2007年07月30日

フランス青年の明治4

明治東海道の旅3
『ボンジュール・ジャポン』フランス青年が活写した1882年という本からご紹介します。
著者のウーグ・クラフトは明治十五年に日本を訪れ、彼が「見たままを写した」写真と「感じたままを書いた」紀行文とをまとめものがこの本です。
著者はシャンパーニュ地方のランスで、シャンパン財閥の長男として生まれ、少年期、青年期にかけて、パリ万国博覧会が二回(1867と1878年)、ウィーン万国博覧会(1873年)も開かれ、ヨーロッパのジャポニスムに大きく刺激を受けたようだとのことです。
写真は当時の奈良、春日大社
krafft9.jpg

引用開始
奈良は八世紀に首都だった人口二万人の町で、寺を囲む大きな森と、十八メートルもある巨大な大仏で知られている。この大仏はミカドの希望によって、何度か失敗した末、七四九年に造られた(正しくは七四七年鋳造開始、七五二年開眼)ものだ。・・・・
 坂の上にある、私たちの泊っている宿ムサシノから、大きな階段とカスガノミヤ(春日大社)へ通じる林道が延びていて、巡礼者たちが木や角でできたおみやげを売る店の前を通っている。近くでは、てなずけられた鹿が草を食べている。
 赤く塗られた回廊と礼拝堂は、緑の生い茂った背景に映える。暗い葉の茂った大樹林の間の巨大な杉の下を曲がり、数百メートルにわたって両脇にランタンと花崗岩の台座(燈籠)が並んでいる段々になった大通りを行くと、この神秘的な眺望の中で、少し離れた所にもう一つのシントーの社ワカミヤに着く。まるで墓の間を歩いているようで、恐れさせるような効果がある。
 ワカミヤでは、非常に興味深いカグラ(神楽)という宗教舞踊が九円で見られる。これはシントーの非常に古い勤行で、熱心な信者の希望でミサのように行われる。
写真は当時の奈良、春日大社の神楽
krafft10.jpg

 儀式の様子を説明しよう。社の庭に面して開け放した部屋に、三人のカンヌシと女が観客の前にひざまずく。右側の少し奥まった所に、四人の処女が舞踊の準備をして控えている。聖職者たちは短い白衣をまとっている。手にはそれぞれ笛、長太鼓、二枚の木の板を持っている。若い女たちは、顔を厚塗りして、白と金と薄緑色の長い服をまとい、それが下に着ている深紅の服と対照をなしてくっきり浮かび上がっている。ほどいた髪が背中に垂らしてあり、首の高さで金色の輪で結んでいる。額の上には人工の花の房が飾られている。
 楽器を演奏する女も同じ格好をしていて、目の前に長くて平らなハープ(琴)を置いている。この人たちはみな一言も喋らず、不動のまま合図があるまで待っている。合図と共に頭を床まで下げ、楽器がメランコリックな前奏をかなでる。若い女たちが立ち上がり、列になって進み、色とりどりのリボンのついた鈴の束や扇子を操りながら、優雅で息のあった間を取ったゆっくりした動作を始める。聖職者たちは長太鼓の音、板のパチパチいう音、笛のうなるような音、ハープのせわしない音階に合わせて、悲しげな連祷を歌う。・・・・

 奈良から大阪まで、途中、薬師寺と法隆寺の二つの寺に立ち寄ると一日かかる。・・・・
 街灯のない暗い町外れ、終わりのない道、同じ橋をまた渡っているのではないかと思うほど数多くの大きい橋や小さい橋を通り、十四日の夜大阪のジュテイホテルに到着した。

 ジュテイホテルは京都のヤアミと同じような感じだが、多少行き届いている。淀川の上にある小さな島(中之島)に建っている。近くにはヨーロッパやアメリカの商人たちが失敗して去って行った外国人租界がある。
 大阪は人口五十万以上にのぼり、東京に次いで重要な都市である。南西地方の商業の中心地で、たくさんの地方の金持ちの商人が駐在している所でもある。独特な生活に活気と刺激のある町で、数多くの運河が川の支流とつながっていて、とても風変わりな景色を作り出している。・・・・
 群衆が建物のほうに急いで向っており、特に手品師の周りは人垣ができていて、私たちも巧妙な手品には長い間引きつけられていた。・・・

 私たちが特に楽しんだのは、ここを通る人もあまり注意を払わないような社の一角にある池にいる数百匹もの亀だ。茶店で買うピンクと白のふくらんだ小さな菓子を池に投げ入れる。この菓子は水より軽いので水面に浮いて、しばらくすると亀の群が、大きいのも小さいのも、若いのも年取ったのも、押し合いへし合い菓子を食べようと泳いでくる。この戦いは時には十五分くらい続き、日本人もヨーロッパ人も、子供をも楽しませてくれる。

 大阪では、名古屋や京都でそうしたように、イトーに歌手――ゲイシャつきの晩餐の手配をまかせた。・・・・
 彼女たちの演技は、食事、お茶、きれいに包んだお菓子、冷たい水に入った果物、ショーユ(塩辛いソース)で食べる生卵の軽食などと共に楽しむためにある。
 席に着くと、丁寧に包んだシャミセン、つまり長いギターを持ってきて、ござに座る。あいさつをし、冗談を言い、遊びの相手をし、彼女たちを呼んだ殿方たちに踊りと歌で気に入ってもらわなければならないし、才気と賑やかさで楽しませる任務がある。・・・・
 外国人は、上流階級の女性たちと知り合う機会がないので、この美しい顔立ちの愛想のいい娘たちはありがたい。しかし、なんと彼女たちはおしゃれなのだろう。常に身だしなみに気を使っていて、幅広のベルト間にはさんだ物入れを取り出しては、鏡をのぞき、口紅を塗り直したり、漆黒の美しい髪に櫛を入れたりしている。
 彼女たちにとって笑いはたやすく日常的なことなので、お互いに言葉が分からなくても、陽気な雰囲気づくりには事欠かないのだ。
 彼女たちに接する際、礼儀の限度を越すと大変なことになる。普段から儀式的な態度に慣れているので、少しでも礼儀に反すると、配慮が足りないということを何気なく示す。イトーが呼びに行くと、大阪のゲイシャたちは、私たちがちゃんとした紳士で、大声を出したり、なれなれしくしないかを確かめた。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
池で亀に餌をやり、我先に食べようとする亀をみて、「中国人みたい」と思ったりしたんでしょうか?
Posted by お日本 at 2007年08月03日 23:00
お日本様
>>我先に食べようとする亀をみて
なるほど、そういう想像をしたかも知れないと思われたのですね。
それほど彼の民族性は知れ渡っているということですね。
知らないのか知らないふりをしているのは、利権まみれの日本の媚中政治家、官僚たち。
国民の方がよほどよく知っているのに。
Posted by 小楠 at 2007年08月04日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4861571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック