2006年04月01日

中国国交の危険性

 今また媚中議員の中国詣で、多くの国民の顰蹙をかっています。恥ずかしいということが解っていないようですね。で何の成果も無いというより、かえって向こうの言い分を聞いてきただけの間抜けと言う結果でしょう。
今回は蒋介石秘録(下)より当時の日中国交について引用してみます。
shokaiseki.jpg
引用開始
 共産中国に色目使う日本
 日華平和条約が締結(1952年)されたとはいえ、日本と中華民国(台湾)の関係は、いぜんとして、波風の高いものであった。その原因はつきつめれば、日本が、わが中華民国政府を中国を代表する唯一の正統な政府であると承認しながら、一方で、たえず大陸の共産政権に“色目”を使おうとしたことにある。このような態度は、共産党の統一戦線工作のワナに、みずから身を投ずるものでしかなく、やがて1972年の共産政権とのいわゆる「関係正常化」−日華国交断絶という不幸な事態へと落ち込むのである。
 日本の大陸接近は、はじめは主として経済的理由にもとづくものであった。
・ ・・略・・・
 1972年2月21日から27日にかけて、米国大統領ニクソンは 大陸を訪問、毛沢東、周恩来と会ったのち、上海で周恩来とともに「共同声明」を発表、米国の大陸接近の方針を明らかにした。
米国のこの動きは、日本の焦りをかき立てた。7月6日、佐藤栄作のあとを受けて首相となった田中角栄は、大あわてで大陸接近をはかろうとした。
7月24日、田中角栄は、自民党の「日中国交正常化協議会」に出席、共産政権との“関係正常化”の機は熟したと述べ、さらに周恩来が示した「三原則」を、充分に理解すると表明した。この「三原則」とは「@中華人民共和国を中国を代表する唯一の政府とする。 A台湾省は中華人民共和国の一部である。 B日華平和条約を廃止しなければならない」というものである。田中がこの時点で「三原則」受け入れの方針を示したことは、共産政権にたいする外交上の“降伏”を表明したことにほかならなかった。
・・・略・・・

 同9月25日、田中と大平は予定通り北平(北京)に向かった。9月29日の朝、台北の外交部政務次長・楊西懇崑は、駐華日本大使・宇山厚の来訪を受けた。
 宇山はこの日調印されることとなった日本と共産政権の共同声明の内容を述べ、日本は共産政権と“国交”を結ぶことを告げるとともに「戦後長い期間にわたって、蒋介石総統が日本に示した好意に感謝する」との田中角栄の言葉を伝達した。また大平正芳が共同声明発表後、日華平和条約の“終了”を意味する言葉を述べるであろう、とも述べた。
 筋書き通り、同日午前、日本と共産政権との共同声明が発表され、夕刻、予告された通り“大平談話”も出された。
 中華民国外交部は同日深夜、対日断交を宣言した。
・ ・・略・・・
第二次世界大戦が終わったあと、日本国民は自由中国との真の「関係正常化」を願った。
 しかし、日本は第二の段階で共産中国を選択するという誤りを、またも犯した。日本民族と中国民族の真の「関係正常化」は共産政権を相手にする限り“木に縁りて魚を求める”ことでしかないことに気づいていない日本人も少なくない。
 将来の歴史は必ず証明するであろう。中国民族の住む土地には、共産主義による統治は決して長続きしないことを。
引用終わり

 戦時中から共産政権との外交は、米国も日本も騙され、戦争を意図せぬ方向に引きずり込まれたりと・・・恥を知らぬ共産政権との常識をもっての外交は、百害あって一利なしということが証明されているにも拘わらず、目先の欲得のために騙され、失敗を未だに重ねようとしています。
posted by 小楠 at 08:11| Comment(5) | TrackBack(3) | 書棚から真実を
この記事へのコメント
隣国の中国・韓国と根本的に違う日本です。昔から中国が行って来た近隣諸国の属国化、しかし日本だけ独立国として対等に中国と接してきました。今正に同様な圧力をかけて来ています。悲しいかな親中派の国会議員がいることも現実です。しかし家族愛・郷土愛・祖国愛・人類愛を尊ぶ日本にとって、今こそ国家の品格が問われる時期ではないでしょうか。中国の傲慢とも言える要求を凛として撥ね付ける必要があります。血濡れた共産国家はいずれ世界から消え民主国家へ塗り替えられて行く事を歴史は証明しています。この事を忘れずにしたいですね。
Posted by カピタン at 2006年04月01日 13:21
蒋介石の気持ちと本音は日本人として判らないわけではない。
しかし、日本としては大陸とは有史以来いつの時代も何らかの影響を受けつつ来たわけで、その意味で大陸が中華民国であろうと共産主義中国であろうと、何らかのパイプが必要だとは思う。
問題はパイプの中身で、この中に主権国家を否定するような言辞、内政干渉のような言葉を弄してもらっては、それを聞く民族の尊厳にかかわるということである。
媚中国会議員というのはその民族の尊厳を放棄している点に問題があるのである。
Posted by Minesan at 2006年04月02日 08:20
TBありがとうございます。

間抜けというかなんというか・・・彼等は結局自分が得すればいいんでしょうね。
国益なんて考えないんでしょう。
この時期にわざわざ中国へ行くなんて・・・。
お荷物を背負わされて帰らなきゃならないのがミエミエですよ。
それを分かっていて行くんだから、もう言い事はありません。地元の有権者はどう考えているんでしょうかね?
Posted by 彦勘助 at 2006年04月02日 15:17
本日の産経抄で「教科書書き換え問題」のことが書かれていますが、結局、主張することを主張せず、事実も確認もせず、土下座ばかりをしていた今までの「媚中派」は国益を省みていなかったわけです。

親中派=有能な政治家



親中派=売国奴

と世論のイメージ転換がなされ
日中友好のメッキが剥がれ落ち、媚中議員の権威が失墜しているのが現状でしょうか。
Posted by 何某 at 2006年04月02日 15:47
コメント有難うございます。
蒋介石秘録もやはり自分が正義の観点で書かれているので、そのまま同意できないことが多いですが、あちらの側から見れば、こんな風になるのかと思いながら読んでいました。

>>親中派=売国奴
確かに最近はこのようなイメージの方が強いですね。談判に乗り込むというような政治家が出ればいいのに。
Posted by 小楠 at 2006年04月02日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/519427

この記事へのトラックバック

日本は中国の属国ではない
Excerpt: ・・・・・中国の招聘によって北京を訪れた日中友好7団体代表に対して、胡錦濤国家主席が述べた「A級戦犯が合祀されている靖国神社を日本の指導者たちがこれ以上参拝しなければ、首脳会談をいつでも行う用意がある..
Weblog: 観 天 望 気
Tracked: 2006-04-01 10:57

上海総領事館員自殺事件 遺書の内容を読売がスクープ
Excerpt: 読売新聞 中国側、機密執拗に要求・・・自殺上海領事館員の遺書入手 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060331it01.htm?from=top ..
Weblog: 【時事・書評】東亜の葉っぱ
Tracked: 2006-04-01 12:53

中原の覇者
Excerpt: ↑そういや朝日新聞って、「胡錦濤」に「フー・チンタオ」って読みがなつけるよな。靖国参拝「やめれば首脳会談」 胡主席、訪中団に 【北京=佐々木美恵】日中友好議員連盟など日??
Weblog: 市川電蔵事務所(移転)
Tracked: 2006-04-02 19:08