2007年04月26日

大戦直前日本の世情4

日米戦はソ連ひとり太る

 大東亜戦争直前、昭和十六年頃の世界情勢の渦中に生きた日本人が、どのようなことを考え、どのような意見を持っていたのかを、その頃に発行された書籍を紐解くことによって、その時代の日本人と同化し、なぜ大戦へと進んでいったのかを探って見たいと思います。
 当時多くのベストセラーを出した、武藤貞一の著
「日米十年戦争」(昭和十六年発行)
から少し引用していますが、下段のコミンテルンの部分は、まさに今の日本、男女共同参画の美名のもとに行われている家族の崩壊政策が、どこに源を発しているかが的確にわかるでしょう。そしてこれに与えられた予算がなんと10兆円! 家族崩壊に我々の税金10兆円が使われるなんて、全く許せません。政治家よ、貴方達は馬鹿の集まりですか。
写真:キャプションでは独裁者ルーズベルトとなっています
dokusaikan.jpg

引用開始
 アメリカはその無限に膨張しつつある資本主義生産力の消化市場として支那を目指し、一方必需原料の吸収地として南洋を目指す。しかもこの二つの目標のいずれもが日本の存在を最大障害なりとして、ここに対日攻勢の理由を置いているのである。
 つまり、日本という東洋に残った唯一のトーチカを取払わなければ、東洋へ向かっての西漸政策を完遂し、かつ南洋資源地の確保に満足な成果を収め難しとするのである。
 このため、折あらば日本勢力を粉砕せんものとし、むしろ今がその絶好機会るを思う。しかるに、実際はこのくらいアメリカにとって悲しむべき謬想はないのだ。もしかりに、彼の思うがごとく、今日、日本が支那事変に疲労しつつある様会を狙って日米戦争の段階に入ったとすれば、かれの目指す最大の目標たる支那大陸はどうなるかを考えるがよい。

 もちろん、日本は逆にアメリカの対日攻勢を粉砕するだけの実力を持っている。特に日米戦争となったら、現在のごとく日本がアメリカの経済封鎖下に喘ぐという状態は一変して、日本の一挙に伸ばし得るであろうところの駿足の下に、アメリカこそ南洋資源を喪失することになるは火を見るよりも明らかな事実である。ただそれ、実際問題として、日本が強敵アメリカに立向うの日は、ここに全力を傾注せざるを得ぬという一事は、恐らくいかなる鈍感なアメリカ人といえども知らねばならぬ事柄であろう。

 かく日本が全力を対米戦争に集結することあるべき場合、支那大陸は、何者によって剽掠せられ、何者によって覇権を握られるかを、アメリカ人よ、君らは知っているか。
 それはいうも愚かなり。ソ連邦ではないか。

 蒋介石が無謀な抗日戦争に血道を上げている間に、支那大陸の奥地には、抜くべからざるソ連勢力――すなわち共産軍の地盤を築かせてしまったのだ。

 事変半年前まで、蒋介石は共産軍と追いつ追われつの悪戦苦闘を続くること幾星霜、これがために延べ兵員二百個師を奔命に疲れしめたといわれている。揚句の果てが西安事件だ。ここで蒋介石は共産軍の捕虜となった。折柄風の如くやってきた周恩来の前に、国共合作の抗日決戦を誓わされた蒋介石は、その時以来、生ける屍となったも同然である。

 今や共産軍は黄河以北一帯だけでも九十万と註せられるに至った。日本の警察力にして初めてこれが防衛に堪えるのであり、日本が対米戦に主力を傾注したのちの支那大陸は、全面的に赤色勢力の席巻を蒙ることになろう。
 すなわち、アメリカは日本を邪魔者にするが、日本あっての支那大陸であり、日本あっての経済市場なのである。アメリカは、日本に挑戦する前、もっと真剣に、ソ連勢力と支那大陸のことを認識せよ。アメリカの真敵は、断じて日本にあらず、ソ連赤色帝国であるはずだ

コミンテルンの狙うもの

 赤化勢力の対日攻勢は満洲事変後、別の形態を取るに至った。(中略)
 今一つは日本赤化の一大障害に向って内部的崩壊を行わしめんとする陰険悪辣なる手段とである。コミンテルンの指令下に活躍した日本共産系分子が、徹底的にたたきつけられたのは今より数年前のことに属し、ついに一時はコミンテルンをして日本赤化に絶望せしめ、資金の仕送りを中断するに至ったとき、かれらは運動資金を自前で稼がざるを得ない窮地に立ち、大森の安田銀行襲撃とまで堕落したことは、まさに日本共産運動最後の段階だったのだ。

 かかるとき、コミンテルンは、何故に日本赤化が失敗に帰するかの根本原因を探求せねばならなくなり、ここにその方針の再検討が行われるに至ったのは、かれに取って止むを得ないことでもあったろう。しかして、かれはそこに何を発見したか。いわく、日本人の尊皇愛国心に正面からぶつかることの不利であり、日本特有の家族制度というものをまず破壊してかからなければ、その目的遂行は到底不可能なりとの結論であった。

 コミンテルンは日本共産分子で最も堅固なる意志を持つと信じ切った者までが、次から次へと転向して行く事実を見た。しかもその『有り得べからざる転向』――かれらを以てすれば――何によってしかるかといえば百パーセントまで家庭の情愛、特に母子の情に原因することを知るに至って、日本の家族制度こそは世にもたぐいなき赤化の強敵なるを確認せざるを得ない。
 たとえば獄中の倅に送った母親の涙の手紙
 『母は不忠者のお前を改心させたいと、氏神さまに願かけをしているぞ』『年老いた母は毎日霜を踏んで鎮守さまへ跣足参りをしているので、この頃では身体も衰え、死期が近づいて来た』『母はお前が真人間になるまで三度の食事を二度に減じて祈っている』等、等。

 これらの母親の情愛で、どんな狂信的共産分子も、ついに転向を誓うに至る。これが日本のみの現象であるところから、コミンテルンは、日本赤化の敵は家族制度にありとし、ここにかれの攻勢は集注するようになった。
 目に見えざるところに、この赤魔の新指令は動きつつある。方法手段ははるかにわれわれ日本人の常識を越えた隠微さをもって迫って来ている。いかに巧妙に擬装された方式であっても、それが内実においてわが国最高の特徴たる家族制度の破壊を目指すと考えられるとき、われわれはこれを決して無批判には看過し得ないのである。
引用終わり

 まともな政治家には、この家族の崩壊は今現在も反日共産主義信奉者により目論まれていることに気がついて欲しいものです。
 かの男女共同参画の美名を使って行われているジェンダー教育などはその典型です。
 日教組は家族崩壊の最前線といえるでしょう。彼らの跋扈は絶対に許せるものではありません。
posted by 小楠 at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中のアメリカ
この記事へのコメント
こんにちは。
先日読んだ本に、日本が共産主義国にならなかったのは、共産主義が日本的美意識にそぐわなかったからだというようなことが書いてありました。家族の崩壊を狙うなどという思想は、どんなに理想の社会を謳っていても、日本の価値観にはそぐわないですよね。ところが最近では記事にも書かれているように、日本が国を上げて10兆円もかけて家族崩壊に向かっている・・・。狂っています。
Posted by milesta at 2007年04月27日 10:20
milesta 様
こんにちは、
>>家族の崩壊を狙うなどという思想は、どんなに理想の社会を謳っていても

彼らの常套手段は、反対のし難い美名を表に出して、内容は国家や家族の崩壊です。
自由とか人権、民主を強く唱えながら、やっている実態は共産独裁、人権弾圧、言論弾圧への道でしょう。
仰る通り、反日や左翼は狂っていますよ。
Posted by 小楠 at 2007年04月27日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3841913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック