2007年04月14日

グラント将軍横浜へ

グラント将軍清水から静岡、横浜へ

 アメリカ南北戦争で勇名をはせ、戦後は大統領を二期つとめたユリシーズ・シンプソン・グラント将軍(1822〜85)は、1879年6月に長崎に来航、国賓として約二ヶ月半日本に滞在しました。
この本は随行した書記のJ・R・ヤングの著です。
「グラント将軍日本訪問記」から。
画像は当時の横浜港風景
yokohama01.jpg

引用開始
 清水湾は外国に開放されていない。われわれがここにいるのは、天皇の賓客であるからである。条約の中には特定の貿易港が明記されており、悪天候のときに避難する場合を除くと、それ以外の港には入港できないのである。もし列強が銃剣の先で押し付けたきびしい条件のいくつかを軽減さえすれば、日本人は国内のどんな港でも喜んで開いてくれるであろう。・・・・
 ともかくわれわれは閉鎖されている港に特別に入港できる光栄を持ったことになる。なぜかといえば、外国人がまだ足を踏み入れたこともない日本を見学できたからである。

 軍艦が入港したことは大事件であったのであろう、町中の男女や子供たちまでがたちまち船・荷船・帆船などに乗ってわれわれを見物しにやって来た。べナム艦長は、一度に五十名を甲板に上げ、艦内を見学させてもよい、といった命令を出した。・・・・年老いた男女、子供を背中におぶったり胸元からつりさげている母親、着物を着たあるいはまとわぬ猟師たち、要するにあらゆる階層の人間が見物しに続々と舷側にやって来て、燃えるように輝いている大砲に驚きの目を向けた。

 県令[大迫貞清]の肝煎りでわれわれは首都に招かれた。そこは沿岸から六マイルほどの距離にある内陸の古い町である。われわれは上陸し、ほんのしばらく猟師たちがとらえた獲物を見ていた。・・・・また茶屋を訪れ、茶のさまざまの製造工程を見学した。・・・・・
 そして午前十時頃になってようやく静岡に向って出発したが、人力車の長い行列が続いた。町中の人間が表に出て見物し、どの家にも日本の国旗が翻っていた。学校は休みとなり、先生を列の先頭にすえて整列した生徒たちは、われわれが通り過ぎて行くと深々とおじぎをした。

 道の状態はかなりよかった。ニューヨーク郊外でみた道よりかはずっと良かったといってよい。人力車はかなりのスピードで走った。町の外に出ると、木陰の下を通り、水をたたえた一帯の水田と茶畑のそばを通り過ぎて行った。小ざっぱりとした制服を着た、警棒を持った警官が、要所要所に配置され、警戒に当っていた。しかし、笑みを浮かべしあわせそうな、友好的な日本では、警官はまるで場違いのように思われた。群集の誰もが上機嫌であった。われわれがやって来るといったうわさの方が、われわれよりも先に着いたようである。なぜかというと、笑みとおじぎでグラント将軍を歓迎しようという群集が、沿道に待ちかまえていたからである。

 昼ごろ町に着き、ヨーロッパ人が足を踏み入れたことがめったにない通りをうきうきした気分で通り過ぎて行った。ヨーロッパ文明の影響はみじんも感じられぬ、純日本風の町は、興味津々たるものがあった。通りは清潔であったけれど、道幅はせまかった。群集は日本風の服装であった。家はこぎれいであり、店先には商品がたくさん並べてあった。乞食、みじめさ、貧困の影や形もなく、目に入るものといえばただ日光を愛する、快活な、満足げな顔をした群集だけであった。われわれを乗せた人力車はどんどん進み、通りをいくつも曲がったがきっと回り道をしたものに違いない。それはわれわれに市街見物させるためであり、また市民にわれわれを見させるためであった。

 やがてわれわれは公園と寺院がある所に着いた。東洋の国々、ことに日本では、礼拝の場と遊び場が一緒になっているので、信者はお祈りばかりか、愉快に時を過ごすことができるのである。われわれはこの場所で休息し、お茶を飲んだ。寺院の彫り物は二百年前のものだそうだが、新しいもののように見えた。部屋の床には清潔な青畳が敷かれており、屏風にははでな色の羽根をつけた鳥の絵が描かれていた。お茶が出されている間に音楽の演奏があり、それが終わると今度は糖菓が出た。白と茶色の長い法衣を着た僧侶と修行僧らしからぬ敏捷な若者がやって来て、グラント将軍に挨拶した。

 昼間から花火が打ち上げられた。――それは妙な花火であり、空に雲をつくり、扇やリボンや小さな飾り物などをまき散らした。その扇の一つが火をふき、お寺の木造部に落ちて燃え出したために、一瞬、まるで特別の思いがけない野外劇を見るようであった。しかし、僧と警官が彫刻を施した柱をよじ登って行き、その火を消した。寺院の玄関には白い花の添え物があった。

 グラント将軍が市にやって来たことで祭日となり、市民は花火や音楽を楽しんだ。それからわれわれは朝食をとる場所に案内された。それは種々雑多な、奇妙な料理から成る日本式の朝食であった。そして朝食がすむとわれわれは宿に引き返した。
 帰途、退位した大君の居城をとりまいている城壁のそばを通り過ぎた。かつて非常に恐れられた君主は今では年金受給者となり、隠遁し、学問に没頭している。
 人力車に乗って戻るさいに、絵のように美しい、気持のよい光景と出会った。落着いた日本の佇まいと初めて接した時のように、すべての点で興味津々たるものがあった。道は平坦であり、川には半円形の石橋がかけてあった。またきれいな水が流れている小川があった。お茶屋に寄ったので、車夫たちは涼をとり、のどをうるおすことができた。このとき乾燥させるばかりの青々とした茶の葉の山を見た。
 村にもどってみると、村民がこぞってわれわれを待っていたことがわかった。そして浜辺の方に向って行くと、急いでわれわれのあとについてきた。
 夜間はゆっくりと、のんびりとした速度で進んだが、午前十時ごろには横浜の丘陵が見えだし、パターソン提督の旗艦モノンガヒーラ号がグラント将軍に対して歓迎の祝砲を放っているのが聞こえてきた。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3733204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック