2007年07月05日

通州事件特派員特電

鬼畜も及ばぬ残虐

 昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本があります。約750ページにもなる分厚い本ですが、昭和十二年七月の盧溝橋事件から十月末の上海事変ころまでの特電を集めたもので、ここでは有名な通州事件関係の特電から一部掲載します。
また、日本軍を執拗に挑発し、和平を阻害する裏には、ソ連と中国共産党の策謀そしてアメリカの蒋介石援助があることは周知の通りです。
時は昭和十二年のことです。
写真は被害甚大の近水楼
tokuden2-5.jpg

引用開始
【北平三十一日(七月)発・東日大毎特電】
 通州反乱保安総隊顧問、村尾昌彦大尉夫人が頭に包帯をして顔その他に傷を受け三十日深夜命からがら冀東政府長官秘書孫錯氏夫人(日本人)とともに北平交民巷に逃げ込んだ。身震いが止まず反乱隊の残虐ぶりをポツリポツリと語った。

 保安隊が反乱したので在留日本人は特務機関や近水楼などに集まって避難しているうち二十九日の午前二時頃守備隊と交戦していた大部隊が幾つかに分れてワーッと近水楼や特務機関の前に殺到して来て、十分置きに機関銃と小銃を射ち込みました。
 近水楼の前は日本人の死体が山のように転がっています。子供を抱えた母が三人とも死んでいるなど、二た目と見られない惨状でした。私達はこの時家にいました。二十九日午前二時頃保安隊長の従卒が迎えに来たので洋服に着かえようとしたところ、その従卒がいきなり主人に向ってピストルを一発射ち主人は胸を押え「やられた!」と一声叫ぶなりその場に倒れました。
 私は台所の方に出て行って隠れていると従卒がそこらにあるもの片っ端から万年筆までとって表へ行きました。そのうちに外出していたうちのボーイが帰って来て、外は危ないというので押入の上段の布団の中にもぐっていたところ、さっきの従卒が十人ばかりの保安隊員を連れて家探しをして押入れの下まで探したが上にいた私には気づかず九死に一生を得ました。
 家の中には主人の軍隊時代と冀東政府の勲章が四つ残っていました。それを主人の唯一の思い出の品として私の支那鞄の底に入れ、主人の死体には新聞をかけて心から冥福を祈り、ボーイに連れられて殷汝耕長官の秘書孫一珊夫人の所へ飛び込み三十日朝まで隠れていましたが、日本人は皆殺しにしてやるという声が聞え、いよいよ危険が迫ったので、孫夫人と二人で支那人になり済まして双橋まで歩きやっとそこから驢馬に乗ったが、日本人か朝鮮人らしいと感づかれて驢馬曳などに叩かれましたが絶対に支那人だといい張ってやっと三十日午朝陽門まで辿りつきましたが、門がしまっていたので永定門に廻りやっと入り、三十日夜十一時日本警察署に入ることが出来ました。

 冀東銀行の顧問三島恒彦氏が近水楼で殺され、冀東政府の島田宣伝主任等も虐殺されたらしく、近水楼にいた日本人は殆ど殺されているでしょう。昔シベリアの尼港惨劇も丁度このような恐ろしさであったろうと思います。 反乱した張隊長は毎日家に遊びに来て「好朋友、好朋友」などといい非常に主人と仲良しだったのに、こんなことになるとは支那人ほど信じ難い恐ろしい人間はないでしょう三人の遺骸は必ず私の手で取りに行きます。
 なお危険地区を突破した夫の唯一の形見を肌身離さず持ち帰った沈着なこの夫人の行動は避難邦人の賞賛と感激を受けて同夫人に対する同情は翕然と集まっている。

邦人大量虐殺の陰謀[天津事件の真相]
天津五日発・朝日特派員 永田正義

 通州の邦人虐殺事件は、かの惨虐非道なる尼港事件を彷彿させるもので、九千万同胞の腸を断たしめるものがあるが、天津日本租界及び軍閥系機関襲撃の支那敗残兵の遺棄した命令書や捕虜の自白、憲兵隊、領事館、警察署などの調査によって恐るべき計画が立てられて居た事が判明した。
 情報を総合するに、去月二十九日未明天津租界及び軍関係諸機関を襲撃した支那軍は天津保安隊凡そ四千名、第二十九軍の正規兵凡そ二千名合計凡そ六千名と称されるが、敵は第二十九軍の首脳部の命を受け二十六日頃から通州襲撃の保安隊及び正規兵と連絡をとり、北清事変議定書によって正規兵は天津市内に入る事を得ざるを以て便服に着替えて大胆にもトラックを以て続々天津に侵入、機関銃、迫撃砲、小銃、青龍刀などを蔬菜や貨物の下に隠して運び込み、或は天津郊外の民家に隠して時の到るのを待って居た。

 二十七日夜、日本租界及び日本軍を二十九日午前二時を期して襲撃すべしとの指令が発せられた。敵は二十八日夕刻から南開大学、市政府、保安総局、警備隊本部などに集結し武装して各部署に就いた。敵の襲撃目標は軍関係並に駐屯軍司令部、○○飛行場、東站、総站、糧秣倉庫などで、この外に日本租界及び租界外の東洋紡、公大紡、鐘紡の各邦人経営工場であった。即ちわが軍の第一線出動によって天津における兵力の不足を探知した支那軍はその手薄に乗じて支那駐屯軍司令部を占領して、北支における我軍の中枢機関を潰滅せしめ、各地に善戦して居る第一線部隊との連絡を断ち窮地に陥れ、○○飛行場の襲撃によって我軍の活動にに致命的損害を与え、一方東站、総站を占領して日本軍及び弾薬糧食の輸送を不可能ならしめ、更に糧秣倉庫を掌中に収め第一線日本軍の糧道を断たんとしたものである。

 最も戦慄すべきは日本租界を襲撃し先ず総領事館、憲兵隊、居留民団警備隊、特務機関、発電所等を占拠した後三千人の支那兵は租界内の邦人(半島人を含む)約一万五千人を虐殺し掠奪を悉恣にした上、日本租界を占拠し、茲に青天白日旗を翻して天津から邦人を一掃する意図を有して居たのである。もし租界の守備線において一角でも崩れたらんには兵力不足の租界は敵の蹂躙するところとなり通州以上の邦人大虐殺が行われるところであった。
 支那兵は第一回の襲撃失敗にも懲りず二十九日深更から三十日未明にかけて第二回の夜襲を行うことになり兵力を分散させては攻撃力を減殺されるところから今度は兵力の最も脆弱な租界に全兵力を集中して、前回の失敗を取返し邦人大虐殺を行うべく作戦中、これを探知した我軍は飛行機と大砲をもって空陸相呼応して敵の本拠たる市政府、南開大学、保安総隊、東站附近の民家を爆撃殲滅したものである。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
まさに“チャンコロ”そのもので、怒り爆発。
朝日の記者が書いた(半島人を含む)・・・とは笑えました。
Posted by k at 2007年07月05日 21:16
ケイ様
>>朝日の記者が書いた(半島人を含む)・・・とは笑えました。

今の朝日の社員らは恥を全く知らない連中の寄せ集めでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年07月06日 07:45
Posted by 落ち着こう  at 2012年09月18日 16:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4590565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック