2007年04月19日

グラント将軍の助言

岩倉具視や閣僚との会談と助言

 アメリカ南北戦争で勇名をはせ、戦後は大統領を二期つとめたユリシーズ・シンプソン・グラント将軍(1822〜85)は、1879年6月に長崎に来航、国賓として約二ヶ月半日本に滞在しました。
この本は随行した書記のJ・R・ヤングの著です。
「グラント将軍日本訪問記」から、帰国を前に岩倉具視や日本の閣僚との会談中のグラント将軍の助言を引用してみます。
grant02.jpg

引用開始
 日本におけるわれわれの最後の日々は、個人的かつ公の性格を帯びた出来事で満ちあふれていた。個人的という言葉を用いるのは、新聞にも出ず、まして世間にも知られなかった出来事について語るためである。
 閣僚がひっきりなしにグラント将軍を訪れた。岩倉氏はよく訪れた方だが、公務について、特に話をするためであった。
 琉球問題について話し合われた時、グラント将軍は日清両国の協調促進のために精いっぱい努力した。これらの会談の成果について語れるのは歴史だけだが、一言言い添えておくと、グラント将軍が岩倉氏や閣僚と会談したさいに述べた助言は、きちんと文章化され、恭親王や李鴻章に伝えられた。
 琉球問題に関しては日清両国からそれぞれの言い分を聴けば、清国においてこの国の言い分だけを聴いた時よりも正確に話ができる、とグラント将軍は考えた。

 まだ他にもいくつかの問題が持ち上がっていた。それは日本の産業や農業と係わりのある問題である。グラント将軍は、広大な未開墾の肥沃な土地に日本の友人たちの注意を向けさせ、全土を開発する気にさえなれば、国の富と収入がどれほど増大するか、を指摘した。
 話はそこから、国民にとって大きな重荷となっている、政府としても税収入をあげるためにはやむをえない、地租に移っていった。もし政府が、ドイツやフランスのように地租を取り立てずに収入関税を徴収できれば、地租を下げることができるのである。

 話はさらにそこから、日本の政治の中で多年の懸案となっていた条約改正へと向っていった。
 条約改正の問題は、岩倉氏が使節となって何年か前に条約国に赴いたときから、一向に進展していない。将軍は、条約問題では常に同じ意見を述べてきた。イギリスが東洋においてとっている政策のうちでおかしな一面は、関税を各植民地の裁量に任せているのに、自由貿易と保護貿易を行う段になると、日清両国はイギリスの貿易に役立つように、税や関税を決めねばならぬと主張する。言い換えれば、日本は独立国であるにもかかわらず、脅迫されているのであり、カナダやオーストラリアなら決してそのような恫喝に屈することはあるまい。
 条約が存続する間は異常な状態がつづくであろうし、イギリスは条約に認められている最高の権利を放棄するそぶりを見せてはいない。グラント将軍が与えた忠告は次のようなものであった。

 日本は世界に向けて自国の立場をはっきり述べよ。条約が結ばれた当時の事情を明らかにし、無知ゆえに不幸な、屈辱的な立場に追い込まれていった経緯を世間に示せ。
 日本は、近代文明を摂取、吸収することによって驚くべき発展を遂げ、この国を近代国家にし、世界の国々とも親善をはかった旨の最上の証拠をみせたことなどを思い起すべきである。日本はこういった条約のもとでの不都合の数々を詳しく語るべきである。
 精神面ばかりか、物質的にも損害を与えられており、資源を損ない、それにくびきをかけていることを。条約はもう反故同然であると宣言するのもよいが、条約国が日本の主権と独立を認めてくれるのなら、考えられ得る限りの最も有利な協定に署名する準備をすべきである。と同時に日本は関税率を公表し、港を開き、国内の通行を自由にし、外国からの資本や移民や労働者を受け入れ、主権を主張すべきである。

 日本人が肚の中でこのことに反対しているのは、外国の艦隊がまたやって来はしないかといった危惧の念を抱いているからである。ちょうどイギリス艦隊が下関を砲撃したように、東京も砲撃されるのではないかと恐れたからである。――確信をもって言えることは、関税のことでイギリスは日本と事をかまえる気などさらさらないということです。

 さらにグラント将軍は言った。
――ビーコンスフィールド卿[ディズレーリー]は絶対にそのような暴挙に同意するはずはありません。彼はこれまで二度も戦争を起したので、国民は戦争にはもううんざりしております。イギリス人はアフガニスタンやズールーランドの戦役で得た栄光など何とも思ってはいないのです。日本がもう奴隷の境遇に甘んじなくなったからといって、これまでの戦役に加えてこの国に示威運動を行えば、イギリス本国で反ビーコンスフィールドの声が上がり、ひいては政府が転覆しかねないのです。今こそ好機なのです。

――もうすぐ彼は選挙を行わねばなりません。議会は解散間近かです。たとえ内閣や日本に揺さぶりをかける嫌いがある外交に一か八かの野望があったとしても、それをどうしても抑えねばならぬことになりましょう。
 イギリスには今でも日本の苦しみを人事とは思わぬ味方が大勢おりますが、日本の主張が正しいものであれば、彼らもきっと救いの手を差しのべてくれることでしょう。ことにイギリス人の間には正義や公明正大な処置をもとめる気風がみなぎっておりますから、東洋の国々が、ことに日本が支持を仰げば、必ずや聞き届けられることでしょう。とくに日本は人から尊敬や同情を受ける資格があります。仮に主権を主張しても、きっと人の賛同を得ることでしょう。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物
この記事へのコメント
この記事とはちょっと離れていますが・・・"ネットの秀作風刺歌" 面白いですね。これだけ囃したてられてもしぶといのが左翼達、全くもって日本はどうなっているのか〜。
Posted by カピタン at 2007年04月19日 12:51
カピタン様
あれ面白いでしょ、皆さん巧く作るもんだと感心しています。
Posted by 小楠 at 2007年04月19日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3788987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック