2007年04月24日

大戦直前日本の世情2

アメリカの日本圧迫の歴史

 大東亜戦争直前、昭和十六年頃の世界情勢の渦中に生きた日本人が、どのようなことを考え、どのような意見を持っていたのかを、その頃に発行された書籍を紐解くことによって、その時代の日本人と同化し、なぜ大戦へと進んでいったのかを探って見たいと思います。
当時多くのベストセラーを出した、武藤貞一の著
「日米十年戦争」(昭和十六年発行)
から引用しています。
写真は空母レキシントン
lekishinton.jpg

引用開始
 二十世紀初頭よりの米国の極東政策は一に日本圧迫の四字に尽きる。勿論日本という東亜の要塞が潰れれば支那の如きは垂涎せずとも手に唾して取れるだろうからだ。

1,ジョン・ヘイの門戸開放 
 1899年(明治三十二年)9月6日、国務卿ジョン・ヘイは支那門戸開放に関する通牒を列国に発した、曰く「支那全領土に亘り何れの国民にも平等に通商上の自由と機会の均等が与えられるべきだ」と
更に翌1900年7月12日列強に対し無条件門戸開放の要求をしたが、何れも之を峻拒した。
同年米国は我国に対し福建省沿岸に一貯炭所を設置せんとして意向を質して来たが拒絶された。

1,日露講和斡旋
 極東に飛揚せんと企む米国がロシアの東亜席巻的南下勢力の伸長に無関心たり得ぬのは言う迄もない、即ち日露戦争に際しては援日抑露の態度となって現れたものである、1905年(明治三十八年)3月10日奉天陥落し、同じく5月27日露国最後の遠征隊バルチック艦隊が日本海に全滅するやセオドア・ルーズベルトは平和斡旋を提議してポーツマス条約を成立せしめた、このイニシアティヴに対する米国の魂胆は両者何れが決定的勝利を得るも米国に取って利益ではないという結論が生み出していたようだ。

1,桂・タフト協定 
 日露戦争で示された日本の実力に驚倒した米国は将来を懸念して同年夏陸軍卿タフトを訪日せしめ、桂首相をして日本が絶対にフィリピンを攻撃せざることを約せしめると共に日本が朝鮮を保護国とする事を承認した、之を世に桂・タフト協定と言う。

1,満鉄買収計画 
 明治三十八年十一月十二日米国鉄道王ハリマンと桂首相の間に一億円で満鉄を譲渡すると言う約束が成立し、ハリマンは即日覚書を携えて桑港(サンフランシスコ)に帰った、然るに入れ違いにポーツマスより帰朝した小村寿太郎外相は満鉄絶対に手放すべからずと主張し、閣議を一変せしめて右予備契約は取消された、偉なる哉炯眼、同時に米国においても、日本は愈々容易ならざる真敵なる事を認識したものの如くである、爾来対日親善、媚態の一時的笑顔政策は全面的に改変され、機会あれば日本の大陸政策に横槍を入れるに至った。

1,米主力艦隊の訪日 
 1906年、一方において対日親善策の擬勢を示すセオドア・ルーズベルト大統領は上院海軍委員長へールに対し「日本国民は好戦的にして且つ征露戦に捷ち、のぼせ上がっているから日本を目標として海軍力を充実せねばならぬ」と放言し、同時に米国主力艦隊をして世界周航の名義の下に、日本を訪問せしめた、該主力艦隊の横須賀に在る一週日、これ、即ち米国がイザと言った場合、極東問題に実力を以って容喙出来るぞと言う頗る性悪なる恫喝を試みたもので、正に覆面の脅威に外ならぬ。

1,満鉄中立提議 
 年を経るに従って米国の極東介入は露骨となり、1909年(明治四十二年)11月6日国務長官ノックスは
(イ)満洲鉄道を日露英米仏独の六強国共同経営に移すこと (ロ)本案不可能の場合は錦洲より昴昴渓、斉斉哈爾(チチハル)を経て黒龍江の愛琿に至る錦愛鉄道を敷設すること。
本二案は日露両国の断然たる拒絶に遭って実現しなかった。

1,四国借款団策動 
 米国は更に英独仏米四国借款団を組織し、1910年支那政府と之等銀行団の間に「支那の幣制改革及び産業開発借款」が締結された、南方派革命の波動は遂に1912年(明治四十五年)2月12日の宣統帝の退位となり、同3月10日袁世凱は初代大総統として就任するにおよび、四国借款団に六千万ポンドの所謂「改送借款」を申込んだが四国側では日露両国を誘引して四国借款は茲に六国借款となった、我政府が便々四国の甘い手に踊り、革命前夜のロシアと肩を並べて明日にも凋まん袁世凱の徒を声援せるが如きは愚にして漫、百年の大計を知らざるや甚しと言うべし、然し乍らこの借款団は後に理想主義者ウィルソンの平和的面子の故に米国が脱退して骨抜きとなった。

1、日本提唱の人種平等案否定
 東亜に於る盟主たる日本は断然人種平等の主張を貫くべき決意を有つ、パリ平和会議において国際連盟規約案討議に際して日本は人種平等問題を提議し、連盟規約前文中に人種平等待遇の字句挿入を要求、次の修正案を提出した。
前文中「各国間における公明正大なる関係を規律し」という節の次に「各国均等の主義を是認し之等国民を正当に待遇し」との一節を追加する事。
 この修正案は表決の結果、日本、フランス、イタリー、支那、セルヴィア、ルーマニア、チェッコ・スロヴァキア、ポルトガルを賛成者とし、アメリカ、イギリス、ブラジル、ギリシャ、ポーランドが反対した、見るべし、英、米両国はここにその本態を暴露し、人種平等反対、世界旧秩序維持の為に連携しているではないか、而してウィルソン白ばくれて曰く、「本修正案は多数が日本の主張を支持せりと雖も、規約中重要なる修正なるが故に、全会一致にあらざれば成立不可なり」と。
連盟の偽善性はこの時に証拠づけられた。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中のアメリカ
この記事へのコメント
毎回勉強になることばかりです。
>二十世紀初頭、米国の極東政策は“日本圧迫”の四字に尽きる。
・未開の地亜細亜における唯一の文明国“日本”をして列強を恐れさせることが出来たのは、当時優れた外交が出来る人材が居たからなんでしょうね。人は“石垣”ですね。米英の異人種・亜細亜蔑視の構図は現在も・・・ですね。ブッスのように口だけで平等・人権を謳って、やってることは鬼畜の如し。フランスは当時でも本物の博愛主義国だったので感心します。
狡猾な欧米・特三に立ち向かえる人材は枯渇しました。戦後日本は騙されて骨抜きにされたことに今目覚めて行動に出るべきだと思います。とりあえず自分逹の憲法を造ることですね。失礼いたします。
Posted by k at 2007年05月06日 11:52
>>戦後日本は騙されて骨抜きにされたことに今目覚めて行動に出るべきだと思います。とりあえず自分逹の憲法を造ることですね。

遅いようで一番早く、大切なのは教育の改革でしょうね。
憲法はまずは九条の改正、その後に自主憲法と行って欲しいです。
Posted by 小楠 at 2007年05月06日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3827100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック