2007年06月02日

幕末明治の英紙報道1

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース
合衆国の日本遠征
1853年10月22日号(香港、1853年8月10日)

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介します。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、今回からその内容を抜粋引用してみましょう。
london.jpg

引用開始
 今月7日[嘉永6年7月3日]ペリー提督はその最初の日本訪問を終えて当地に到着した。彼の指揮下にあるアメリカ合衆国艦隊は、旗艦サスケハナ号(蒸気艦)、ミシシッピ号(同)、プリマス号(コルヴェット艦)、サラトガ号(同)およびサプライ号(運送船)から成り、去る6月琉球諸島に会し、7月2日にサプライ号だけを残して、すべて日本に向けて出帆した。
・・・8日に艦隊は江戸湾に到達し、浦賀と呼ぶ町の沖に投錨した。そこは江戸から30マイルのところである。
 2、3日にわたる交渉ののち、ペリー提督は300ないし400人の兵員を上陸させ、合衆国大統領の書翰とペリー自身の信任状を、皇帝[徳川将軍]の閣僚の一人で、これを受領するよう命ぜられた、なにがしの守(かみ)に贈った。

 前記の兵員は、半月形をした海辺に整列して、400ないし500人から成る日本の軍隊と陸上で対峙した。双方とも、ひとたび合図があれば会戦に及ぶ準備が出来ていた。というのは、日本人は信頼を裏切るかも知れず、アメリカ人もまた同じ状況にあったので、ともにそうしたことが起らぬように警戒していたからである。しかし、すべては平和裡に済み、艦隊は回答を受け取るため、春になってもう一度訪問するとりきめができた。非公式ながら、皇帝は、きっと大統領書翰に好意的な回答をよこすだろうとの暗示が得られた。この会見の翌日には、数人の日本の役人たちが旗艦を訪れて、多くの贈物の授受が行われた。

 書翰贈呈の儀式が済むと、艦隊は港をさらにさかのぼって、湾内の一部の全般的な測量を行った。江戸の町を見るところまでは至らなかったが、その前方2、3マイルのところにあるジャンク船の投錨地だけは見えた。日本人はこれらの帆船のことをさほど気にしてはいないように思われたが、それでも蒸気艦が自分達のまわりにあるあまりに多くのことを知りすぎてしまうのではないかと、いたく恐れ、また、蒸気艦が、風向きや潮流にさからってまで行動できることには明らかに納得がいかない模様であった。

 江戸湾は世界でも最も美しく広大なものといわれるが、たしかに郊外の風景などは他に類がないほど壮観である。もちろん、もっと近寄って観察する機会はなかったが、日本人に――つまり、彼らの風俗、習慣、服装に――ついていえば、すべてが2世紀以前に[ヨーロッパ人によって]記述されたところとぴったり同じままであるように思われる。・・・・

日本品の展示会 
挿絵は日本品展示会(1854年2月4日号)
tenji.jpg

 地球上でもっとも知られていない国々の一つである日本から、珍奇な品々ばかりの独特な積荷が首都[ロンドン]についたばかりである。ロンドン以外のところに日本の産物が少ないことは、われわれにオランダ商人たちのさもしい営みに対して国際人たちのいだく嫌悪の念を思い起させる。彼らの人目をはばかるような取引を通じて、われわれはこれまで日本の美術・工芸のまがいの見本ばかりつかまされていたからである。

 このコレクションは、去る月曜日[1月30日]にポールモール・イーストの旧水彩画家協会の画廊で公開されたが、わが国では初めての直輸入だといわれている。
・・・・展示品は、木地に漆を塗り真珠やほうろうで象嵌した机、用箪笥、箱などから成り、わが国のパピェ・マーシュ(混擬紙)とは異なって極端な軽さと滑らかさ、また塗料を使わないこと、しかもまた、意匠がほとんどの場合ずばぬけて優美であるという特異性をもっている。さらに日本人特有の装飾品だが、彩色麦藁で非常に美しい意匠をこらしたものもあり、そのなかでも今週号の彫版画に見える鳥の形のついた小箱は最良の見本の一つである。

 ブロンズ製品は稀に見る極めて古風なものであるが、なかでも2個の最大のブロンズ花瓶は形が非常にすっきりしており、図ではテーブルの上に示されているが、マールボロ・ハウスの実用美術博物館のために買い入れられたものだということがわかっている。・・・
 絹の衣装や部屋着も展示してあるが、非常にやわらかで、軽く綿をつめてあるが、日本の貴人の着るものである。・・・
 猿や魚に支えられているテーブルや、各種のパズル箱もあるが、また通常用いられるものよりはるかに上等だという醤油もいくらかある。総じて、これは非常に好奇心をそそるコレクションであり、最近合衆国の日本遠征によってかき立てられた関心にてらして見ると、非常に魅力あるものであることは疑いない。
引用終り
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B
この記事へのコメント
>わが国のパピェ・マーシュ(混擬紙)とは異なって極端な軽さと滑らかさ

とは和紙のことでしょうか?
日本の製紙技術は今でも凄いですよね。日本で何気なく読んでいた文庫本。あんなに薄くてなめらかな紙はこちらにはなく、だから本がみな分厚いのです。子供のノート、ティッシュペーパー、牛乳パック・・・紙という紙は皆日本のものより数段劣り、そのくせ価格は高いんですよ。
Posted by milesta at 2007年06月04日 10:11
milesta 様
>>紙という紙は皆日本のものより数段劣り

そうなんですか、ここで言ってるのは、和紙でしょうけど、昔はレインコートも和紙に油を浸みこませたものだったようで、紙は色んな用途があったようですね。
Posted by 小楠 at 2007年06月04日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4205677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック