2007年07月23日

親日台湾人の中国観1

 今回ご紹介する著者は、ほとんどの日本人は、中国人の民族性を全く理解していないと嘆いています。日本国内、或は日本人同士では、日本人の交際マナーはすばらしいものがあると思いますが、他民族を相手にする場合は、その民族性を十分把握した対応が必要でしょう。特に中国のような民族を相手の場合は、日本人の美徳がことごとく悪用、利用されているようです。
楊應吟氏の著「素晴らしかった日本の先生とその教育」という本の中から、氏の中国観が記されている部分を引用してみます。
ouyogin1.jpg

引用開始
中国の「軟土深堀」根性
 日本人は、あまりにも中国人の本質を知らなさ過ぎます。我々台湾人は半世紀にも亘る間、中国人と生活をしてきました。そして今日に至るまで対立し続け、彼らの根性を知り尽くしています。中国人は「軟土深掘」という根性を持っています。字義から見ても分かるように、「土軟らかずんば、更に深く掘れ」、つまり相手が弱いと見れば更に付け込んで噛み付いていけ、という汚い根性を持っているのです。・・・・
 今の日本の政治家は、一部を除きあまりにも中国に対する認識が無さ過ぎます。中国に対して遠慮し、大人しくしていれば全てがうまく行くならば問題は無いのですが、現実はそうではありません。中国への遠慮が、やがては日本を更に追い込むことになりかねません。

眠れるブタ、中国
 過去においては、1886年に、大清帝国は日本を威圧するために、北洋艦隊の四艘の新鋭戦艦を、予告も無く修理の為と称して長崎港に乗り入れました。上陸した数百名の清国水兵は、暴挙、強奪などさんざんに暴れ狂い、この長崎事件は当時の日本全土に一大ショックを与えました。そこから日本人の中に、支那に対する敵愾心が烈火の如く燃え上がりました。
 ただ、日本の外交手段の稚拙さには定評があり、なかでも史上「侵略国日本」の悪名を残したのは、「対華二十一カ条の要求」でした。しかし二十一カ条の中には山東問題など、日支交渉だけで解決出来ず、第一次大戦後のパリ講和会議やワシントン会議にまで持ち込まれたものもありました。結局、二十一カ条のうち、消滅したものを除き、中国側が承諾したのは四カ条に過ぎなかったのです。それにもかかわらず、中国は二十一カ条全部を呑まされたように世界に伝えました。・・・・

 当時、北京、上海、南京には外国の租界がありました。上海には、日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、ポルトガルの八カ国、北京にも、日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリアの五カ国がありました。
 東南アジアでは大東亜戦争が終わってから、ベトナム、ミャンマー、インドネシア、マレーシアが独立し、それまで植民地で搾取し続けていた宗主国のイギリス、オランダ、フランスは撤退して行きました。そして、今までの「眠れるブタ」は「目覚めた龍」に変身してしまったのです。
 日本は眠れる大国を刺激する名人だと言われてきました。・・・・・
 あの眠れるブタにもし支那事変という刺激がなければ、今日の中国は出来ていなかったことは誰もが認識できることです。ですから、中国は日本に感謝こそすれ、「反日」はもっての外のはずなのです。今日中国が近隣諸国に行っている数々の横暴を考えると、日本が「眠れるブタ」を起こしてしまったことは大きな間違いであったと言いたくなります。・・・・

不毛な日本の謝罪
 結果論からすれば、東南アジアの色々な国が、西欧諸国の植民地だった国が独立して立派にやっている現実があります。それはとりもなおさず、この戦争があって、欧米列強に殆どの国が支配されていた東洋の一民族である日本が、あの列強に対してあれだけやった、そして実際に西欧の連中を日本が追っ払ったという事実があったからです。
 この戦争がなければ、ずっと支那も支那のままで今日には至っておりません。そのときの支那というのは、世界列強が租界を持つ位の、どちらかというと非常に「弱い国」、「眠れるブタ」のようなもので、もし日支事変がなければ今日の中国はありませんでした。今は何かというと「龍」だとか自分で言ってのぼせていますが、「龍」にはなれない国です。「眠れるブタ」で終っていました。あの頃には世界の色々な国の租界があり、その公園の入り口には「犬と支那人は入るべからず」という立て札が立ててありました。

 今は租界はありません。この戦争がなかったら、やはりまだ中国は租界があるままだったでしょう。ソ連をはじめ世界中の国々全部が寄り集まってきて、いまだ軍閥の社会が続き、内戦が絶え間なく続いていたかも知れません。内乱ばかりで、国民党は共産党といつまでもそこで戦っていて、埒が明かなかったかも知れないのです。
 困るのは今の中国人民です。共産党は「人民のため」という大義名分で戦っていましたが、実際に内戦により被害を受けたのは人民です。共産党が人民のための政権であれば、解放後は人民は幸せになっているはずですが、相次ぐ動乱で実はそうではありませんでした。
 最近でこそ中国全土がほぼ統一され、特に沿岸付近は世界並みの良い生活をしていますが、それも日本や諸外国の外資や経済協力があってここ二十年やそこらで発展したもので、これを見ても近代以降の中国は独力では何も出来ない国だということがわかります。実際に、内陸部はいまだ未開発のままで、それを見ても想像がつきます。・・・・・

 阿片戦争で中国をあれだけ痛めつけたイギリスは、大して中国からは非難はされず、日本だけがこのように言われることには何か理不尽を感じます。
 かつてイギリスは、1926年に四川省万県でイギリスの商船が中国に拿捕された時に、砲艦二隻を派遣し、徹底的に町を破壊し、報復しました。これに恐れをなして懲りてしまったのか、その時まで中国で高まっていた反英運動はすっかり息をひそめてしまいました。
 ところが、日米英の領事館襲撃などの事件に対して、他国は武力でこれを抑えましたが、日本はそうはせず、そのまま蒋介石を支援し続けました。結果として、軟弱とも思える寛大な措置は、却って侮られることとなり、日本は中国ナショナリズムのはけ口とされてしまいました。日本の「優しさ」が徒になってしまった訳です。これが、「軟土深堀」と言われる中国人の民族性です。
引用終り
posted by 小楠 at 07:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国
この記事へのコメント
まったく“ブタ”の一言ですね。ただ貪欲なだけで文明のかけらも備わっていない畜牲です。礼節は文明がもたらすものですが何を勘違いしているのか日本の為政者の多くはこの“ブタ”に対していまだに礼儀を重んじて贖罪意識を持っています。無駄なことが明白になった今日、即刻改めなさいと叫びたいですよ。礼節は“人”に対して重んじるものです。失礼いたします。
Posted by ケイさん語録 at 2007年07月23日 10:58
ケイ様
>>礼節は“人”に対して重んじるものです。

さすがにケイさん、手厳しいですねー。
けど、あの民族に対しては、これくらいの認識で対処しないと、全て裏切られてしまいますね。
日本も相手をしっかり見て、相手のどうしょうもない低レベルの対応が必要ですね。
Posted by 小楠 at 2007年07月23日 12:21
あなたはまったく中国のことわかっていないね!中国を目覚めたのは鴨片戦争です。日本の政府が侵略戦争が反省しないのは良くないと思います。そのまま行けば、再び日本国民に原爆の味を・・・今は全世界は日本だけですね、原爆の奴隷。永遠にアメリカの忠実な犬!!!特にあなたみたいな人は、日本国民の罪人です。気の狭い日本は中国の犬なってもいらないなぁぁ!
Posted by ひろ(肖磊) at 2007年09月20日 13:54
>>ひろ(肖磊)

やっぱり、お前ら中国人はいつまでも世界最低最悪の畜生だなw
中国人に人権不要ってのは法学の初歩ってのは本当だなw
Posted by ラオーロ at 2010年04月26日 01:59
おいおい、日本のゴキブリ野郎どこが中国で殺人したのは忘れたのか???

独立だぁ???で、それがどうかしたのか??
じゃぁアメリカはロシアから日本まもったから いいのかよ
Posted by 高橋 at 2011年01月26日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4787986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック