2006年02月26日

マオ 上下

mao2.jpg
マオ 誰も知らなかった毛沢東 の上下を読んでみました。
とんでもない独裁者ぶりが描かれています。
絶えず数人の若い女性を大きな木製ベッドに連れ込んでた
ことも徐々に公然となって行ったようですねー。
中でもハッとしたのがこの一文。
★張作霖爆殺は一般的には日本軍が実行したとされているが、
ソ連情報機関の資料から最近明らかになったところによると、
実際にはスターリンの命令にもとづいて、ナウム・エイティンゴン
(後にトロッキー暗殺に関与した人物) が計画し、
日本軍の仕業に見せかけたものだという。

あの当時、いかにスターリンが日本軍を挑発し、戦線を南方へと
引きずり込み、泥沼化させようとしていたかがわかります。

これと同時にこちらもお薦めです。「毛沢東の私生活」上下。

mao3.jpg

毛沢東の侍医兼医療班長として、22年間仕え、死も見取った方が
書いています。マオの内容とほとんど合致していますよ。





posted by 小楠 at 13:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚から真実を
この記事へのコメント
小楠さん、待ってました〜!! おめでとうございます。南京事件に関する報道や記事が出る度に、中国の反日プロパガンダに怒りが収まりません。根本的に日本人と国民性が異なる中国人と言う事を常に頭に置いて考えないといけませんね。今後とも宜しくお願いします。

Posted by カピタン at 2006年02月26日 16:14
Master さん有難うございます。
私の本棚から、今まで反日が隠して
きた様々な歴史上の真実を訴えて行こ
うと思っています。
時事問題と言うほどの更新は出来ない
かも知れませんが、若い人たちに
知って欲しいと思うことを、その都度
発表したいと言うのが趣旨です。
Posted by 小楠 at 2006年02月26日 17:50
小楠さん(何だか呼びづらい・・・)の新たな一面を垣間見たような(^^;)
この手の話題は難しいですよね。だっくにとってはとっても気分の良い話題だけど、中にはそうでない人も多数いますからねぇ。
Posted by だっく at 2006年02月26日 18:40
あらら、だっくさん有難う。
小楠は横井小楠にあやかって、
つけました。明治維新の展望を示した
人で、shonan と呼びます。
だっくさんの「怒」掲示板とも少し
似たところがあるでしょう。
Posted by 小楠 at 2006年02月26日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/402313

この記事へのトラックバック

嵌められた日本〜張作霖爆殺事件1
Excerpt:  ユン・チアンとジョン・ハリディの共著『マオーー誰も知らなかった毛沢東』(講談社)は、衝撃的な本である。  新しい膨大な資料や多数のインタビューをもとに、20世紀屈指の指導者・毛沢東の知られざる実像..
Weblog: ほそかわ・かずひこの BLOG
Tracked: 2006-03-14 15:28