2007年06月19日

ケンペルと元禄の日本4

各奉行屋敷への訪問

1690年(元禄三年)7月4日に日本にやってきたケンペルの「江戸参府旅行日記」の中から、1691年2月13日に長崎を出発して、江戸参府を行った当時の日本人との交際にあたる部分を、少し引用掲載してみます。ここは前回と同じ日の出来事から続けます。これは300年以上前の日本の姿です。
画像は謁見の広間の内部
naibu.jpg

引用開始
 もう午後3時であった。・・・今日にも贈物を携えて、老中と若年寄を儀礼的に訪問しなければならなかった。そこでわれわれは将軍の御殿を離れ、大番所にいた主立った人々に、通り過ぎる時挨拶をし、歩きつづけた。
 贈物は、一つもわれわれの目につかなかったから、すでにわれわれが行く前に、めいめいの屋敷に書記役が持参し、たぶん特別な部屋に置いてあるのだろう。
・・・どの屋敷へ行ってもわれわれは書記役に丁重に迎えられ、短時間なので当然のことであるが、挽茶や煙草や菓子を出してもてなされた。われわれが通された部屋の簾や障子の後ろは、女性の見物人でいっぱいだった。もしわれわれが彼女たちにおどけたしぐさを少しでもやって見せたら、好奇心が強いから、大へん喜んで見物したであろう。しかし備後守の屋敷と、城内の北側にある一番若年の参政官[側用人柳沢出羽守吉保。当時33歳]の屋敷以外では、彼女たちは当てがはずれたであろう。備後守の屋敷では少しばかりダンスをお目にかけ、出羽守の所ではわれわれ一人一人が歌をお聞かせした。・・・

3月30日金曜日
 われわれは朝早く、他の役人すなわち二人の江戸町奉行、三人の寺社奉行、外国人や舶来品を監視する二人の宗門改めのところに、われわれの贈物を届けるため、馬で出かけた。その贈物は同じように日本人の書記役が、台に載せてあらかじめ指定された謁見の間にきちんと並べておくのである。
・・・一人または二人の家来の案内で幾つかの部屋を通りぬけ、四方八方どこの場所も見物人でぎっしりと詰っている謁見の間に連れて行かれた。席につくと煙草や挽茶が出された。それから間もなく用人か書記役が一人、時には同僚と一緒に出て来て、主人の名において挨拶を受けた。
 いつもわれわれは目に見えぬ婦人たちの視野の中にあるようになっていた。いろいろな焼菓子や砂糖漬の菓子をわれわれの前に出して、婦人たちのお気に召すように、われわれを引留めようとした。

 二人の宗門改めの奉行は、一人は西南で、もう一人は東北と、一里ほど離れたかなり遠い所に住んでいた。われわれが大へん彼らの愛顧をこうむっていたかのように、大仰な出迎えを受けた。すなわち10人ないし20人の武装した堂々たる服装の侍が、頑丈な棒を横に伸ばして町筋に立ちふさがり、詰めかけた群衆を前へ出ないように抑えていた。

 われわれが家に入った時の出迎えは、他家の場合と同様であった。われわれは次第に中に進み、一番奥の部屋まで案内された。
 それはわれわれも、また見物するために姿を見せた婦人たちも、奥へ行くほど妨げられることもなく、また知らない人々の殺到からなるべく遠のいていられるからである。
 この部屋には襖の代わりに、二間ないしはそれ以上の長さにわたって、われわれの向いに格子柄の簾が下がっていて、化粧した婦人たちが、招かれた女友達や知合いと一緒に、目の前に坐ったり立ったりしていたので、もう坐る席もないくらいであった。われわれが坐り終わると、七人のよい服装をした立派な家来が喫煙具一式を持って来た。次に漆塗りの盆にのせた焼菓子の皿と、それから同じように一切れ一切れを小皿に並べた焼魚、最後には卵焼や殻をむいたゆで卵も出された。そしてその間に燗をした古くて強い酒をすすめられた。

 こうして一時間か一時間半が過ぎると、われわれは歌をうたい、次いでダンスをするように言われた。しかしダンスの方は勘弁してもらった。最初の奉行の所では、火酒の代わりに甘い梅酒を、もう一人の奉行の所では、一切れの混ぜ物の入ったパンのようなものを冷たい褐色の汁に浸け、すったカラシと二、三個の大根を添えて出し、最後に柑橘類に砂糖をふりかけた特別な一皿と挽茶を出した。それからわれわれは暇を告げ、夕方5時には再び宿舎にもどった。

3月31日土曜日
 朝10時にわれわれは三人の長崎奉行を訪ねるため、馬で出かけた。けれども三人のうち江戸にいたのは一人だけで、他の両人は長崎に行っていたが、向うで彼らもまた定めの贈物をすでに受取っていた。けれどもさし当り、各奉行の所になお一本の赤ブドウ酒を持って行った。
 江戸にいた摂津守は、大勢の随員を連れて家の前でわれわれを出迎えた。彼は静かに立ち止り、通詞に近くに寄るように言い、「私の所に来て下さって、しばらくお休みいただくのは、大へん嬉しいことです」と、われわれに伝えるように命じた。彼の一人の弟(義弟か?)はわれわれを特に厚くもてなし、身分の高い人々や友人たちと一緒に、大へん丁重な言葉を交わしてわれわれの相手をつとめた。彼はわれわれに庭の散歩や、他の遊びをしきりにすすめたので、まるで江戸の親しい友人の所にいるようで、長崎奉行に呼ばれているような気がしなかった。暖かい食物と濃い茶が出された。

・・・・われわれはここに二時間ほどいて、それから主殿様の屋敷に行った。ここで一番奥の良い部屋に通され、両側にあるかなり幅広い簾の近くに寄るように、二度も頼まれた。その後ろには、これまでどこでもいなかったほど大勢の婦人たちが坐っていた。彼女たちはわれわれの衣服やカピタンの剣や指輪やパイプなどの品々を、珍しげに、しかも礼儀を忘れずに丁重に眺め、すべての品を簾の間や下から渡させた。不在の奉行の名代としてわれわれを出迎えた者も、その他われわれの周囲や近くに居合わせた人々も、大へん分け隔てない態度を示したので、われわれは彼らの好意的なたびたびの乾杯にもあまり困惑することもなかった。われわれ一同は満足している証拠として、一つずつ歌を聞かせた。出された膳を見ると、料理はすべて十分に心を惹きつけるものばかりであった。
引用終り
posted by 小楠 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4418393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック