2007年04月10日

支那人の特質を知る3

支那の国民性

 昭和十三年八月から、支那事変の経緯と支那各地の産業、観光地等の知識を解説した内容を、現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されている幅広の手帳サイズの本です。
今回はその上巻の最後の方にある中野江漢の「支那の話」という部分から、支那について、昭和十三年(1938年)当時の人々の支那に対する見方が書かれているところを引用してみます。
対中外交交渉は、このような支那人の特質を熟知した専門家にやって欲しいものです。
画像は天津の日本租界
tenshin.jpg

引用開始
 支那の国体、風土、政情、社会、種族を知ると共に、是非研究して置かねばならぬことは、その組織の根本である国民の特性である。・・・・
 では「支那の根本思想」とはどんなことかというに、天を敬う思想である。これを「敬天思想」とか「拝天思想」とかいう。天を敬うとは、「いろいろに解釈されているが、ごく簡単にいうと、天は万物の創造主、万物の産みの親である。人間も亦天が造ったものであり、天の恵みによって生存しているのである。そこで天には絶対の感謝と敬虔とをもって服従しなければならぬ。これは子として親に対する当然の義務である」というのである。敬天思想は、ここにもとづいて起ったものである。

 子としての人間は、生みの親である天に対して絶対に服従するが、親である天はどういう方法を以て、子たる人間に対して親の義務を果たすかというに、天は、子である人間の生存に必要なるものを与え、これを愛護して、その発達成長を計るのである。しかし、天は「無形の神」である、「無形の父母」であるから、「有形の人間」に対し、自ら己の手をもってこれを支配し、これを教え導き、帰趣標準を与えて、その成長進歩をはかることができない。そこで、天は万民の中から「天の代表者」を見出し、この代表者をして、万民を支配せしむることになる。この天の代表者が、支那の「君」である「皇帝」である。君は天に代わって万民に対し、親たる義務を尽すのである。

 然らば、どういう方法で、天はその代表者である君を見出すのかというと、「符瑞」といって瑞祥を現したり、「感生」といって、天の感じを受けて生れるというような、いろいろの方法がある。これは支那の歴史を読むと明らかである。そうすると、天の代表者である「君の資格」はどうかというに、「天の道は正しいものである。そこで天の代表者となるには、正しい天の道、天の徳と合体した人間の中で、最上の有徳者でなければならぬ」のである。これに適った者が君となり、「君は天の父母に代わって、人間界に於て、父母たるの道を行う」ことになるのである。
 そこで、君主の政事は即ち天帝の政事となり、君主の言は即ち天の言であり、天の訓となるので君主一家の私の言ではないことになる。そこで人民は、当然「君主の命は天の命として服従し、これに順行」していかねばならぬこととなる。要するに、君命に服従するは天命に服従することになるのである。

 然らば、支那の君は絶対不変かというに、そうではないのである。君主が「天の代理者としての徳を持っている間、天の托命を全うする期間は、君としての資格がある」が、もしその「徳を欠いて天の代理たる資格がなくなった場合」は、他の有徳者が、これに代わることになっている。
 君主の徳が欠け、君主として資格がなくなったことが、どうしてわかるかというに、それは人民の向背によって決する。書経に「天が視るということは、民が視ることである。天が聴くということは、民が聴くことである。」とあるように、多数の人民が見て是なりと思う、すなわち民意にかなった者が、天意にかなうこととなるのである。天は無口であるが「天はいわず、民をして言わしむる」という言葉のあるように、君主が善政を布けば民はこれを謳歌し、もし悪政を行えば、君主非難の声が天下に充満する。

 その結果はどうなるかというに、どこからともなく、天の正しい命を奉じた人物が現れ来て、前君の退位を迫るか、又は討伐するか、放逐するかする。これを「放伐革命」と言い、その結果、君が交代すると、その姓をかえるから「易姓革命」という。このように、支那では天意にかなった革命は是認される。二十四朝、革命の事実を繰返し繰返しして今日に及んでいる。
 支那に戦争の絶えないのは、無道の前君が、放伐に応じない時、実力によって決する場合があるからである。・・・・・支那の政治も、支那の国民性も、この根本思想に源を発しているのである。これを知って支那を見ればわけもなく氷解する。・・・・・

