2007年04月09日

支那人の特質を知る2

支那は国家ではない

 昭和十三年八月から、支那事変の経緯と支那各地の産業、観光地等の知識を解説した内容を、現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されている幅広の手帳サイズの本です。
今回はその上巻の最後の方にある中野江漢の「支那の話」という部分から、支那について、昭和十三年(1938年)当時の人々の支那に対する見方が書かれているところを引用してみます。
 対中外交交渉は、このような支那人の特質を熟知した専門家にやって欲しいものです。
画像は当時の北京大通り
pekinstreet.jpg

引用開始
 支那は現在[昭和十三年]でも依然、真の統治者がないことになる。統治者がないとすれば、被統治者があるべき筈がなく、真の国民がないことになる。そこでよく「支那は国家であろうか?」といったような疑問が飛び出して来るのだ。斯うした疑いは、支那の実情から見れば、当然起るべきことである。
「凡そ国家というものは、統治権の主体である統治者と、統治権の客体である国民との二大原素の統治した国体をいうのである。」という原則に従えば、支那と称する地面には、ただ四億に余る夥しい人類が、ザワザワと棲息するに止まって、統治団体たる国家を組織したものではないことになる。
 そこで、近代的な国家観念から観ると、「支那は国家ではない」とはっきりいえるのである。若し一時、主権者が出来たとしても、統治者と人民との関係が、頗る乱雑不統一の支那のことであるから、整然たる国家組織を見ることは至難のことである。

 元来、日本はじめ近代文明国の常識としては、「国とは土地を意味する」のであるから、たとえば「この島は何の国に属するか」というのであるが、支那人はこれに反して「国とは人を意味する」と解釈しているから「この島は誰に属するか」という。どうして、支那だけがこんな現代に容れられぬ説を固持するのかというに、支那の古聖は政治を「王道」と「覇道」とに分かち、
「王道を以て、理想的な政治とし、徳を以て仁を行うものを王者としている。これに反し土地を重ずるを覇道として之を斥ける。王道より観れば土地は国家の要素ではない。国家は人であって、土地はこれを養う手段に過ぎない。」
として居る。支那人の国家観念はこれを以て知ることができる。

 支那人は古くから、前に述べたような考えを有っていたので、支那の政治とか制度とか、文化とか、或は礼楽典章等の総てが、国家というものを超越して居る。支那の文化や政治は、読書人の文化や政治で、社会民衆の実際生活とは没交渉であって、国家として必要な、国民教育というものが起っていない。

 元来、支那は極端なる「官尊民卑」の国である。この思想を馴致せる最大原因は、古代の教育制度が然らしめたのである。
 支那の教育は、自ら貴族と平民とを分離せしめた。貴族即ち官吏の教育方針と、平民の教育方針とが全然違っている。官吏は上に居って、下、平民を治める道を学び、平民は下に居って、上、官吏に治められるように教えられて来たのである。
 かくて、支那の貴族官吏は、治め易からんことを欲して、人民を「愚」にした。民とは「冥」即ち暗いという意で「民は無知ということである」と言った学者がある。支那の為政者は、人民を愚にして「知らしめずして」政治を行い、盲目的に「由らしめた」のである。
 
【四千年の夢が醒めた】
 支那人は、古代より超国家的な「天下観念」を以て満足していたので、近代的な新しい文明を有する列国が、世界の四方に相対立して居るというようなことは、全く気づかなかった。これを依然野蛮扱いにして、外国と交際せず、欧州人が貿易を求めて来た際にも、これを一隅に止めて、内地に入ることを許さなかった。ところが、この軽侮していた夷狄共が、隅の方で貿易をやって居る間に、英国の阿片戦争をきっかけに、英仏連合軍の侵略、日清戦争、義和団事件などが起って、散々に叩きのめされて、その上、土地は取られる、莫大なる賠償金は払わせられるという破目に陥ったのである。

 それと同時に、辺境地方は、片っ端から離脱して、前に述べたように「支那には国境がない」状態となった。そうして、この事実の前には「支那は即ち天下である」「天下は即ち支那である」といったような、独りよがりの理想は破滅されて、四千年来の「中華」の夢は、醒め果ててしまったのである。
 そうなると、支那は、近世的な「国家」でもなければ、また旧式な「天下」でもなくなった。天下でもなく又国家でもないとすれば、一つの「社会」と観るか、それとも、米人ギッポンス氏が、「支那は一つの国ではなく、一つの文明人である」といったように「文明」とでも考えなければ、考えようが無くなるのである。

 これに就いて、ジュネーヴで開かれた国際連盟会議にて、我が芳澤代表は「支那は擬制の国家である」と通告した。「擬は、なぞらえる、そういう形をして居るという意味、制は、制度の制である。その意は、支那は、国家の制度に擬[なぞら]えて、ああいうものが出来て居るに過ぎない。本当の国家ではない」というのである。実に適評である。支那は「擬国家」と思って置けば間違いはないのである。
 斯ういう風に支那を観ると、其の実態がハッキリとして支那は「不可解でなく」なり、支那の「謎」は容易に解けるのである。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。米国在住の駐在員です。
この記事についてではないのですが、
貴ホームページで「米国で論破本も出版」について、
もっと詳しく教えて頂けませんでしょうか。色々とキーワードで調べて見ましたがなかなかそれらしい本が見つかりません。
私たちのような駐在員に出来ることは、貴ブログにでている、良書を買うことぐらいしか出来ないと思います。
特に私などは買ってもろくに読めないのですが、一人でも多くのアメリカ人にプレゼントすることは出来ます。
貴ブログに出ている本を今までに8冊購入しましたが、どれも入手し難い状況です。書店には在庫は無く注文しても半分はNOT AVAILABLE という返事が返ってきます。ところが、日本を非難する類の本はよく目立つ所へおかれている状態です。アマゾンなどで検索しても星印が多いのは日本非難モノばかりで、いいことが書いてある本は根気強く検索しないとヒットしません。
私個人はあまりにも非力ですが、なるべく書店で注文の実績を作ったり、図書館で借りる要求をしたりしようと思っています。
かつて米国大統領が新渡戸稲造の「武士道」を私費で買い込みみんなに配った、そして日本贔屓が増え、ひいては日露戦争を有利に終結させることが出来た。という話を聞いたことがあります。
日本には立派な情報(諜報)機関が無いのだから、せめてその様な篤志家がいて頑張ってくれればと、思ったりします。
長々と失礼しました。
Posted by NTYK at 2007年04月13日 04:22
NTYK 様
コメント有難うございます。
いつも見て頂いているようで、恐縮です。
>>米国で論破本も出版
これは私もまだ入手できておりませんが、下記のURLで見つかると思います。タイトルは、
「The Politics of Nanjing」です。これで洋書の検索で
出てくるはずです。
他に和文と英文の両方で書かれた本があります。
(株)明成社から出ている「南京大虐殺」(世界に訴える日本の冤罪)という本です。
これももし入手困難のようでしたら、私から贈呈させて頂き、米国の人にも読んで頂ければ幸いです。
一応メールアドレスを書いておきますので、ご遠慮なくお申しつけ下さい。
josaito@par.odn.ne.jp
NTYK 様の当地でのご活動に敬意を表し、何となく嬉しい気がしています。
今後とも宜しくお願いします。

Posted by 小楠 at 2007年04月13日 07:42
>我が芳澤代表は「支那は擬制の国家である」
・現代の日本に以上の様な見識の有る為政者が潰滅したのは残念です。

中野江漢がこの記録を書いていたころの国の字は國だったはずです。
3千年以上昔の甲骨文字では、国構えが無くて、戈(ほこ)と小さな城を表す口だけでした。3千年くらい昔の金文文字では口の上下に横線が追加されて境の意味も含まれるようになりました。秦の始皇帝の文字大改革の後になって国構えが追加されてより範囲が明確化しました。当時の概念ではこの囲いの外は化外の地で蛮人の住むところでした。化外の内とは即ち人と皇帝が住む家または城内のことでした。これだけ見ても支那大陸には近代世界で言う“国”という概念が欠落していたことが判って面白いです。“民”の概念は無く、ただの禽獣だった(笑)。その概念を現代でも引きずっている地域があの支那大陸です。それなら“擬制の国家”と認識した上でお付き合いすれば何のことは無い、恐れることは無いのに何を考えているのやら今の日本の官公吏は全く愚かですね。失礼します。
Posted by k at 2007年04月24日 14:40
ケイ様
 この本は全部旧漢字、仮名使いですが、読みやすいように現代漢字に直して掲載いたしました。仰るように本来の意味は、旧漢字で書かないと表意文字の値打ちがありませんね。ご高説を有難うございます。
>>それなら“擬制の国家”と認識した上で
そうですね、相手の虚栄に気が付かないような者は政治家とはいえませんね。
Posted by 小楠 at 2007年04月25日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3698451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック