2007年06月27日

盧溝橋特派員特電3

政府、中外に重大声明
 
 昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本があります。約750ページにもなる分厚い本ですが、昭和十二年七月の盧溝橋事件から十月末の上海事変ころまでの特電を集めたもので、当時の事件が生々しく伝わってきます。では、事件毎に一部を抜き出して引用してみましょう。時は昭和十二年のことです。
 今の朝日新聞とは正反対の論調ですが、これは当時の情勢そのままの記事として真に迫るものがあります。今の朝日の論調なら、シナ軍の暴挙は隠蔽し、日本軍のアラ探しをして報じることでしょう。しかし彼らの先輩記者は、事実をそのまま伝えていました。
写真は日支の衝突現場
tokuden02.JPG

引用開始
【朝日七月十二日朝刊】
 政府は十一日の緊急閣議に於て北支事変に対する帝国政府の根本方針に関し廟議一決すると共に近衛首相より上奏御裁可を仰いだ後左の如く中外に声明した。
声明全文
 相踵ぐ支那側の侮日行為に対し支那駐屯軍は隠忍静観中の処、従来我と提携して北支の治安に任じありし第二十九軍の七月七日夜半、盧溝橋附近に於ける不法射撃に端を発し、該軍と衝突の已むなきに至れり、為に平津方面の情勢逼迫し我在留民は正に危殆に瀕するに至りしも、我方は和平解決の望を棄てず、事件不拡大の方針に基き局地解決に努力し、一旦第二十九軍側に於て和平的解決を承諾したるに拘らず、突如七月十日夜に至り彼は不法にも更に我を攻撃し、再び我軍に相当の死傷を生ずるに至らしめ而も頻りに第一線の兵力を増加し、更に西苑の部隊を南進せしめ中央軍に出動を命ずる等、武力的準備を進むると共に平和的交渉に応ずるの誠意なく、遂に北平における交渉を全面的に拒否するに至れり。
 
 以上の事実に鑑み、今次事件は全く支那側の計画的武力抗日なること最早疑の余地なし。思うに北支治安の維持が帝国及び満州国にとり緊急の事たるは茲に贅言を要せざる処にして、支那側が不法行為は勿論、排日侮日行為に対する謝罪を為し、再び今後斯かる行為なからしむる為の適当なる保障等をなすことは、東亜の平和維持上極めて緊要なり。よって政府は本日の閣議に於て重大決議を為し、北支派兵に関し政府として執るべき所要の措置をなす事に決せり、然れども東亜平和の維持は帝国の常に顧念する所なるを以て、政府は今後共局面不拡大の為、平和的折衝の望を捨てず支那側の速なる反省によりて事態の円満なる解決を希望す。又列国権益の保全に就ては固より十分之を考慮せんとするものなり。

銃火に孤立の北平
北平十一日発・読売特派員 村上知行
 北支那の杜の都、古都北平は今や硝煙のなかに孤立した。盧溝橋に暴戻二十九軍の銃声起るや布告された戒厳令は軍警の手によってますますその警戒をきびしくし、邦人といえば有無をいわさず訊問する、殴打する、というまったく人道を無視した敵対行為に出で、この戒厳令は今のところ日本人に対して布かれておるというような奇妙な印象を与えている。

 ことにひどいのは、北平在留の邦人が雇っているボーイに対する軍警の迫害、商取引や出入の自動車業者にまで不当な圧迫の手が戒厳令の名のもとに加えられておることだ。電話も日本語で通話していると交換手が意識的に切るなどの通話妨害はザラだ。それに西城新街口の邦人アパート忠順旅館への二十九軍の闖入暴行掠奪事件は、いつなんどきこの暴戻な魔の手が東城の邦人居留地域にのびるかもしれないという危惧の念をあたえ、邦人はまったく生きた気持ちもない。
 北寧線の一般列車は不通で前門の東站(東停車場)には動かぬ客車がさながら巨大な蛇体の抜殻のような感じで灰色の城壁に沿う鉄路にねそべっている。各城門はもちろん戒厳軍警の手によってがっちりと閉鎖され、邦人は洋車で市内を歩く自由さえない。戒厳の主力部隊は西直門に面した西城旃檀寺にある張子均の軍隊である。邦人アパートを襲ったのもこの軍隊である。

 冀察政権樹立以来鳴りをしずめていた北平市内各大学の抗日学生団、藍衣社員、共産党員たちは一斉に活発な活動を開始し、昂然として対日宣伝のアジビラをバラ撒いている。
 北平市の名物槐樹の深い茂みのかげにうごめく影をみてさえ邦人はと胸を衝かれ、遠く湧いて硝子戸をピリリとふるわせる砲声を耳にすると、孤立の北平はさながらに虎穴にあって狼群の咆哮を聴く思いである。市内は昂然たる抗日学生の示威遊行、いつもならこの夏のひと夜さを漫歩して鶏糸炒麺の味とアヴェックでゆく女学生たちの胸にさした晩香玉のむせるような甘い匂いに異国の感傷をわかせる詩の古都北平もいまは硝煙につつまれて軍警の叱咤する『誰呀? 上那皃去呀?』(誰だ! どこへゆく?)のとげとげした怒声が聞えて来るばかり・・、戦雲に漂う廃都の如き感じである。

 邦人の密集している街区といえば東単牌楼の八賓胡同あたり一帯であるが、ここではこの日朝から巡警に殴打された、誰某は張子均の兵士に訊問された、という噂ばかりである。公使館区交民巷から東安門一帯は北平の浅草ともいうべき前門の盛り場につづく山の手風の一廓であるがどの大使館、公使館の守備兵も銃剣を光らせて前方の宵闇に白く浮ぶアカシアの街路樹の防虫剤に白い樹幹を黙々とみつめるばかりである。
 宵闇の北平! 孤立した北平! 暴戻な二十九軍の銃剣に包囲された北平! しかし一方、松井特務機関長や橋本天津軍参謀長の顔色は平静である。『お久しぶりです、御苦労さま』というと参謀長は微笑を浮べて『ヤア』とかるく答える頼もしさ―北平城内のさる公館における風景である。

 ここへあわただしくかけこんで来たのは冀察委員会の林耕宇だ。蒼白な顔で『齊燮元が御出発前一目お目にかかりたいそうです』と縋りつくが、参謀長はなんとも答えず毅然たる顔つきである。すがりついた林は呆然として、平素にかわらぬ参謀長の顔色をみつめるばかりである。そこへ事変当初から夜間の衝突を避けさせるため盧溝橋のただ一人の日本人として乗込んでいた中島中佐が顔を出した『今夜も行くぞ、もう衝突はなかろう、俺は酒ばかり飲んどるよ』、参謀長の姿はいつの間にか掻き消え、二十九軍桜井顧問が秦徳純のところへ行くのだと偉大なる頭を振りながら駆け出した。こうしたゴッタ返しの中で記者が某氏に『宋哲元はどうしていますか』と聞くと『楽陵で昼寝をしとるんじゃろう』とわらった――あ、また砲声だ、夜の大気をふるわせて近づく爆音は敵か?味方か?謡言しきりにとぶ魔都北平の在留邦人は、避難準備を終ったトランクのかげから部屋の亜字窓の桟を通して一せいに耳をアンテナにして味方の来援を待ちわびるのだ。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4490808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック