2007年06月07日

幕末明治の英紙報道5

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵は長崎のオメズキ[御目付]とオブンゴ[御奉行]
metsuke.jpg

引用開始
外国および植民地ニュース:日本
1859年9月3日号
 最近の中国からの郵便は、6月5日[安政6年5月5日]までの日本からのニュースをもたらした。日本とヨーロッパ諸国との国交は日増しに緊張を加え、数年のうちにこの点では完全に変化が起りそうである。
 電信に関する最初の実験ののちに、皇帝[将軍]は、江戸・長崎・下田・箱根の町々を結ぶ線を架設するように命じた。
 皇帝はまた艦隊の改造も決定し、すでに蒸気軍艦を6隻もっている。それらのひとつ「二フォン号」[咸臨丸=原名ヤーパン号]は周航航海に出たが、エンジンはアメリカ製の350馬力である。。船員はすべて日本人で、彼らは蒸気エンジンの操縦に多大の適性を示している。

 アメリカ領事と日本政府[幕府]との間に難題が起ったが、このほど友好的に解決された。豊かな銅山を発見したひとりのアメリカ人が、日本の法律に反して鉱山と土地に対する権利主張した。政府は反対し、事件は不愉快な局面を迎えたが、そのとき、皇帝は、争いがさらにひろがるのを防ごうと、第三勢力を審判員に選ぶことを提案し、当初はフランスを、ついでロシアを指名した。アメリカ領事[タウンゼント・ハリス]は回答を送らなかったが、発見の当事者は、結果を道徳的に判断して、土地に対する要求は放棄し、鉱山を採掘してその利潤を日本政府と分けあう許可を求めた。この申し出はただちに受理されたが、誰しも本件における皇帝のとった中庸的立場を非常に高く評価している。

長崎の日本人
1860年2月25日号
 ある売店で顕微鏡、望遠鏡、日時計、物差、天秤、柱時計、ナイフ、スプーン、グラス、ビーズ、小間物、それに鏡と、すべてヨーロッパのものを模範にして現地で作った品物を見つけましたが、値段が途方もなく安いので、労働の価値を最低に見積っても、なおこれらの品物からどのようにして利益が得られるのかは謎でした。
 顕微鏡はたいへん巧妙にできていて、ポケットに入れてもち運べるようになっていました。模造のモロッコ革の箱をあけてみると、中には小型の拡大力は強くないレンズが、直立した支柱から少し離れたところに金属の枠で固定されており、同じ支柱の上に調べようとする物体をかけておくようになっていましたが、全体の出来ばえは非常に立派でした

 望遠鏡は充分に厚さのある堅い紙のケースに入っており、木製のところは、革に似せて巧みに漆を塗ってありました。単眼鏡は小型ですがはっきり見え、倍率は大きくないけれど、このような器具がほんの1シリングで売られているのを見るのは驚くべきことでした。もう一種類の優れた日本の望遠鏡を見ましたが、それは、長く伸ばすと6フィートの長さで、まったく故国でだまされやすい親たちが港で子供に望遠鏡を買ってやるとき、わが海軍用装身具商が仕入れておくドランズ製の本物と同じほど、拡大力も強く、まともな品でした。
 長崎での値段は1ドルあるいは5シリングですが、ポーツマスでだったら5ポンドはします! 

 店に陳列してあった日本製の柱時計は、仕掛けも美しい品であって、私たちが聞いていたこと、つまり、この国の人々は金工がとても巧みだということを証明していました。ある柱時計は、故国でよく見る、四角いガラスの覆いを通してあらゆる仕組がよく見えるようになっている卓上時計のようでした。高さが6ないし8インチ、幅も同じくらいで、同じ仕組みのデント氏の製作にかかる最上のものと見分けることさえ困難でした。

 ある日、ある名士はコルト社のピストルとシャープ社のライフル銃を見せて説明してもらうと、その仕様書を手に入れたいといいましたが、それは自分でその製造を企てるためでした。他の一人は江戸でアネロイド気圧計を作りたいといっていました。

 あらゆる部門のガラス製造技術が大流行となり、装飾用のびんのなかには、模様にとても独創的で趣のあるものが見られます。
 鉄製および真鍮製の大砲は直径10インチまでのあらゆる口径のものが鋳造されました。ある大名は最近、信管を改良して砲弾を製造し、またある大名は蒸気で動かす機械類にあまりに熱中し、またあえていっておきたいのですが、オランダ人が汽船の代金として請求した額があまりに巨額だったため、汽船建造工場をつくり、すでに1個の完全なエンジンが製造され、長崎で建造された1船に設置され、実際に港近くで作動されました。(オズボーン大佐よりの便り)
引用終り
posted by 小楠 at 07:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
いつも記事は目を通させていただいてますよ。貴重な情報を有難うございます。
今日は李登輝氏が靖国参拝をされて善き日となりました。

日本人はやはり一味違う?
模倣では終わりませんね。独創をもってオリジナルを凌駕することが素晴らしいです。
今日の帰宅時に寄った本屋で「とてつもない日本」と言うタイトルの麻生外務大臣の本を見つけて買い求めました。2007年6月10日発行だそうです(^^ゞ
彼も期待したい政治家の一人です。
Posted by おばりん at 2007年06月08日 00:13
おばりん様
>>「とてつもない日本」
これ私もどこかの宣伝で見まして、どんな内容なのか興味あります。
おばりん様の読後評を楽しみにしています。
今日から台湾へご旅行とのこと。
また紹介記事なども見せて頂けそうですね。
Posted by 小楠 at 2007年06月08日 09:10
支那人は意匠を盗んできて劣悪な贋物を造るだけで、日本人はそれ以上の本物を造る。しかも安くて壊れない。Made in Japanが世界中から歓迎されて、Made by Chineseが世界中からボイコットされいて当たり前ですね。あっ、本物のChineseもボイコットされていますが。
Posted by k at 2007年06月08日 16:57
>豊かな銅山を発見したひとりのアメリカ人が、日本の法律に反して鉱山と土地に対する権利主張した。

思わずPCの前で「はぁぁぁ?」と言ってしまいました。だけどアメリカ人は、そうしてアメリカ大陸を自分たちのものにしてきたんですからね。あちらとしては当たり前のことなのかもしれませんが。
Posted by milesta at 2007年06月08日 20:38
ケイ様
アメリカやパナマでの、ペット殺しフードや人殺し風邪薬を責められると、逆切れして、フランスの飲料「エビアン」が中国の衛生基準に満たないなどと言い出して、返送しているそうです。
全世界が中国産の経口品をすべてボイコットし、ついでにオリンピックもボイコットしましょう。

milesta 様
カリフォルニアからメキシコ人を追い出したことなど、典型的ですよね。
金が出るとわかったとたんの所業です。
日本は地続きでなかったのが幸いしただけのことでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年06月09日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4277333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック