ることも可能で、そうすれば効果的に分けることもできる。
 便利のよさと箸を握る精度について、この食堂で小さな賭けをしたら、私でさえ、塗り皿から一分間に箸で米二十二粒をつかめた、しかし日本女性に負かされた、彼女は素早く巧みに、器用に米四十九粒以上もつかんだ。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
小楠様、はじめまして。
ご挨拶が遅れました。わざわざ拙ブログにコメントをいただきありがとうございました。
外国人から見た在りし日の日本の姿、一つ一つ感銘を受けながら拝読しています。

「箸」は素晴らしいですよね。恥ずかしながら私は箸の持ち方がおかしいんです。正しい持ち方もできなくはないのですが、もしそれで「米粒つかみ競争」をアーノルド氏としたら、きっと私は負けると思います(^^ゞ

今後も、今時貴重な「明治人間」小楠様の、益々のご活躍を期待しています。
Posted by くっくり at 2007年10月16日 22:21
くっくり様
ご丁寧に有難うございます。
貴ブログは毎日のように拝見しておりました。時事問題を楽しい語り口でご紹介される技には感心しております。
今の日本の官僚、政治家に欠如していると思われる幕末、明治の日本人の心を広く伝えて、侍の復活を期待したいものです。
Posted by 小楠 at 2007年10月17日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5634901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

外国人から見た日本と日本人
Excerpt:  外国人から見た日本と日本人の姿。 文章や発言を集めてみました。 有名なもの、さほど有名でないもの、戦争に関連するもの、関連しないもの、各種取り混ぜております(敬称略)。■C・P・ツュンベリー=スウ...
Weblog: ぼやきくっくり
Tracked: 2007-10-16 17:20