2007年05月28日

米国製憲法強要事情7

基本は武装放棄宣言の憲法

 児島襄著「史録 日本国憲法」をご紹介しています。奥付には昭和四十七年第一刷、昭和五十年第六刷となっています。
この本の最後の部分に、著者は『どのような憲法論議を進めるにあたっても、先ずは「日本国憲法」の成立の事情を明らかにすることが、出発点と思われる』と書いています。
 今回の引用は、武装を放棄して、日本は防衛と保護を世界の崇高な理想にゆだねるという現憲法の成立事情の部分です。

引用開始
 ホイットニー准将は、ケーディス大佐の部屋にはいると、手にした黄色い紙片を渡した。特別の用紙ではない。草稿と清書文を区別するため、草稿は色つきの紙を利用するのが、米国のオフィス慣習であり、黄色紙は最も一般的な草稿用紙である。
 その“イエロー・ペーパー”に、鉛筆で数行の文字が書かれている。ケーディ大佐は黙読した。
「天皇は国家の元首(ザ・へッド・オブ・ザ・ステイト)の地位にある。皇位の継承は世襲である。天皇の義務および権能は、憲法に基いて行使され、憲法の定めるところにより、人民の基本的意思に対し責任を負う。
 国家の主権的権利としての戦争を廃棄する。日本は、紛争解決のための手段としての戦争、および自己の安全を保持するための手段としてのそれをも放棄する。日本はその防衛と保護を、いまや世界を動かしつつある崇高な理想にゆだねる。いかなる日本陸海空軍も決して許されないし、いかなる交戦者の権利も日本軍には決して与えられない。
 日本の封建制度は、廃止される。皇族を除き華族の権利は、現在生存する者一代以上には及ばない。華族の授与は、爾後どのような国民的または公民的な政治権力を含むものではない。
 予算の型は、英国製にならうこと」

 いわゆる「マッカーサー・ノート」と呼ばれ、日本憲法改正にかんする「三原則」といわれるものである。もっとも、ケーディス大佐は、最後の予算の項目は独立しているとみなし、「四原則だった」と記憶するが、いずれにせよ、ホイットニー准将は、大佐の眼の動きで通読が終ったのを知ると、いった。
「ご注文の品だよ、チヤールス。これがジェネラルの憲法改正にたいする基本点だ。これだけはどうしても入れる、あとは任せるということだよ」
「・・・・」
(本当ですか)という質問をのみこみながら、ケーディス大佐は、しばし、絶句した。・・・・なによりも驚いたのは、戦争と軍隊の放棄を定めた第二項である。

 ケーディス大佐は、ホイットニー准将を通じて、おぼろげながら、マッカーサー元帥が、日本の「キバ」をぬいておくためには日本に軍隊を持たせたくないと考えているらしいことを、推察していた。
 しかし、いずれ日本の占領は終り、日本は講和条約によって独立主権国の地位を回復する。そのさい、軍隊を持たぬ独立国というものが考えられるだろうか。
 ケーディス大佐も、日本の憲法改正に関連して日本軍隊の将来について考えてみたが、天皇と軍隊との結びつきを断絶することはすぐ思いあたったものの、もし憲法に規定するとすれば、せいぜい兵力の制限までで、まさか軍備全廃には思い及ばなかった。だが、考えてみれば、これはすばらしいアイデアである。いや、これこそ「平和国家」というものではないのか。

「私は、ここまで徹底した発想に感銘をおぼえた。一国が、国家として武装を放棄した実例は過去にない。もし、日本が武装放棄の憲法を宣言すれば、世界の世論に劇的な影響をおよぼすだろう。それは、国際連合の設立以上に、世界の平和に貢献するかもしれない。私には、そのアイデアが誰のものかわからなかったが、誰が考えたにせよ、それを考え出した者は天才だ、と思った」
 ケーディス大佐は、そう回想する。そして、この回想は当時の感慨と変りはなく、ホイットニー准将も、同様の趣旨の感想を述べたという。

 ホイットニー准将は、満足げにうなずき、憲法改正草案を書く民生局メンバーのうち、ケーディス大差とともに運営委員会を構成する統治課長アルフレッド・ハッシー海軍中佐、法規課長マイロ・ラウェル陸軍中佐にも「マッカーサー・ノート」を見せることにして、二人を呼んだ。
 二人の中佐も、第二項の戦争と軍備の放棄、いいかえれば「国家としての武装解除」規定には、びっくりした様子であった。SWNCC指令違反ではないか、という疑問も提起された。SWNCC282指令には、次のような指示があるからである。
「日本の統治機構の中における軍の権威と影響力は、日本軍隊の廃止と共に、恐らく消滅するであろうが、国務大臣ないし閣僚は、すべての場合に文民でなければならないということを要件とし、軍部を永久に文官政府に従属させるための正式の措置をとることが、望ましいであろう
「・・・日本における(軍と民の)『二重政治』の復活を阻止し、かつまた国家主義的軍国主義的団体が、太平洋における将来の安全を脅かすために、天皇を用いることを阻止するための諸規定が設けられなければならない・・・」
 そのために、天皇の「軍事に関する権能はすべて剥奪される」と、SWNCC228指令は指摘している。が、軍隊を廃止せよ、とは、いっていない。

 ホイットニー准将は、ケーディス大佐と顔を見あわせた。たしかに、問題ではある。・・・・
 SWNCC指令は、軍隊の存続を予想している。国家に軍隊はつきものだ、という一般常識にしたがっているからであろう。しかし、軍隊を持たぬ国があってもいいはずである。もし軍隊がなければ、SWNCCが強調する軍隊にかんする警戒規定も必要がなくなる。そして、SWNCCをふくめて対日政策の基本が、日本を再び米国および世界の脅威的存在にしないことにあることを思えば、軍隊廃止はSWNCC指令を超えて米国の目的にかなう措置といえる。・・・・
「諸君、これは最高司令官の命令であり、それ以上のなにものでもない」
と、ホイットニー准将が一巡した“イエロー・ペーパー”を指ではじきながらいうと、ケーディス大佐が、つけ加えた。
「草案作成の作業分担を再確認したのち、明日から仕事を開始するが、第二項については、本官の担当とし、かつ後回しにしたい」
引用終り
posted by 小楠 at 07:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 米国製憲法強要事情
この記事へのコメント
平和憲法なんて聞こえは良いけれど、結局マッカーサーの私怨だったわけですね。フィリピンでの惨敗の恨みを至るところで晴らしていたようですね。

イザ!の古森記者のブログでケーディスのインタビューが連載されているので並行して読んでいます。古森記者に「反日ワクチン」というネーミングが受けていましたね!
Posted by milesta at 2007年05月28日 09:30
milesta 様
これが平和憲法なら、まずアメリカが率先して制定すればいいでしょうね。で、世界にこれを採用するように言えばいいでしょう。
古森さんには以前、ワシントンに南京戦の記録映画のビデオをお贈りして、アメリカ人に見せて下さいとお願いした縁で、私のことを覚えて下さっているようです。
Posted by 小楠 at 2007年05月28日 17:38
古森記者とは、そんな経緯が有ったのですね!
私は個人的なお付き合いなどはありませんが、古森記者が毎日新聞から産経新聞に移られたときに、我が家も購読を毎日→産経に換えたので、何となく親しみを感じているのです。
Posted by milesta at 2007年05月29日 10:40
milesta 様
古森氏から丁寧な礼状が届きましたので、礼儀正しい人だと思っていました。
>>我が家も購読を毎日→産経に・・
実は私も昔は朝日があまりにもひどいので→毎日と変えましたが、それでもだめで、今はweb で主に産経を見ています。
今では最も正論の新聞ですね。
Posted by 小楠 at 2007年05月29日 14:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4136356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック