2007年03月17日

独立国台湾は自明の理

李登輝単独インタビュー

阮銘著「共産中国にしてやられるアメリカ」という本からご紹介しています。
阮銘氏は1946年十五歳で共産党に入党し、党中央宣伝部にまわされるが、文化大革命で辛酸をなめた。文革後胡耀邦に招かれたが、天安門事件を機に台湾に亡命、帰化し、台湾の民主化に情熱を燃やし続けています。
genmei.jpg

引用開始
 クリントンと江沢民が密室で交わした会話のなかには、未公開の約束があった。クリントンの1995年8月の密書のなかにある「三つの不支持」を重ねて話し合ったことだ。
 自由の大国の元首が、奴役制度の独裁者とのあいだで、自由と民主の国、台湾の主権を犠牲にする取引を行うことは、チェンバレンとヒトラーがミュンヘンにおいてチェコを犠牲にした取引と、どう違うというのか。
 しかしながら、クリントンと江沢民は、台湾はチェコではなく、李登輝はチェコの大統領エドゥアルド・ベネシュでないとは予想だにしていなかった。
 李登輝がアメリカ在台湾協会主席理事のリチャード・ブッシュから、クリントン・江沢民の会談内容の簡単な報告を受けたその日(1997年11月6日)とその翌日、『ワシントン・ポスト』と『ロンドン・タイムズ』がつづけて李登輝に単独インタビューを行い、二つの特別記事はたちまち世界に報道された。そのなかで李登輝はこう述べている。

「われわれ台湾人民は、台湾が中国の一省であることに同意しない。台湾は台湾であり、われわれは一つの独立した主権国家です」(『ワシントン・ポスト』)

「台湾は北京を離れて自立しており、イギリスやフランスと同じように、一つの独立国家です」(『ロンドン・タイムズ』)

 これらを李登輝の「独立宣言」というなら、かぎ括弧をつけなくてはならない。というのは、李登輝は新たに独立の主張のたぐいを宣言しているのではなく、すでに自明の事実を述べただけだからである。これらの言葉は台湾に対する国際社会の無知を改めさせ、共産中国の歪曲を正し、共産中国の民主台湾に対する併呑を防止するものであり、不可欠かつ時宜にかなうものであった。・・・・・・・

 江沢民は李登輝から台湾を奪えないと見るや、クリントンに食い込み、クリントンを通じて李登輝を無理やり黙らせた。江はクリントンが「モニカ・ルインスキ・スキャンダル」に見舞われている機に乗じて、クリントンを中国に招待した(1998年10月の予定を6月に早めた)
 クリントンの訪中は九日間に及び、・・・しかもわざわざ中国一国だけを訪問し、同盟国である日本と韓国の訪問を断った・・・・

クリントンの八つのイエスと三つのノー

 クリントンは中国にいて、江沢民が欲しいと言えば何でも与えた。・・・
『ニューヨーク・タイムズ』のコラムニスト、ウィリアム・サファイアは、「八つのイエス」と題してこれを論評した。・・・・

1,天安門の弾圧にイエスを言った。クリントンは、下院が三百六対十六という絶対多数で可決した「天安門前で観閲するべきではない」との決議を無視して、九年前に学生と平民を殺戮した軍隊を天安門で閲兵し、歴史の誤りを正すことを拒んだ江沢民を満足させた。

2,共産中国が堅持した中国単独訪問にイエスを言った。そしてアメリカの同盟国である日本と韓国の訪問計画を取りやめた。

3,共産中国が入国を拒否した随行団のメンバーにイエスを言った。「自由アジア放送」の三人の記者の随行に中国が反対し、彼らは随行メンバーからはずされた。

4,共産中国が要求したWTO(世界貿易機関)の加盟基準のレベル引き下げにイエスを言った。クリントンが上海放送局で「中国は未成熟」と発言したため、WTOは加盟のレベルを低めに調整することになった。

5,共産中国が異議申し立て分子を迫害したことにイエスを言った。クリントンは江沢民が魏京生、王丹ら異議申し立て分子を放逐したことを「中国の自由の進歩」と賞賛した。

6,江沢民個人に対する支持を強く表明してほしいとの頼みにイエスを言った。クリントンは最上級の褒め言葉をもって、この共産帝国の独裁者にお墨付きを与えた。訪問最終日に香港の記者会見で、クリントンは江沢民を、飛びぬけて聡明、非凡なほどエネルギッシュ、活力にみちている、創造力豊かと評し、ビジョンがあり、理想があり、未来を予見できる人物等々と盛んに褒め称え、「中国はいい時期に正しい領袖をもった」「中国を民主化へと導き、改革の抵抗勢力を徹底的に瓦解させる」人物であると断言した。

7,ミサイル技術の売却制限協定加入の引き延ばしにイエスを言った。ミサイル技術を売却する時間がもっとほしいという江沢民にクリントンは同意を示した。

8,共産中国が期待する「戦略的パートナーシップ」の締結にイエスを言った。そして、これをもってアメリカのアジア同盟国を抑えた。

三つの「ノー」とは、以下のものである。
1,アメリカは台湾独立を支持しない。
2,アメリカは「二つの中国」あるいは「一つの中国、一つの台湾」を支持しない。
3,アメリカは、台湾が主権国家組織(国連加盟国)になれるとは考えない。

引用終わり

 私がクリントンを米国歴代最低の大統領と考える理由が列挙されています。これはとりもなおさずアメリカ民主党の真意をあからさまにしたものでしょう。
 現状のさまざまな問題を考えると、次のアメリカ大統領選が日本にとって大切な意味を持っています。現共和党政権の間に、特に日本の国防についての思い切った施策の決定が必要だと思います。
posted by 小楠 at 07:17| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
次期米大統領選挙の結果、民主党が政権を取れば日米関係に軋みが出るのは必定ですね。日米関係より、中米関係を優先させるでしょう。国内にあっては山崎・加藤・二階堂等の媚中派が会合、なにやら売国策を考えている様。
Posted by カピタン at 2007年03月17日 15:24
カピタン様
言われている議員たちは次回に落選させるようになれば、日本もかなり良い方向へ向くと思いますね。
自民でも、こんな議員連中はどんどん排除させましょう。
Posted by 小楠 at 2007年03月17日 17:21
鼻っぱしらの強いヒラリー民主党に対抗しうる女性与党政治指導者をいまからでも準備しておかないと日本は危険ですね。中国の一省化は限りなく現実化してしまいます。雌鳥同士の熱い戦いを世界に発信してもらいたいです。
敵は外ではなく内にいます。まず日本に居る贋日本人を退治ですね国防のためにも。
Posted by k at 2007年03月18日 15:58
k 様
>>まず日本に居る贋日本人を退治ですね国防のためにも。

私もそれが先ず第一の日本の課題だと思っています。
米中韓のことを言っているよりも、本当は国内の日本人の敵を徹底排除して、政治的な力を弱体化することですね。
Posted by 小楠 at 2007年03月18日 16:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3544037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

中 孝介ってどんな人?
Excerpt: 中孝介、その声、歌詞の美しさを試聴して感動した人が多いでしょう。その中孝介が海外で活躍しています。早く、日本での活躍を見たいものです。
Weblog: 中 孝介
Tracked: 2007-03-17 14:43