2007年05月10日

支那事変南京陥落

当時の出版物に見る南京入場

参考記事
 支那の大嘘と朝日新聞のため、未だに問題となっている南京戦について、
 南京陥落から約八ヶ月後の昭和十三年八月から、事変の経緯と支那各地の知識を解説した内容を現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されています。幅広の手帳サイズの本ですが、支那事変の推移を詳細に記録しており、今回はその中巻にある南京陥落から、昭和十二年十二月十七日の南京入場式に至る部分を掲載してみます。
 中国はこの時点から六週間に亙ってとされる、例の大虐殺の嘘を世界にばら蒔いていますが、これのどこに虐殺してる暇があったのでしょうかね。
六週間で三十万人ということは、一睡もせず徹夜で毎日七千人以上殺して、その死体を運んで埋める等の処理、一方では入城式の準備やインフラの修繕作業も同時に実施。物理的にも不可能でしょう。
いいかげんにしろ!中狂と浅卑新聞!!
(字が小さく古い本なので、漢字の読取が間違うかも知れませんが、大抵は地名などの固有名詞の場合が多いので、ご容赦下さい)
nankin005.jpg

引用開始
[敵毒ガスで逆襲]
 十日夜半より早暁にかけて、光華の伊藤部隊正面に大逆襲し来った敵は、城壁を奪回せんと、必死の勢い物凄く手榴弾、機関銃の外、催涙弾を雨注し来り、我が将兵は直ちに防毒面をつけて応戦、一時は非常な苦戦に陥ったが、肉弾戦を以て之を撃退したのである。

[長江北岸奇襲]
 九日當塗を占領した長野、山田両部隊は十日夜陰に乗じて、一挙に揚子江を渡り、奇襲をもって北岸に上陸、十一日払暁烏江の敵を急襲して之を占領、息つく間もなく省境を越えて江蘇省に進入した。これが為、南京籠城の敵が唯一の血路と恃んだ最後の退路も遂に遮断され、南京六万の敵は完全に我が包囲下に陥ったのである。

[南門撃破]
 わが新鋭部隊の先鋒長谷川部隊は、十二日午後零時十分、南京城中華門(南門)を破り、城内に突入して、城内到る処に壮烈なる市街戦を展開したが、緒方敬之中佐の一隊によって、南門は占領されたのである。続いて岡本(保)部隊も、中華門に突入したのであった。

[南京完全占領]
 かくてわが南京城攻撃軍は、十三日夕刻南京城を完全に占領したのである。江南の空澄み日章旗は城頭高く夕陽に映え、皇軍の威容は紫金山を圧した。
 かくて南京は世紀の感激の裡に見事陥落したが、各部隊は城内の残的掃蕩と、市内整理に当ったのである。この南京攻略戦で失った敵兵は、六万を下らぬと推察された。

【南京入場式】
 世紀の驚異と、歓喜茲に爆発する南京入場式は、十七日雄渾壮麗に行われた。この日紺碧の空澄み渡って、雲一つなく、銃火収まった新戦場には平和の曙光が満ち溢れていた。
 陸海軍各部隊は、午後一時中山門より国民政府に至る南京第一の大通りの両側に参列し、捧げたる軍旗及び軍艦旗は、光輝燦として、威容長江の浪に映発し、紫金山の霜華一段の光を増す中を、南京攻撃の最高指揮官朝香中将宮殿下を始め奉り、松井最高指揮官は中山路に到着して、ここに歴史的入場式が開始されたのである。
 松井最高指揮官は幕僚を従えて堂々閲兵すれば、陸海軍飛行隊は大編隊を整えて南京の空を旋回、かくして最高指揮官以下陸海軍各部隊長、国民政府に入り午後二時政府正門のセンターポールに高く大日章旗が掲揚されたのである。
 全将兵一同東方遥か皇居を拝し奉り、松井最高指揮官が渾身の感激をこめて「天皇陛下万歳」を三唱すれば、故国へもとどけとばかり、全将兵は万歳を唱和した。此の余韻遠く消ゆる時、誰が殉国の忠魂、護国の英霊皆中山門に来たって此の盛儀に参列せよと心に念じないものがあったろうか。

【陸海合同慰霊祭】
 中支方面戦死者の陸海合同慰霊祭は、風寒き十八日午後二時より、南京故宮飛行場に於て、厳かに執行された。飛行場の中央に建てられた白木の墓標には「中支方面戦歿者の霊標」の文字が尊き偉勲を示す中に悲しく読まれた。陸海軍部隊粛然とと整列し「国の鎮め」の喇叭(ラッパ)が響き渡るや、厳粛な祭主の玉串奉奠が執行され、最後に昇神の儀があって、同二時半悲しくも盛んなる式を終わった。

【南京陥落の意義】
 かくて抗日首都南京は遂に陥落したのである。上海、南京一帯の攻略は、江南戦局に一段落を画するものとして、戦略上重大なる意義を有するもので、如何に巧妙なる宣伝を以てするも、支那側大敗の実状は今や全く掩うに由なく、経済中心上海の喪失、北支戦局の進展と相俟って、彼らの長期抗戦の企図が如何に暴虎馮河の類であるかを自覚せしむるに充分であった。
 日支開戦の当初、南京の攻略には二ヵ年を要するであろうとは各国軍事専門家の一致した予想であったが、一国の首都がかく半歳にして陥落したことは、近代科学戦に加うるに、我が将兵の卓越せる精神力の賜であった。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:11| Comment(2) | TrackBack(2) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
こんばんは。今日はTBを有難うございました。死者に唾する彼らと、敵兵をも慰霊する我々との違いにはいつも唖然とさせられます。虐殺のブラックプロパガンダも、「嘘も百回言えば本当に成る」これを実践してる連中とは理解していても、やり切れません。付き合いたい人種ではありませんね。
Posted by おばりん at 2007年05月10日 22:25
おばりん様
>>付き合いたい人種ではありませんね。
まさに同感です。話あっても不毛ですね。
それより、まだ疑いを持って模索されているような方や、真白状態の方々に、できるだけ多く事実を知って頂きたいと思います。
Posted by 小楠 at 2007年05月11日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3939762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

“南京大虐殺”の捏造!
Excerpt: ランキング(政治)に参加中 中共プロパガンダの虚構! “南京大虐殺”捏造の背景を指摘する動画「THE FAKE OF NANKING - 1」  南京で日本軍に同行していた報..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2007-05-10 13:27

「南京大虐殺を証明できますか?」 WiLL 6月号 茂木弘道
Excerpt: === 温家宝国務総理閣下への公開質問状 === [[attached(1,center)]] {{{: このたび中華人民共和国国務総理温家宝閣下のご訪日に当たって、日中両国の友好を願う者..
Weblog: 暇なおじさん、おばりんの写真日記
Tracked: 2007-05-10 22:26