2006年03月25日

大東亜戦争の正論5

1948年 ヘレン・ミアーズ著「アメリカの鏡・日本」からの引用を続けます。

引用開始
 私たちの占領はどう見ても日本の軍事力に対する防衛的軍事行動とはいえない。もし対日戦争の目的が日本の戦争機関、軍事生産、軍事生産能力を破壊し、その台頭を許した国民を罰することであったなら、占領は必要なかった。なぜなら、私たちが日本に上陸する前に、その目的は達成されていたからだ。戦争それ自体の結果として、日本は「二度と侵略戦争が出来ない状態に置かれていた」。
 軍事的にいえば、占領は単に警察官の役割を果たしているにすぎない。日本軍の武装解除と残存する軍事装備、貯蔵物資の解体を監視するだけのことなのだ。この仕事は二ヶ月で終わった。・・略・・
 それならば、なぜ、と問いかけたい。日本は完全に無防備であり、文字通り一隻の軍艦、一機の戦闘機、いかなる種類の飛行機ももっていないのだ。武装解除され、非武装化され、産業は戦前のほぼ三分の一にまで縮小され、国民は日常の食べ物に事欠き飢餓状態にあるというのに、どうしてこの国を軍事占領し続ける必要があるのか?

 西洋列強はいま、日本を厳しく糾弾している。・・略・・
 日本の本当の罪は、西洋文明の教えを守らなかったことではなく、よく守ったことなのだ。それがよくわかっていたアジアの人々は、日本の進歩を非難と羨望の目で見ていた。
 日本と他のアジア諸国の地位の違いは、人間としても国家としても、はっきりしていた。日本は「有色」人種の中でただひとり、ほぼ完全平等の地位を与えられていた。中国人は自分の国にいながらクラブや租界に入れなかったのに、日本人は事実上「白人」として受け入れられていた。開港地の中国人苦力は蔑まれていたが、日本人の召使は「ボーイさん」と呼ばれていた。インドシナの住民登録簿には、日本人は「ヨーロッパ人」として記載されたが、中国人は「原住民」だった。
 国家としての日本は西洋の基準をよく守り、よく報われた。小さい日本が大国として認められ、中国では白人の特権を分け与えられた。不平等条約の恩恵にもあずかっていた。そうでなければ、満州と華北で行動できなかったろう。
 大中国は西洋の基準が守れなかったために、自国の河川にいる外国の軍艦、主要貿易港に駐留する外国軍隊、自国政府と財政を握る外国権力に従わなければならなかった。・・略・・
 政治意識を持つアジア人は日本の輝かしき成功から何を学ぶべきか、よく理解していた。中国の革命指導者孫逸仙(孫文)は「三民主義」の中で次のように書いている。
 ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。日本はアジア問題の代弁者だった。他の諸国は、日本をアジアの「先頭馬」として認め、その提案に耳を傾けた。白色人種にできることは日本人にもできる。人間は肌の色で異なるが、知能には違いがない。アジアには強い日本があるから、白色人種は日本人もアジアのいかなる人種も見下すことはできない日本の台頭は大和民族に権威をもたらしただけでなく、アジア全民族の地位を高めた。かつて我々はヨーロッパ人がすることは我々にはできないと考えていた。いま我々は日本がヨーロッパから学んだことを見、日本に習うなら、我々も日本と同じように西洋から学べることを知ったのである。
posted by 小楠 at 08:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争
この記事へのコメント
ヘレン・ミアーズと言う人は一体どういう人なのですか?
我々にとって実に素晴らしいことを述べていますね。
1948年、昭和23年の著述ということは彼らにとって日本を持ち上げる必要が全くない時期に、よくこれだけのことが書けたものですね。
もっとも、あの東京裁判でも日本を擁護してくれたアメリカ人弁護士もいたのだから、彼らの懐の深さには大いに頭が下がります。
元敵国の人がこれだけのことを言っているのに、我々の同胞が同胞を貶めると言うことをどのように考えたらいいのでしょう。
Posted by Minesan at 2006年03月25日 17:22
日本語版の刊行(1995年)にあたってによると。
ヘレン・ミアーズは1900年ニューヨーク生まれの女性です。
小説家志望の彼女は、1925年にたまたまアジアに旅立ち、中国や日本を知る機会を得て、アジアに深い興味を抱くようになった。戦争中彼女は、大学で日本についての講義をしたり、陸軍やシカゴ大学で日本占領にそなえる要員の養成にたずさわり、日本研究を深めた。・・・略・・・
終戦の翌年、1946年2月、彼女はGHQ労働局諮問委員会の11人のメンバーの一人として来日。
GHQ内部の情報に直接ふれた彼女が、アメリカに帰国後、1948年にこの本を書き上げました。
Posted by 小楠 at 2006年03月25日 19:56
親切丁寧な解説有難うございました。近日中に購入します。
Posted by Minesan at 2006年03月26日 14:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/499949

この記事へのトラックバック