2007年08月21日

ベルツの日記12

奉天会戦:明治38年

 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から
日露戦中の日記を引用してみます。
写真は陥落直後の奉天(日露戦争古写真帖より)
balz12.jpg

引用開始
明治38年(1905年)1月5日(東京)
 今日、宮中の盛大な新年宴会。各国公使を除けば、またも自分は唯一の西洋人であり、しかも、金糸入りの大礼服姿の百官に混って、たった一人の燕尾服だった。なにしろ、勲四等以上の日本人はいずれも、けばけばしく刺繍で飾り立てた大礼服をもっているからだ。・・・
 天皇は、広間の一端の離れた壇上に、東面して着席される。その左右に、一段下がって、各皇族の席がある。・・・自分は、いうまでもなく当世の花形である東郷提督の筋向いに席を占めたので、その顔立ちをくわしく観察することができた。かれは面長で、頬骨はほとんど目立たず、上り下りのない真直ぐの眼、高くはない鼻だ。ゴマ塩の鼻下ひげがある。全体として、その顔はいささか日本人離れがしている。・・・
 宴会は純日本式で、紐飾りの付いた服装の給仕が銀瓶から注ぐ一杯の酒で、例のように始まる。それから、各自の前に黒い漆塗の盆に盛って並べてある料理に手を出す。皇室の紋章入りの酒杯は、もちろんのこと、誰もが大変ほしがるものである。マツ・ウメの花・タケに、長寿の表徴であるツルとカメを配した「幸福の山」(蓬莱山)の象徴的な飾物もまた、各自包んで帰って差支えない。・・・家では召使い一同が、この宴会の「幸福の山」のふもとに盛られている菓子の、よしんば小さいかけらの一つでも、各自にゆきわたれば、大変ありがたがるからである。

1月16日(東京)
 日本軍は、敗れた敵軍に対して、非常に騎士的な態度を示している。これには、おそらく打算的な気持ちも混っているのだろう。がしかし、事実は事実なのだ。乃木将軍は長崎の知事に一書を送って、ステッセルをしばらくの滞在中、特に鄭重に取扱うよう依頼した。乃木としては、これは確かに心底からの希望である。

1月22日(東京)
 アメリカは清国に、厳正中立維持の要求を突きつけた。そしてドイツ、イギリス、イタリアの三国と組んで、交戦国側にこの点を厳重に警告し、ことに門戸開放の原則をも強調しようと目論んでいる。門戸開放の点は、平和の暁には、特に日本への要求になるわけだから、今からすでに満洲を、外人に対して思いのままに振舞える日本の勢力範囲とみなしている。多数の性急な東京の連中のお気には召すまい。奇怪なのは、アメリカが何事にも出しゃばるのと、また日本がそれに対して「有難う」と礼を言っていることだ。

3月9日午前10時(東京)
 日本軍大勝利! ロシア軍は、全線にわたって退却中である。奉天は占領され、鉄道はその北方で遮断された。黒木軍はロシア軍の左翼を迂回し、これを西方に圧迫しているので、ロシアの中堅全軍は最大の危機に瀕している。日本軍は、鉄嶺をもやがて占領する見込みである。そうなると、退路はことごとく遮断されてしまうことになる。

3月9日夜(東京)
 奉天はまだ陥落していない! またもや新聞のデマ!
 だが当地では、戦闘がこのような結末をみることは確実だと見なしている。

3月10日午後(東京)
 号外が乱れ飛ぶ。だが今日の唯一の公表は、ロシア軍の全線にわたる退却と日本軍の追撃とを報ずるのみで、大砲や捕虜の戦果にはなんら触れていない。しかし号外は、ロシア軍の敗北を徹底的となし、戦利品を莫大と称している。
深更――
 大勝利! 奉天は陥落した。時に今朝十時。広報にいわく「わが包囲作戦は成功せり。わが軍は奉天を占領し、俘虜・大砲その他の戦利品莫大なり。今朝、なお戦闘継続中」と。

3月18日(東京)
 クロパトキンが、総司令官の職を解かれた。後任はリネウィッチである。
この報道は、今日、ホテルのすぐ側の市立公園で行われた、盛大な奉天戦捷祝賀会にちょうど間に合った。公園にいたる広い道路を、無数の団体が色とりどりの旗を押立てて、目もあやな制服の少年音楽隊と共に行進して来る光景は、全く絵のように美しい。道路自体も色彩で満ち溢れている。屋根や高い柱からは、万国旗を豊富につるしたひもが放射状に、あるいは筋かいに、道路上に張られている。公園の入口には、紅白の布をまいた高いさおを交叉して、二つの大きい日本の旗――普通の国旗と旭日の軍旗――が立ててある。 
 公園のひろびろとした運動場には、やはり放射状に小旗をつるした大きい柱、派手な色彩を施した壇が設けられ、そこで市長が祝賀演説をやった。通路に沿って幾百となく並んだ、白い文字入りの紫の団体旗は、長い竹ざおに結びつけられているが、子供にでももてるほど軽い。刺繍入りの重い絹の旗は、当地では宗教上の行列、ことに法華宗の行列の場合に見受けるにすぎない。毎度ながら、民衆の静粛で、秩序ある態度には驚嘆せざるを得ない。物すごい人出の市立公園が、ほとんど劇場と変わらぬ――もっとも、うるさい音楽は別だが――静けさであった。それでいて人々は、このような場合のわれわれと全く同様に、心の底から慶んでいるのだ。
 ここで念頭に置かなければならないのは、もちろん日本には旗亭の類が存在しないことである。一人として泥酔者を見かけなかったし、警官もまた群衆中では見受けなかった――ただし入口のところには、騎馬や徒歩の警官が大勢ひかえていて、極めて静粛に、すさまじい人の流れを整理していた。左側通行が、当地では規定になっている。警官は、公園に通ずる道路の中央におって、単に突立っているだけで、各人が左側を行くように取計らっているのだ。
引用終り
posted by 小楠 at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
また日本人の行儀のよさが書かれていますね。日本に滞在していらした外国人の本を読めば、日本人が野蛮だったり残酷非道だったりするわけがないと感じると思うのですが、よく知らない人たちは見た目が似ている別の国の人たちと混同していたりして困りますね。
Posted by milesta at 2007年08月21日 16:28
milesta 様
>>見た目が似ている別の国の人たちと混同

そうですね、欧米系からは見分けがつかないでしょう。
しかし、現在でも話し方や行儀、要求の仕方などで、すぐわかると言いますね。


Posted by 小楠 at 2007年08月22日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5139939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック