2007年09月27日

ヤポニカ日本この国2

アーノルドの麻布の住まい

本文の前に、今回の福田内閣の支持率、毎日新聞では57%と発表していますが、ネット世論ではどうでしょうか。全く違う結果だとしか思えないのですが。

【タイトル】
9月26日発足の福田内閣について
【質問文】
9月25日、福田内閣の閣僚が決定し、名簿が発表されました。
この内閣に対する期待の度合について選択してください。

■結果画面へはこちらからどうぞ
http://www.yoronchousa.net/result/2892
----------------------------
Powered by リアヨロ!
http://www.yoronchousa.net

 今回ご紹介している『ヤポニカ』は英国人の詩人、ジャーナリストで、『デイリー・テレグラフ』の編集者サー・エドウィン・アーノルド著で、アメリカからこの本の挿絵を描くのにR・フレデリック・ブルームが派遣されています。アーノルドが来日滞在したのは1889年(明治二十二年)末からで、二回目の来日時に仙台出身の女性、黒川たまと結婚。彼には三回目の結婚で、滞日時の年齢は58〜60歳でした。
 19世紀後半の欧米の新聞・雑誌の隆盛普及は、挿絵に支えられていたといっても過言ではなく、以前にご紹介した『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』のような、紙面の50%以上が挿絵のものまで出現しています。この本の挿絵には訳者の解説がついていますので、それも部分的に引用します。
写真は麻布の自宅でくつろぐアーノルド夫妻
japonica03.jpg

では挿絵の解説から
引用開始
 明治二十二年(1889)十一月初め、来日直後のアーノルドは東京・麻布に居を構えた。家主は警視庁に勤務する麻生氏で、隣接する広壮な本邸には池と庭があった。麻布は当時は郊外とされ、外国人の居住は外交官、聖職者、教師をのぞいて認められていない地域であったが、家主が出版する本の英語訳と家主の娘たちの家庭教師を引き受けるとの名目で、住むことが許可された。
 直前の住人は日本政府の顧問の元イギリス陸軍大将パーマーで、寄棟屋根の日本家屋は、障子をガラス窓に替えられていた。アーノルドと同居した27歳になる長女キャサリン・リリアンは、日本の家屋になじめず、自室を洋風に改装する。しかし、アーノルド自身は畳の生活にとけこみ、この家に近隣の僧や著名人を招き取材を重ねていく。彼にとってこの家は、日本研究と執筆の中心であったのである。
解説引用終わり

この挿絵は「通りを小走りに歩くむすめの、むすめらしい小刻みな足取り」です。
japonica04.jpg

解説抜粋
 都心からやや離れた自然の豊かな住宅地に住まいを求めたアーノルドに対し、ブルームは都心の商業地域に隣接した有楽町三丁目に住んでいたので、この情景は今日の銀座近辺と思われる。店先を被った大暖簾と人力車を引く車夫は、日本女性とともにブルームが好んだモチーフである。すれ違う人力車と女性の小走りの動きの対比が生き生きとし、銅板の線描が小気味いい。
解説引用終わり

では本文から引用します。

引用開始
 もし私が日本でかつてみた風景から麻布の私の庭を正しくよぶとすれば、都市の大邸宅の典型であったため、実際には小ぎれいな場所で、「日本の事物」で満ちているということである。本書9ページと65ページは庭園に建っている本来の家の絵で、われわれは数カ月楽しく居住した。内側と同様に外側にも障子がほどこされ、外側の雨戸は大風や地震の時にたしかに大きくがたがた鳴るだろうが、夏には涼しく、冬には温和にすることができるだろう。そしてこの地震の現象はかなりひんぱんに起こる。日本の家屋は現実には心地よく健康的である。
 土に密着して建っていない、しかし家の構造はつながっていて上部は風通しがよく、自由に換気される。素足で、あるいは足袋をはいた足でのみ家に入ることになり、いつも快く清潔である。そのような住居の畳はほこりや汚れが残らないため、着物の繊細な絹や綿を日本女性が床に置いても、それを汚す心配はない。日本の住居は安く建てられ、美しい外観と汚れがなく、純粋で、適正な意匠はまったく称賛に価するし、質においてすべての豊かさと貧しさが等分であるように思われる。皇居と車夫の小屋は実際は同じ設計である。もっとも小さな貸家でさえも、室は非常にきれいで、整とんされ、明るく、魅力的に見えるので、それらの部屋は畳職人の住居の奥の間や大工職人の住居の奥の間にかわり、皇居の私室になったかもしれない。
 もし慎重に奉公人を選び、この国の習慣で扱えば、日本の奉公人は優秀であろう。生活を洗練して楽しくするための日本の普遍的な社会契約がある。だれもが多少とも育ちがよく、やかましい――うるさい、不作法な、要求の強い――男と女をきらう。・・・・

 日本でよくもてなされようとすれば、外でもたぶん同じように、家庭でもよくもてなさなければならない。そうすればもっとも楽しい、心からの奉仕を受けるだろう。あなたの料理人はうたがいもなく、少しあなたをだますだろう。人力車夫は時どき酒を飲みすぎるだろう、その娘や男の妻はあなたのすることに、いたる所で噂話をするだろう。庭師や御者は、あなたがふり返った時、庭で料理人と争うだろう。しかしもしあなたが自覚するならば、他人の小さな悪事を忘れることができるだろう。あなたは平静な、やわらかな声の、感じのよい人たちに近付くことはむずかしくなくなり、人びとはあなたのやり方を学ぶやいなや、あなたに同調する生活をすることに現実的楽しみをみつけるだろう。
 折にふれて女奉公人には着物を、子供たちへはおもちゃや砂糖菓子の贈物を与え、芝居や相撲観戦のために休暇を与えてやることだ。十倍になって返ってくるような明るい顔つきや、温かく迎えてくれたり、すばやく送ってくれて、その見返りは大きい。日本の奉公人に敬意を表せば――彼らがひざまずいて顔をむけてでなければけっして話かけない――家族の会話に参加したいし、時には主人や女主人といっしよに、着物、絵、西洋の物語をほめ、時にはその家の子供たちのように、三味線や琴を聞く。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5607683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック