2007年04月13日

グラント将軍長崎来航

グラント将軍の演説

 アメリカ南北戦争で勇名をはせ、戦後は大統領を二期つとめたユリシーズ・シンプソン・グラント将軍(1822〜85)は、1879年6月に長崎に来航、国賓として約二ヶ月半日本に滞在しました。
この本は随行した書記のJ・R・ヤングの著です。
「グラント将軍日本訪問記」から。
画像は当時の長崎
nagasaki01.jpg

引用開始
1879(明治十二年)6月21日
・・・・リッチモンド号は丘陵の間を汽走し、やがて錨を下ろした。まだ早朝のことであった。冷たい魅惑的な緑が水面に影をおとしていた。丘陵の斜面にある長崎は、居心地がよいうえに美しく思われた。そして日本の町を見るのはこれが初めてのことでもあったので、われわれ望遠鏡でよくよく眺め、あらゆる特徴を研究したのである。風景とか絵のように美しい長崎の町の特質とか。
 頂上まで連なるひな段のような丘陵とか、いま耕作中の土地とか一風変わった珍しい家やおびただしい数の旗などを。――この旗によって、われわれがやって来ることを市民がすでに知っており、歓迎の準備をしていることがわかった。波止場には大勢の群集が整列し、また手すきの市民はふつうアメリカの帝として知られている国賓を一目見ようと待っているのにわれわれは気づいた。

 やがてリッチモンド号は日本の旗を掲げると、日本に敬意を表すために二十一発の礼砲を放った。砲台もこれに答え礼砲を発射した。今度は日本の軍艦や砲台からアメリカの国旗がするすると掲げられ、グラント将軍に敬意を表して二十一発の礼砲が放たれた。
 駐箚アメリカ領事のW・P・マンガム夫妻が艦にやって来た。まもなく目もあやな大礼服をまとった伊達候[伊達宗城]と吉田氏[吉田清成]と県令[内海忠勝]らを乗せた座艇がやってくるのが見えた。これらの高官は十分な敬意をもって遇され、艦長室に案内された。伊達候は、天皇の代理としてグラント将軍を出迎え、歓待いたすよう、また将軍が日本にご滞在中は、天皇の名代としてお世話するように、といった勅令を受けたと語った。この言葉がどれほどの意味を持つものであるかは、伊達候が最も身分が高い華族の一人であることによってもわかるのである。・・・・・・

 吉田氏は駐米公使としてよく知られており、利口なりっぱな人物である。彼はこの国の新興政治家の一人なのである。グラント将軍の大統領時代に吉田氏は駐米公使としての信任を得、将軍の知遇をうけていたので、日本政府は彼を帰国させ、接待に当たらせることにしたのである。・・・・・・
 二十三日の夜に長崎県庁で盛大な晩餐会が催されたが、そのおり、グラント将軍のスピーチがあった。グラント将軍の演説は東洋の諸国でいろいろと論議を呼んだようなので、ここに全文を掲げる。・・・・・
グラント将軍は立ち上がり、次のように述べた。

 閣下ならびに紳士各位にご挨拶申し上げます。今晩この場には弁舌さわやかな、乾杯の辞に対して、如才なくお礼を申し上げることができる同胞の姿が何人か見えます。が、私は話しべたであります。皆さんの国と国民とお国の進歩について語りたいことが山ほどあるのに、今宵ほど話術に恵まれぬことを遺憾に思ったことはありません。
 私はこれまで日本の進歩に注意を払わないでいたわけではありません。本国におりましたときに、幸い立派な友人から日本について説明を受けることがありました。この友人のことは、どなたも日本の友人としてご存知だと思います。彼を公使として皆さんの国に派遣したことは私の光栄とするところであります。それはもちろんヂャッジ・ビンガム氏であります。ヂャッジ・ビンガム氏を貴国に派遣したのは、同情と援助と融和を惜しまぬためであり、彼は私自身の気持ばかりかアメリカの気持をも代弁しているのです。

 アメリカは東洋において得るところが大きいのです。
いかなる国も東洋にこれほど大きな関心を抱いてはおりません。しかしアメリカは東洋人の同意なしには利益の分配にあずかりませんし、わが国民に対するのと同じように、東洋人にも利益を保証しております。もしわが国と諸外国――ことに東洋の古くからの非常に興味を引く日本帝国との関係が別の考えから出ているものとすれば、恥ずかしいことであります。
 われわれは貴国の発展を喜び、徐々に発展を遂げて行くのを見守ってまいりました。貴国の古い文明が門戸を開き、それがやがて新しい文明を吸収して行くのを見守ってまいりました。われわれはその努力に深く共鳴し、それに付随した困難に対して同情と友情を示してまいりました。われわれの友情がいつまでも続きますことを希望いたします。

 すでに申し上げた通り、アメリカは東洋に非常に関心をもっております。アメリカは日本の隣人でもあります。アメリカはどんな力よりも東洋の諸国民に影響されやすいのです。アメリカは東洋で起きることに無関心ではおれません。アメリカの影響力がどんなものであれ、それはつねに正義と友情のために用いられてきたことを誇りに思います。日本ほど諸外国からの正義と友情を必要としている国はありません。この数年の間のすばらしい発展にわれわれは大きな関心を払い、またその成功を、文明の新紀元を画したものと見、それを大いに奨励するものであります。

 皆さん、私は県令のごていねいなる言葉に対して、これ以上何を申し上げてよいのかわかりません。ヂャッジ・ビンガム氏はわが国の公使としてたいそう流暢かつ権威をもって話をすることができます。が、長足の進歩を遂げようとしておる日本にいかに深甚な同情を寄せ、またそのような努力がいかにアメリカで認められたかを、この場を借りて一言述べさせていただきました。ですから日本の独立と繁栄を維持して行くうえで、私と心を一つにしていただきたいのであります。・・・・・

 県令はグラント将軍夫妻に記念樹を植えてほしいといった。グラント将軍が植えたのは菩提樹であり、夫人には樟が手渡された。
引用終わり。
posted by 小楠 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3727165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック