2007年04月12日

支那人の特質を知る5

弄策、虚偽、猜疑、忘恩

 昭和十三年八月から、支那事変の経緯と支那各地の産業、観光地等の知識を解説した内容を、現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されている幅広の手帳サイズの本です。
今回はその上巻の最後の方にある中野江漢の「支那の話」という部分から、支那について、昭和十三年(1938年)当時の人々の支那人に対する見方が書かれているところ、最後の部分を引用してみます。
今回で支那人の特質の引用は最終回になりますが、対中外交交渉は、このような支那人の特質を熟知した専門家にやって欲しいものです。
画像は当時の国際都市上海
shanhi.jpg

引用開始
 戦乱に次ぐ戦乱を以てする支那は、その間に誇大な宣伝や、反間苦肉[仲間割れをさせるため、自分の身を痛めつける]の計が行われ、あらゆる「術策」が行われた。術策は「欺瞞」の第一歩で、知らず識らずの間に「嘘つき」となり「誤魔化す」ことに興味をもつようになり、果ては「盗み」が茶飯事となった。
 支那の政治家や軍人は、内に於ては売国的行為を敢えてなし、民を誤魔化して財を得、外に向っては友邦を欺き、誤魔化し、外交の不信を招き、国交を害する
 
 下級な僕婢の総ては、嘘をつき、誤魔化し、盗みをする。権謀詐術を用いて、欺瞞し、虚構をこととする結果は、人の言動に対し、常に「猜疑」の眼を以て接することとなる。猜疑を常性とするから「誠意」を欠き、人を「信用」せぬ。互に信用せるように見ゆるのは、互いにこれを「利用」して居るので信用ではない。利用し尽した暁には棄てて顧みない、恰も相識らざるもののようである。若し利用し尽した後にも、なお多大の好意を継続するものがあるとすれば、それは世間体を繕う方便か、さもなくば従来の関係上已むなく情実的好意を標榜するに過ぎないのである。

 こんな風で支那では、真実の信用は皆無といってよい。そこで血縁、地縁、職業団体の信用が必要となり、義兄弟の盟約が重視されるのである。これ等の特殊関係の信用に至っては驚くべきまでに徹底不動である。
 利に結び、害に離るる者に、恩を知り、徳を解するはずがない。支那人が人に恩を施すは、利用の手段に外ならぬから「偽恩」である。
 例えば支那人が、乞食に物を与うるは、乞食そのものを憐んで与うるのではなく、自分の不徳をその喜捨によって補わんとするだけである。若しそうでなくとも、その施恩によってその人は必ず善果があると信じて居る。
 そこで支那の乞食は物を貰うまでは哀願するが、貰ってしまえばケロリとする。彼等にいわすると「人に善をなさしめた」というそうすると、乞食に与えた者は、乞食によって「善をなし」与えられた乞食は、自分[乞食]ありしがために、人をして「善をなさしめた」ことになるから、結局は五分五分である。「恩」のあるべき筈がないのである。

 斯ういう考は、支那では是認されて居る。支那人に「報恩の観念」がないのは、斯ういう風に観て置けば間違いはない。生一本の日本人が、よく「支那人は我の親切を親切と思わぬ」とか、支那人は恩を仇で返す」と、しばしばいうが、支那人に言わしむれば、恩を受けた時に感謝の意を表して居る。恩を受けつつある間は、恩人として敬意を表して居る。それで「報恩」は勘定済みである。報恩は永続的のものではない。若しこれを永遠に求めんと欲するは「恩の押売」である「報恩を強ゆる」ことになる。

【偽勢、没法子[しかたがない]、宿命、転生】
 そこで支那人に「恩」を無条件に施せば「ためにせんがために恩の押売」をするものとして「付上る」、濫りに「利」を与うれば、その益々多からんことを欲し、徒に愛撫すれば狎れ、柔を以て接すれば軽侮する。口先や文章が上手である如くに、その態度も堂々たる威勢を衒うことに巧みである。
 実際に於ては、何等の信念も、実力もないに拘らず、猥りに「虚勢」俗にいう「空威張」を示して人を誤魔化さんとする。外交、内治、乃至個人間の応答にも常にこれを見る

 その代りに、利を以て誘い、威力と強き決意を以て之に接し、巧みにその性格を利用すればわけなく参って了い、屈服する。結局「強に怕れ、弱に驕る」のである。支那の軍隊が、強敵に怯で、弱敵に暴虐なるは、この特性の発現に外ならぬ。
 支那人は、或点までは物事に固執するが、事成らぬと観念すれば、さらりと「諦める」。これを支那語で「没法子(メーファーツ)」即ち「仕方がない」というのは世間周知のことである。この観念は、前に述べた「敬天思想」に基づいて居る。天を敬う思想は、天の威力に対しては、人間の力を以てしても如何ともすることができぬという観念を生ぜしめて、極端なる「自然崇拝」となったのである。

 また支那人は、古くから「因果応報説」に従い天帝は、各人の善悪によって禍福を下すという信念を抱くことになり、「宿命」を信ずるに至った。物事を諦めるという特性は、またこれにも因る。この宿命観は、人間は必ず産れ甦るという「転生説」を信ずるに至り、支那人が死に臨み案外従容として動じないのは、この信念の現れである。
 転生説を信ずる結果は「残忍性」となった。支那人は、敵や悪人の死体を寸断にし、又甚しきは食って了えば転生せぬとまで信ずる。日本人が想像さえも出来ぬ彼等の残虐を見るとよくわかる。

【自尊、保守、形式、虚構】
 他の方面では、支那上古の文明が、その四隣の異民族の間に卓越していたので、自国の文明を、唯一絶対のもののように自負し、妄信した結果は、非常に「自尊心」が強くなり、「保守的」となり、何事も「先例」を重んじ、「形式」に流れるようになった。尚古形式を重んずる結果は「虚礼」となり、「虚文」に流れ、過度に「体面」とか、「儀容」とかを重んずるようになった。
 支那人が「面子」を重んずるのは、これに基づくのである。「面子」とは「体面」のことである。「面子をたてる」とは「顔をたてる」ことと思って置けばよい。ただその顔を立てることが余りにも形式に流れ過ぎた点があることも心得て置かねば、日本人の頭では判断し難いものがある。
 延いては何事にも「理屈」をつけることになった。理屈さえつければ、名義さえつけば、極端にいえば盗棒しても差支えないようになって居るといっても過言ではない。支那のことは、総て精神よりも、形式に重きを置く傾向があることを知って置けば自ら了解さるるのである。
引用終わり

posted by 小楠 at 07:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国
この記事へのコメント
支那人の特質・本性「総て精神よりも、形式に重きを置く傾向があることを知って置けば自ら了解さるるのである・・・」今回の温首相の来日と国会演説、日本政府は心してかからねばなりませんね。
Posted by カピタン at 2007年04月13日 20:03
カピタン様
温首相の演説、中国語のわかる人が聞いていると、命令口調で属国扱いのような言い方だったと言ってますね。
日本側も同じように強い口調でやらないと、屈したものと勘違いするでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年04月14日 07:39
支那人は弱い者とみると居丈高になり強い者とみると土下座をするか虚偽虚勢を張る。こんな国からやって来た三流の温家宝を天皇の宣言の下に開かれている日本国会で演説させるなんて喜劇ですね、たとえお“為ゴカシ”といえども。蛮人蛮国に対して麗しくも優しい大和魂の使い方を誤ると間違った信号を送ることになるんですよね。外交では優しさは不要だと思います。歴史上、そもそも日本は支那に対して贖罪する必要は元々皆無の筈です。支那が日本へ贖罪を請うはなしなら解ります。散々迷惑を掛けているぞ〜と信号を発して続けて欲しいですね。
Posted by k at 2007年04月25日 17:13
ケイ様
>>強い者とみると土下座
これを思わさないとだめですね。
今回の国会などはいい機会だったのに、
それができるような議員は皆無。
ガツンとやる議員がでてきたら一気に
人気でるのにねー。
Posted by 小楠 at 2007年04月25日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3719071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック