2007年08月06日

ベルツの日記1

東京・加賀屋敷にて
 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から当時の日本と日本人の姿を引用してご紹介します。
写真は大名屋敷の門の一例(B・ジャポンより)
balz1.jpg

引用開始
(明治9年)6月26日
 今日、きめられた家へ引越しましたが、さしあたり前任者ヒルゲンドルフ博士の客分としてこの家へ迎えられたのです。この住居はいわゆる『加賀屋敷』、すなわち旧加賀候の邸宅である大学の構内にあります。・・・ 将来わが家となるこの家は坂の上にあって、そのすその大きい『不忍』池には無数のハスの花と、かわいい朱のお宮があります。向うの丘の眺めもすばらしく、そこは古い美しい『上野』公園で、今をさる僅か8年(!)前に維新の役の決戦が行われたところです。
 この家の庭は、老樹の木立があって非常に美しいので、これを自分の趣味どおりにしつらえることのできる日を、今から楽しみにして待っています。・・・
 着いてから五日で、すぐ生理学の講義を始めましたが、学生たちの素質はすこぶる良いようです。講義はドイツ語でやりますが、学生自身はよくドイツ語がわかるので、通訳は実際のところ単に助手の役目をするだけです。・・・
 日本のドイツ医学は一種の伝統をもっていたのです。既に17世紀には、ドイツの探検家で医師の、ケンプフェルが、オランダの役人としてではありましたが、来朝しています。しかもかれの活動は、当時の非常に困難な事情にもかかわらず、ある程度の注目をひきました。それから50年前には、同じくオランダ人として(それ以外には入国の可能性がなかったので)ヴュルッブルクの医師フォン・シーボルトが来朝し、多数の門弟を出しましたが、そのうち若干のものは、自己の知識欲のため死罪にすら処せられねばならなかったほどです。・・・

11月7日(東京)
 今日、ミットフォード著『古い日本の物語』を読んだ。日本の事情に関する見解が、この本では、日ごろ在留ヨーロッパ人の口からよく聞くのよりも正しいこと、ことに女性にたいする見方が妥当であることを知って満足に思った。
 同時にまた、その中で語られている伝説と歴史上の出来事は個人的の勇気、極めて幼い時からの勇敢さを表明しており、われわれを心から驚嘆させるばかりである。志操の高潔な点も物語のすべてを通じて現れており、しかもそれが極めて純潔で堅固であるため、まるで美しい中世紀を眼前にみるような気がするのである。

 今日でも、気品が高くて死を怖れぬ勇気のある人々はまれではない。それに貴族の子弟は、幼い時から一種の威厳を身につけていて、それが極めて自然なものであるから、ヨーロッパで同年輩の子供の場合であればたしかに苦笑ものに相違ないのだが、別におかしくも感じないのである。自分は一度このような男の児をみたことがあるが、ある『大名』の息子で、優しくしようが厳しくしようが、つんとすまし返った態度をくずそうとはしなかった。最初は、この児の無神経さがしゃくにさわってならなかった。だがかれは、決して無神経ではなかったのだ。あまりにも気位が高く、しつけがよいので、ものに動じるようなことがなかったのにすぎない。・・・・

11月30日(東京)
 昨夜半近く、われわれがナウマンの家から帰るとき、南東の方向に大火事があるのに気づいた。遺憾ながらこれは、東京で冬のあいだひんぴんとして起る出来事である。だから自分も今では、八週間前に初めて見た大火で神田区内の家屋八百が焼失した時ほど、驚かなくなった。
 あの折、加賀屋敷の丘から物すごい火事場を見渡したときは、並々ならぬ印象をうけたものである。自分は思わずつぶやいた「ここで僅かの時間に、何千という人々が宿となけなしの財を失うのだ」と。それからすぐ、現場へ行ってみた。幾多の個所では、まだ炎があがっていた。そこで自分は、日本人の態度を観察する機会を得たわけだが、こうして観察したところは非常に興味のあるものだった。まず何よりも、比較的静粛なのに驚いた。わめき騒ぐ声もしなければ、女、子供の泣き叫ぶ声もせず、第一にそんな連中の影すらみえなかった。いたるところで男子の群が休みなく、音もなく働いて、水を運んだり、家屋を取りこわしたり、畳やこまごまとした持物のつまった行李を持出したりしていた。・・・

12月1日(東京)
 日本人とは驚嘆すべき国民である! 今日午後、火災があってから36時間たつかたたぬかに、はや現場では、せいぜい板小屋と称すべき程度のものではあるが、千戸以上の家屋が、まるで地から生えたように立ち並んでいる。まだ残骸がいぶり、余じんもさめやらぬうちに日本人は、かれらの控えめの要求なら十分に満足させる新しい住居を魔法のような速さで組立てるのだ。家事の前には、僅かの畳と衣服以外に多くの所持品があったわけでもないから、失ったものも少なく、あれこれと惜しむこともあまりないのである。これらの事実や、また日本人がいかなる悲運でも、これをトルコ人以上の無頓着さで迎えることを書物で知っていたにもかかわらず、なおかつ自分はこれらの人々の有様をみて驚嘆せざるを得なかった。
 小屋がけをしたり、焼跡をかき探したりしていないものはといえば、例の如く一服つける楽しみにふけっている。女や男や子供たちが三々五々小さい火を囲んですわり、タバコをふかしたりしゃべったりしている。彼らの顔には悲しみの形跡もない。まるで何事もなかったかのように、冗談をいったり笑ったりしている幾多の人々をみた。
引用終り
posted by 小楠 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
本当に「日本人とは驚嘆すべき国民である!」ですね。

これを読んで、火事が頻発して焼失する可能性があるから、最初から所持品も少なく、あえて物欲とは無縁の生活を送っていたのかもしれないと思いました。
今の日本は、あまりそういう危機感はないですから、物欲が肥大化してしまうのでしょうか。
Posted by milesta at 2007年08月06日 20:36
milesta 様
>>今の日本は、あまりそういう危機感はないですから、物欲が肥大化してしまうのでしょうか。

これは老子がその通りのことを言っていますね。便利な物が多くなってくると、世の中が暗くなると。
物欲の対象が多いほど、争いごとも増えるようですしね。
Posted by 小楠 at 2007年08月07日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4932305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック