2007年04月20日

嵐の中の灯台

「嵐の中の灯台」という本があります。副題で、「親子三代で読める感動の物語」となっていますが、内容は主に児童向けの徳育の本という主旨で作られたもので、明治時代の「国語読本 高等小学校用」、「尋常小学読本」や、大正時代の「尋常小学国語読本」、戦前昭和の「小学国語読本」、戦後の「国語」などに採用されていた物語を、現代風にリメークしたものとなっています。
この本の「あとがき」の部分を引用してみますので、興味のある方は是非親子で読まれたらいかがでしょうか。
arashi.jpg

引用開始
 思えば戦前の教育の世界は、今では遠い彼方に去ってしまったようです。昭和二十年八月、終戦の日を境に、日本人の心の流れは、戦前と戦後の二つに見事に分断されてしまって、すでに五十年を過ぎる日々が経ちました。だが一体それでいいのか。このところ連日報じられている教育界の惨状、目を蔽いたくなるような少年による凶悪犯罪の続発、それは日本人ガ日本人としての自己を見失った、言葉をかえれば自らの歴史を失った民族の悲劇という他はないように思われます。とすれば、この混沌とした時代であればあるほど、いま私たちの視界から消えてしまった戦前の教育を蘇らせて、それを私たち自身の目でもう一度見直し、戦前と戦後の断絶を埋めるべき時がきているのではないか、そう思われてなりません。

 とはいえ、戦前の教育といえばすぐに心に浮かぶ「修身」という言葉一つをとりあげてみても、多くの人はいかにも古めかしい、干からびた道徳教育、冷たい道徳という枠の中に子供たちをはめこむような印象を受けるにちがいありません。
 もっとも一部の教師たちによって、そう思われても仕方のないような授業が行われたのも事実でしょう。しかし多くの教師は決してそうではなかった。たしかに「修身」の教科書の目次には「忍耐」とか「礼儀」とか、そういう徳目が並べられていました。
 だがそれぞれの項目には、それらの徳目を身を以て生きた先人たちの、胸迫るドラマが描かれていたし、先生方はそのドラマの中に溶けこんで、子供たちの胸に、人間の真実がどういうものかということを、強烈に語りかけられました。こうして「修身」の授業は勿論、「国語」の授業でも、「歴史」の授業でも、当時の子供たちは、小学校の低学年の頃から、数多くの人生の美しい姿にふれながら生きてきたのです。暗黒に閉ざされた教育、そういう戦前の教育に対する思いこみは、戦前の日本人の生き方を真向から否定しようとした占領政策のなせるわざにすぎなかったというべきでしょう。

 であれば、このような戦前の教育へのいわれのない不信感を拭い去って、戦前と戦後を貫く一本のバイプを通すこと、それがいま何よりも強く求められているのではないか。私たちはそういうおもいをこめて、明治の半ばから終戦直後までの「修身」と「国語」の教科書の中に埋もれていた十八篇の物語をとりあげて、この一冊の書物を編集しました。もっとも原文のままでは、現在の子どもたちには難解の個所も多く、適宜、筆を加えたところもありますが、当時の教科書のもつ雰囲気を直接味わっていただき、これらの文章を教材として、「人生」を学んだ子どもたちと共感の場をもっていただきたいのです。

 ただこの本を読んでいただく際に、ここに登場する人物があまりにも理想化されているのではないか、と思われる方々がおられるかもしれない。そういう疑問に対して、一言補足させていただきたいと思います。
 たしかに人間への不信、人間の偉大さを語ることを極度に警戒する現代の風潮からすれば、それはやむを得ないことかも知れません。しかしそれはやはり誤りです。そのことについて、この書物ではとりあげませんでしたが、戦前の「修身」の教科書に『沈勇』という題で常に登場していた「佐久間艇長」について述べた夏目漱石の言葉を引用しておきましょう。
参考記事
 佐久間艇長は明治四十三年四月、広島湾で訓練中沈没、遂に浮上しなかった潜水艇の艇長でしたが、その潜水艇が引き上げられた時、十三名の艇員はすべて整然として部署についたまま絶命、艇長は事故が起きた午前十時から死に至る十二時四十分まで、司令塔から洩れる微かな光を頼りに、事故に至る詳細な経過を手帖の三十九頁にわたって記録、世界の人々を驚倒せしめた海軍の軍人でした。
丁度そのころ、病気で入院していた夏目漱石はその病床で、水に濡れた遺書の写真版を手にして、いつかイギリスの潜水艇が同じような事故にあった時、艇員は死を免れようとして、水明かりの洩れる窓の下に折り重なって死んでいたという事件があったことを引用して、死を前にした人間はこのような醜態を演ずる、それは否定しようのない人生の事実、現実の姿だと述べたあと次のように言うのです。

「けれども現実は是れだけである。その他は嘘であると主張する人は、一方において、佐久間艇長とその部下の死と、艇長の遺書を見る必要がある」

 そして漱石はこのような英雄的な軍人が、この現代の日本に存在したことに深い感動とよろこびの言葉を述べて一文を閉じています。
 たしかにいまここに編集した一冊の書物には、私たちの常識では想像できないような英雄的行為が各所に見られますが、それが常識を越えた、私どもには到底及ばない行為だと言って、それは非現実的であり、嘘であり、誇張であるということは許されません。
漱石の言葉を借りれば、このような「不可思議の行為」が現実にあり得ること、それがどんなにすぐれた精神によって成し遂げられたかを、私たちは謙虚に認め、その偉大な精神の前に頭を垂れなければいけないのです。

 ともあれこの一冊を手にしていただくことによって、戦前の教育についての誤解を解き、この本の表題にも掲げましたように、親子三代にわたって一貫して感動できる人間の真実の世界にふれていただき、現在の教育界の混迷の中で、文字通り「嵐の中の灯台」の役割を少しでも果たすことが出来れば、これに勝るよろこびはありません。
引用終わり。
posted by 小楠 at 07:29| Comment(5) | TrackBack(1) | 教科書に見る日本
この記事へのコメント
これは良い本ですよね。
私が読むつもりで居間に置いておいたら、子供が読み始めて止まらなくなって先に読み終えてしまいました。
古い話なので、こんなにおもしろがるとは思っていませんでした。でも、子供も感動するような話は好きなのですよね。こういう教材で国語の授業をやれば、子供達も学習意欲が沸くのではないでしょうか。戦後GHQによって、英雄伝・偉人伝を授業で教えることは制限されたと聞きました。それを律儀に守り続けなくてもいいのに・・・。
Posted by milesta at 2007年04月20日 21:08
milesta 様
TBも有難うございます。
>>子供も感動するような話は好きなのですよね

この本を中学生の男の子を持つ社員に進呈したところ、学校の読書の時間のために持っていくと言って喜んでいたそうです。
聞いたことはあるが、どんなお話かしらなかったことが書いてあるとかで、一所懸命になって読んでいるそうです。
やはり仰るように、感動は何時の時代もかわらないことから感じるもののようですね。
Posted by 小楠 at 2007年04月21日 07:15
本来人とは、修身(徳目教育)と識字とソロバンだけ教わって一人前になって世に出て行ったんですよね。是さえ身についていればあとは自分で何でも吸収し世界中に大手を振って行けました。『威風あたりを払う』戦前の日本人は皆立派でした。
戦後何を勘違いしたのか修身を忘れて、○かXの区分けの仕方だけを教わり△も有ることを知らずに世に送り出される日本人ばっかりになりました。修身が無いから欲望だけが募り下品になり、△に遭遇したときのやり方を教わっていないから恐慌に陥り前代未聞の事件が度々起こるようになりました。修身は人としての“基本”だと思います。これが嘘だと思ったら戦前の日本人と戦後の日本人を比べれてみて欲しいです。今の日本人に一番欠けているのが修身ですね。修身復活! 日教組反対!
Posted by k at 2007年04月25日 17:46
ケイ様
修身教育の欠如で、大人になれない大人がどんどん増えて、それが子供を教えるという、全く悪い循環になっていますね。
日本の正常化は、徳育の教育が、時間がかかるようで、最も早い施策だと思います。
Posted by 小楠 at 2007年04月25日 21:06
引っ越し先の隣の伯父さんは、朝鮮総督府の国家公務員として当時の朝鮮で3年、兵隊として3年暮らした。この伯父さんの話では、当時の朝鮮半島に日本人は何人いたか?という質問に約3%位と答えた。親父の自分史でも想像はつくが。

戦後の教育は政官民一体となった「日本は悪」という考えの元に動いています。
真実は一つ。
Posted by 福島の椿 at 2008年12月04日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3803121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『嵐の中の灯台―親子三代で読める感動の物語』 小柳 陽太郎、石井 公一郎 他
Excerpt: 嵐の中の灯台―親子三代で読める感動の物語小柳 陽太郎、石井 公一郎 他 (2001/01)明成社この商品の詳細を見る 小学校の頃は、進級すると新しい国語や道徳の教科書をもらえるのが嬉しかった。..
Weblog: 本からの贈り物
Tracked: 2007-04-20 07:50