2007年04月11日

支那人の特質を知る4

宣伝、無主義、妥協、雷同

昭和十三年八月から、支那事変の経緯と支那各地の産業、観光地等の知識を解説した内容を、現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されている幅広の手帳サイズの本です。
今回はその上巻の最後の方にある中野江漢の「支那の話」という部分から、支那について、昭和十三年(1938年)当時の人々の支那人に対する見方が書かれているところを引用してみます。
対中外交交渉は、このような支那人の特質を熟知した専門家にやって欲しいものです。
画像は日本軍を歓迎する支那人たち(保定にて)
hotei.jpg

引用開始
 文弱に流れ、腕力の争闘を好まぬかわりに、「口先の喧嘩」は達者である。支那人の「口論」を側で聞いていると、今にも火花を散らす大格闘が行われるかと思われるが、口先ばかりで手出しをせぬ。支那では人の群集する場所には、必ず「禁止喧嘩」の掲示があるのを見ても、如何に喧嘩が多いかがわかる。
 その喧嘩の時には、相手方に向っていうことを周囲近傍に聞えよがしに叫ぶ、夫婦喧嘩でも内密ではやらぬ、庭の中央に出て大声で叫ぶのである。お互いに背中合となって叫び合って居ると、必ず仲裁にはいる者がある。そこで直ぐ「妥協」してケリがつくのである。

 怯懦、文弱となった支那人は、口先ばかり達者となり「宣伝」が巧くなった。支那の外交でも、戦争でも、先ず「宣伝戦」で勝を占めようとする。
 支那人は、口先や文章で堂々と主義を唱うる者があっても、腹の底には確固たる主義を有する者は殆ど無いとみて差支えない。勢い窮すれば、その主義を変じ、勢いに付せんがためにも亦、其の主義を改むる。一身の利害のためには、主義や節操を放擲して「苟合妥協」を濫用して恥ずるところを知らぬ。支那に「両面」と「詭随」という言葉がある。何れも旗色のよき方に妥協屈服して反覆常なきをいうのである。支那人は、その個人たると国体たるとを問わず、自己保全の方法として、好んでこの「両面詭随」を平気で慣用するのであるから、油断ができぬ。

 腹の底に確固たる主義がなく、口元ばかりで主義を標榜するだけでも、なお支那人としては上々の方である。国民一般は「無主義」で、ただ勢いに付して喧噪し、運よくば其の間に利益を占めようとする者ばかりである。一人これを唱うると万人忽ち之に和し、宛然主義に合し、団結を造るような現象を呈するが、これは「雷同」であって、その裏面には何等の実質がない。その輿論や団結は、国家本位でなく、自己本位の雷同であるから不利の時には忽ち変じ、目的を達し得ると思えば益々その雷同性を増加するのである。

 支那には、動乱の絶えたことがない「治日少くして乱日多し」とは、支那人の常套語であるが、全くその通りで、太平の日が少なく、乱日が多いのである。どうして動乱が治まらぬかといえば、国民が無主義で、徒に付和雷同して、利のために動き、動乱の病根を徹底的に根治せぬからである。いつも妥協によって、一時を「糊塗」するからである。こんな状態では、支那はいつまでたっても、平和にならぬのである。

【支那では「孝」が人倫の本】
 前に述べたように、支那では、一定不変の君主関係を認めないから、自然「家族制度」が中心となっている。革命毎に主権者は変わるが、親子の関係は変わらぬ。そこで支那では、君民よりも父子の関係に重きを憶うになった。天と民とは無形の親子関係を有するという空想的な考えと違って、その肉体により産んだ子であり、その肉体より産まれた子である。如何なることがあっても現実の親子関係に、変化のあるべきはずがないのである。従って「孝が人倫の基本」となる。君を以て人倫の基本とする日本とは、甚だしい相違である。

 孝を人倫の基本とするから、「長者を尊ぶ」風が生じ、延いては「祖先を崇拝」することになる。祖先を崇拝するには、その祭を絶やさぬようにしなければならぬ。それには祭を行う[祖先の血を継承した]子孫を絶やさぬようにしなければならぬ。そこで、子[後継者たる男系]なき妻を去るという風習を生じ、多く後継者を得んがために「多妻制」となり、その他血族保存のために、いろいろな性的行為が行われる。その結果は「男尊女卑」となった。

 家族制度が中心となったから、「血縁」に重きを置くようになり、同族の結合が固くなる。同族の結合から部落が出来、部落を中心とする社会が形造られ、家族郷党に対する執着心が強くなった。即ち「地縁」に重きを置くことになった。郷土観念が強くなる反対に、国家に対しては、極めて冷淡無頓着になって来る。
 国家観念に乏しくなったのは、歴代の革命により、為政者を信ずることの出来ない結果、自衛心が起って来た故である。支那の社会を結んでいるのは、地縁、血族、及び職業組合であることは、前に述べて置いた如くである。其他、自個保全のために「秘密結社」が支那に発達していることも見逃してはならぬ。
引用終わり

 これらの特質から南京の大嘘がバラ撒かれたとしても、何も不思議ではありませんね。
 かれらにとっては、嘘は自己保存のための道具ですから。 
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国
この記事へのコメント
中野江漢さんってまるで支那人かと思われるくらいに良く支那人を知っているんですね。驚愕。相手を言い負かさなければ自分がやられる世界だから口ばっかりは達者です。嘘・出鱈目を言うのも全て自己保全のため。そのくせお金を呉れる人には土下座でもする股座(またぐら)膏薬の両面牌で穢い民族です。鮮人と同類の穢多(えた)ですね(笑)。外交・ロビイにおいてもそっくりそのままだから口下手の日本は負けます。南京事件にしたって出鱈目嘘八百を承知の上で“政策”でやってます。それを聞きつけた売名反日日本人がしゃしゃり出てきて、そうだそうだと言うんだから笑えます。海外に散らばった支那犬は団結します、日本人は政府から冷たくあしらわれた苦い歴史と経験があるから本能的に日本政府には協力しません。せっかく世界共通語で反論できる能力があっても死蔵されています。安部さんには美しい“国”造りよりも誇り有る日本“人材”造りに専念してもらいたいです。人はかけがえの無い石垣なんですよね。失礼いたします。
Posted by k at 2007年04月25日 11:50
ケイ様
中野江漢やこの時代で、中国に援助していた人たちは、彼らの性格なども熟知した上で対処していたようですね。
蒋介石も日本で勉強し、日本人に色々世話になっていたようですが、アメリカやイギリスにそそのかされて、結局は台湾へ逃げる羽目に。

>>売名反日日本人
この者たちは、日本国民からよりも中国共産党からのほうがちやほやされて、利権にもつながるし・・・というところでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年04月25日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3712424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック