2007年04月06日

支那の話

日本と支那の関係

 昭和十三年八月から、支那事変の経緯と支那各地の産業、観光地等の知識を解説した内容を、現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されています。幅広の手帳サイズの本です。
 今回はその上巻の最後の方にある中野江漢の「支那の話」という部分から、今と同じように、当時の日本と支那の疎隔の原因についてのところを引用してみます。現在にも参考になるのではないでしょうか。
(字が小さく古い本なので、漢字の読取が間違うかも知れませんが、大抵は地名などの固有名詞の場合が多いので、ご容赦下さい)
nakano.jpg

引用開始
【日支疎隔の責は何れにあるか】
 然らば、日支の疎隔は、支那側の主張するが如く、其の責、日本にのみあるかというとそうではない。私をして忌憚なく言わしむれば、その最大原因は、日本側よりも寧ろ支那側に存すると思う。即ち、

[一]日本に対する嫉妬心に因づく。
 支那人は、日本の国運隆興に対して、常に嫉妬心を懐いて居る。彼等は日本の国力発展を呪詛せぬまでも、断じて歓迎せぬ。一体支那人は、個人としても甚だ嫉妬心が深く、猜疑心が強い。これが一つの国民性となって、男女、君臣、父子の間柄でも、常に嫉妬と猜疑に終始して居る。そこで、過去数千年間、東洋の盟主国として、先進国として国際間に重きを置かれた支那が後進国である日本のために凌駕せられて、その後塵を拝せなければならぬような境遇に立ったので、自負心と嫉妬心の強い彼らが、日本に対し好意を持たぬのは当然である。
 それが領土が接近し、同文同種というのが返って悪い結果を生んだ。猜疑や嫉妬は、多く近親の間に生じて疎遠の裡には起らぬ。個人の場合でも、零落して行く本家は、分家の繁栄を嫉妬し、分家の忠言には兎角耳を貸さず、却って他人の勧告に従い、その伝来の家宝を手放す際にも、之を熱望する分家よりも却って他人に売払うのが人情である。この理から推して考うれば、支那人の心裡がよくわかる。

[二]日本に対する猜疑心に因づく。
前項で述べたように、日本の支那に対する行為を総て侵略的と猜疑する。甚だしい誤解である。この誤解より「排日」運動が起った。

[三]「以夷制夷」政策に因づく。

 支那人は「夷を以て夷を制する」ことを、対外政策の第一義と信じ二千年来これに拠って居る。「以夷制夷」とは、「一外国の力を以て他の外国を制する」ということである。支那は従来、或時は甲乙二者を相闘わしめて、漁夫の利を占め、或時は甲と同盟して乙を制した。この筆法を以て常に日本を牽制するために欧米の力を利用して来た。
 それには日本も責を負わねばならぬ。なぜならば、日本従来の外交が欧米依存主義であつたから、支那の軽侮を招き、日本が気がねし、畏敬する外国に依った方がよいと考え、それがこの政策に的中したのである。欧米は亦、支那に利用されつつある如くにして返って支那を利用し、支那より日本の勢力を駆逐せんとしたのである。ワシントン会議でも、国際連盟会議に於ける、外国の支那援助の態度をみれば、この間の消息がよくわかる。

[四]国内統一の為に排日を扇動せるに因る。
 支那人は、物事に付和雷同する。事件の原因も知らず、真相も明にせず、扇動されると直ぐ騒ぐ、恰も「一犬虚に吠えると万犬実を伝う」というが如くである。この支那人の特質を利用して「排日」を扇動せる外国があり、また「排日」に民心を集中させ、自個の政策を遂行し、支那の統一を計らんとした国民政府がある。

 以上は、その主なるものを挙げたに過ぎないが、日支親善を阻害せる責は、明かに支那が負うべきである。しかし、ここに至らしめたるには、また日本としても一部の責は免れぬ。日本には、

[一]確乎たる対支方針が無かったこと。

[二]日本の外交は欧米依存主義であったから支那の侮蔑を招いたこと。

[三]支那に対し阿諛政策を執ったこと、例えばワシントン会議の結果、山東を還付するに当り、日本の態度が屈辱過ぎたこと、対支文化事業が余りに支那人に迎合し過ぎたこと南京事件をはじめ、漢口、蘇州、済南その他に起れる邦人侮蔑事件に対し、無抵抗主義を執ったこと等である。

 要するに、日本は「日支親善」という大目的のために、何事をも犠牲に供せんとする政策行動がかえって禍をなしたのである。
 支那人が、冒頭より日本を排斥し、日本を猜忌する場合に、日本だけが親善を齷齪するのは、「日本は支那と提携せねばならぬ事情があるから親善を求めるのだ」と軽侮され、「日本は自己の為にせんがために支那に接近するのだ」と疑惑を買うことになる

 嘗つて、日本の大実業家を以て成る経済使節団が、南京に蒋介石を訪うた時、蒋が、「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」と、論語の文句を引いて風刺したことがある。これを観ても支那人最近の対日観を知ることができる。
 日支見解の錯誤は、以上の諸点にあったのだ。またこう言う誤解が、延いては、今回の事態を惹起する、遠因となっているのである。
引用終わり

 七十年後の現在、未だにこのことを教訓とせず、全く同じことをやって何の成果も上がるどころか、益々付け込まれています。
政治家や官僚は全く勉強が足りないと言わざるを得ません。
posted by 小楠 at 07:14| Comment(6) | TrackBack(1) | 書棚の中の中国
この記事へのコメント
 とっくに気が付いていたんですよね、昔の人は。
 印象深いのは、松井石根大将ですね。あの方は正に「支那通」と言われて居たようで、支那人を良く知り、支那との付き合い方も心得ておられたように思います。

>十年後の現在、未だにこのことを教訓とせず、全く同じことをやって何の成果も上がるどころか、益々付け込まれています。
政治家や官僚は全く勉強が足りないと言わざるを得ません。
・同感です。
 勉強が足りないと言うか、無知と言うか、誇りが無いというか、腹が立ちます。

 旧記事ですが、支那人との死生観の違いの記事TBさせていただきます。
Posted by tono at 2007年04月06日 13:09
tono 様
TBも有難うございます。
どうも今の政治家は○に目が眩んでいるためか、日本人の精神衛生には悪過ぎますねー。
国のために何かしたというようなことは全く聞いたことがないと思いませんか。
全くおかしな国です。ここらでまた維新が必要ですね。
Posted by 小楠 at 2007年04月06日 15:58
中野江漢は支那人と思われるくらい支那人を知っていて驚きです。大戦以前の日本には優れた人材が多く居たのに何ゆえ現代日本では霧散霧消してしまったんでしょうか。思うに教育ですね。骨抜き教育の60年間に日本人はすっかり単なる愚民・愚衆に零落したとしか考えられません(こちらのBlogを訪問されるかたと関係者の皆様は除くです)。安部ちゃんは温家宝にまで舐められて先手を打たれてしまい靖国神社にも行けなくなり、鮮匪もどきのホンダには米国で煽動されて米国議会の日本離れを助長されてしまい、それでも何も打つ手を知らないで黙っているなんて日本ほど”叩き易くて愉快な國”はありませんね。怒るときに怒らないマスゴミも愚かですが血税をただ喰いしている滑稽議員はもっと愚かで泣けてきます。やりきれませんね。やはり軍隊しかありませんよ。
Posted by k at 2007年04月06日 17:40
ケイ様
この「支那事変の栞」全三巻は大変面白いですよ。当時の支那をほとんど全土に亙って紹介し、戦闘の模様も詳細です。
たまたま上巻の最後の方にあったのが、この中野江漢の「支那の話」です。
なかなか内容がいいので、今後続いて何回かに分けて掲載するつもりです。
Posted by 小楠 at 2007年04月06日 20:00
本当にこれは、現代の日中関係のことを書いているのではないかと思うくらい変わっていませんね。
Posted by milesta at 2007年04月07日 19:15
milesta 様
民族性は簡単には変わりませんね。
このように相手を知って交渉するのが大切ですよね。
日本人の常識だけではだめでしょう。
Posted by 小楠 at 2007年04月07日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3672501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本人と中国人の死生観を 考える
Excerpt:   あらたまの 年の初めに 省みる   我笑いつつ 凛と召さるや  元旦の挨拶に書いた「歌」(のつもりだが、なんせ素人ゆえ。。。)である。 下手なりに、皆さんには分かって貰えるのではないかと思う。  ..
Weblog: 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
Tracked: 2007-04-06 12:57