2007年07月26日

フランス青年の明治1

明治15年、日本到着
 『ボンジュール・ジャポン』フランス青年が活写した1882年という本からご紹介します。
著者のウーグ・クラフトは明治十五年に日本を訪れ、彼が「見たままを写した」写真と「感じたままを書いた」紀行文とをまとめものがこの本です。
著者はシャンパーニュ地方のランスで、シャンパン財閥の長男として生まれ、少年期、青年期にかけて、パリ万国博覧会が二回(1867と1878年)、ウィーン万国博覧会(1873年)も開かれ、ヨーロッパのジャポニスムに大きく刺激を受けたようだとのことです。
krafft1.jpg

引用開始
 上海を出発して二日後、三菱の船は外輪式でずっと振動しているから、あまり快適とはいえないたびの末、東京丸は長崎に寄港した。・・・翌朝、私たちは下関の海峡に錨を下ろした。・・・ここで外務卿の井上氏(井上馨)が乗客の一人として加わることになった。彼は下関に、朝鮮での出来事(壬午軍乱)のために来ており、東京に戻るところだった。・・・・・
 たくさんの人たちが大臣の見送りに来ていたので、私たちは、世界で最も追従的と思われる日本のマナーの数々を目の当たりにすることができた。
 それは数えきれないほどペコペコと頭を下げる動作の連続だった。それぞれが何度も何度も体を曲げ、地面に頭がつかんばかりに下げるのである。奇妙な口笛を吹きながら、手を膝の上で上げたり下げたりしながら、作り笑いを惜しみなく浮かべるのである。かわいそうな大臣とお付きの人たちは、お辞儀された分だけ挨拶を返さなくてはならないから、頭を下げ足をこすり合わせ続けていた。・・・・・

 八月十五日、神戸の外国人租界に到着、・・・日本はどこでも電信線が引かれており、何年も前から鉄道も走っていて、特に大阪経由の神戸・京都間、横浜・東京間は発達している。中国では、1876年にいち早く引いた上海・呉淞間の鉄道を破壊して、首都と地方都市を結ぶ線の建設許可の決断も下せなかったのである。隣国同士でこれほど違う民族については、書いても書ききれないほどである!・・・・
 神戸近郊の布引の滝は、旅行者にとっても住民にとっても、魅力的な散歩コースとなっている。私たちは狭い急流へと通じる坂道までジンリキシャ(人力車)で行く。・・・・私たちが頂上のチャヤ(茶屋)と呼ばれている茶を飲ませる店に近づくと、二人の気取った女たちがわざわざ出迎えにやってきた。さまざまな身振り手振りをしながら私たちを歓迎し、案内するために手を取った。ござに座らせ、小さな磁器の茶碗に、あまり色はないが香りのよいお茶を注いでくれた。ヨーロッパの同じ階級の娘たちと比較した場合、気取らず親切で、優雅で優しいこの娘たちに軍配が上がる。

 この小柄で楽しい人たちの給仕で、甘いお菓子を食べ飲み物をすすりながら、私たちは素晴らしい景色を飽きることなく眺めていた。・・・・
 これらは中国の砂漠とは全く対照的な魅力的な景色をなしていた。
 本やアルバムを手に空想にふけっていると、突然、日本人女性の一団が水浴びにやってきた。わらで編んだござに座りお盆を用意して、長くて先に指抜きのついたペンのように細いパイプをとりだす彼女たちの姿ほど面白いものはない。
 服を脱いで明るい色のガウン(浴衣)に着替えてから、地面にピンや紐を散らかしながら、手の込んだ髪をお互いに崩しにかかった。私たちとの間に衝立を置き、目隠しのようなものを一応つくったが、私たちのことも、また気晴らしに滝を浴びにきたアダムの格好をした(裸の)男たちが見えても、気にかける様子はまったくなかった。
 厳格なイギリス人たちのように、自分たちの作法に反しているからといって目を覆うつもりはない。日本の作法にただ驚くばかりである。男、女、子供が一緒でも声を出して騒ぐわけでもなく、みだらなおふざけもなく、私たちにしてみれば考えられないほど丁寧に体を洗っているのである。日本人が清潔であることは有名だが、おそらく世界中で最も水と親しんでいる民族ではなかろうか。こんな瞬間でも、中国人の三つ編み(弁髪)を引っ張って、布引の滝を浴びせてやりたい気持ちである。・・・・

 十八日、横浜に到着したので、私たちの船旅はここで終った。ほとんどの船客は神戸で船を下り、そこから陸路で東に向かう。旧首都・京都と新首都・東京を結ぶ非常に有名な東海道と中山道、それは東海沿いの道と、中央山地を通る道のことだが、それを行くのである。
 私たちの予定としては、この二つの道を横浜から出発して通ろうと思っている。
 私たちは海岸通りにあるグランド・ホテルに泊まることにした。ここはフランス人が経営しており、彼らの居留地にある。・・・・
 現在の横浜は、人口のうち約六千五百人が日本人、四千人の外国人のうち二千人は中国人で、・・・・
写真は山手六十番の家
krafft2.jpg

 私たちもここ山手に、二日前から住んでいる。何ヶ月も前から考えていた計画を実行に移して、日本に長い間住んでいる、オランダ人の所有する六十番の家を借りることにした。
 この新居を、将来予定している遠出や旅行の拠点とするため、なるべく快適に過ごせるように整えた。私たちが昨日雇ったガイドと旅行に出ている間は、ウィルという男が留守番をしてくれることになった。ガイドの名前はイトーといって、完璧に英語が話せる。
 外国人が決められた範囲の外に行く場合に、欠かせないものが二つある。パスポートと紙幣である。
引用終り
posted by 小楠 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4819380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

反日という虚妄を打破せよ
Excerpt: 参院選は終盤に入り、まさに佳境だ。 本来なら、憲法改正を争点に民主党は割れる可能性さえあったと思う。しかし、年金問題や事務諸経費だという、憲法や安全保障、外交といった国家の根幹に関る問題に比べれ..
Weblog: 白雲
Tracked: 2007-07-26 21:43