【個人主義、自己享楽、文弱】
 度々の革命戦争や、外患に不安を感じた結果は一身の安全を財物の上に置くようになり、「拝金主義」となり、利益を得るためには手段を選ばないという「利己本位」になった。延いては、人は人、自分は自分という個人主義となの、遂には「自己享楽」に堕ちて了った。そうして、自我的な欲望を得んがために、財物を集めるまでは、驚くべき「過度の勤勉と倹約」をするが、目的を達してしまえば、安逸遊情となる習性となった。

 自由な生活を営むには、世の中が平和でなければならぬので、「平和を愛好」することが第二の天性となり、「事なかれ主義」となり、「争闘を好まぬ」慣習となり、「文弱」となった。
 先天的に「利害打算」の念が強い彼等は、小は個人の争闘より、大は戦争に至るまで、「利益」が伴わねば行わぬ。支那で戦争が行われるのは、彼等の好戦性ではなく、利益を得んがための賭博であると見てよい。若し争闘でも戦争でも、勝って得る所が、失うところに及ばなかったり、功は労を償わぬとすれば、多少金銭を贈っても、始めから戦争をせぬ方が利益と思っている。そこで人を「懐柔」することに妙を得ている。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国
この記事へのコメント
なるほど。君主が交替するときは「ダメ」の烙印を押されたときだから、前の君主やその家臣達が放逐されたり、文化や歴史がそこで途絶えて継続性がないのですね。
韓国の大統領が引退すると罪人にされてしまうことが多いのと似ていますね。
Posted by milesta at 2007年04月10日 11:56
milesta 様
>>韓国の大統領が引退すると罪人にされてしまうことが多いのと似ていますね。

あちらでは大統領の交代が易姓革命のつもりでしょうかね・・。
選挙に負ける=天命革まる=革命かな。

>>文化や歴史がそこで途絶えて
前王朝は悪、その歴史も悪、新王朝の由来のみが正当だから、歴史も書き換えられますね。
日本とは大きな違いです。
Posted by 小楠 at 2007年04月10日 13:31
>「支那の根本思想」とはどんなことかというに、天を敬う思想である。
・今から3千年以上の昔の帝の字は柴草を何本か紐で束ねた象形字です。祭神の前で燃やす為の柴草の束です。後日比喩的にこの字が神(帝)の替わりをするようになりました。帝の古代字は草冠が乗っていたという説が有力です。その字全体の意味は万物の草木を育成させる事が出来うる神(君主)です。だから草木(民衆・愚衆)は美味しい物を呉れる間は帝(君主)を敬い従います。中野江漢の書くとおりその力(権力・威厳)が無くなった途端に二束三文の人に逆戻り、踏んだり蹴ったりです。より力のある者に取って変わります(易姓革命)。近代になって君主の代役がゴロツキの共産党です。愚衆の尊敬に値する代物ではありません共産党は。
すると支那人本来の拝金思想が表面に出てきます。如何に得をするかに専念するだけで、損することは絶対にしません。胡錦涛・温家宝・唐家旋その他の如く懐柔を労することになります。一旦得(富)を得ると“安逸遊情”です。貧しい者を助ける概念が皆無ゆえ貧富の格差が増大し、社会不安が極度に達し支那はやがて崩壊する。日本の企業は崩壊直前の国へ金をばら撒いてい居ることになります。失礼します。
Posted by k at 2007年04月24日 17:52
ケイ様
>>近代になって君主の代役がゴロツキの共産党です。
全く今の中国は昔の皇帝の時代以下のようにしか思えません。「貞観政要」などに見る君主の思想とは全く違いますね。
漢字の語源というか字源を調べるのは大変面白いですね、言われるように、そうか、なるほどと思うことが沢山あります。
Posted by 小楠 at 2007年04月25日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3705342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック