2007年03月14日

台湾民主化と独裁中国

蒋経国の台湾生き残り策は民主化転換

阮銘著「共産中国にしてやられるアメリカ」という本からご紹介しています。
 阮銘氏は1946年十五歳で共産党に入党し、党中央宣伝部にまわされるが、文化大革命で辛酸をなめた。文革後胡耀邦に招かれたが、天安門事件を機に台湾に亡命、帰化し、台湾の民主化に情熱を燃やし続けています。
(トウ小平のトウを漢字にすると何故か文字化けしますので、トウとしています)
genmei.jpg

引用開始
 トウ小平の包囲戦略に対して、最も力を貸したのはカーター政権だった。カーターは議会の圧力のもとで「台湾関係法」に署名したが、トウ小平の意に屈しており、「関係法」を遵守するつもりはなかった。
 カーターは表と裏の二つの手法をとった。議会を適当にあしらいながら、行政部門に機密のメモを通達して、台湾を封じ込めるトウ小平政権の覇権主義的要求を満足させた。そのメモには次のことが示されていた。

 アメリカの将校を含む上級官僚の台湾訪問を一切禁止する。アメリカ在台協会の駐在員と、台湾のなかの“敏感な”部門、すなわち総統府、行政院、外交部といった機関との公務の協議を禁止する。台湾駐米代表処の職員とアメリカの官庁との公務の協議を禁止する。また、アメリカの官庁や職員が台湾側に文書を送付するときは、機関名のついたレターヘッドの使用を禁止し、役人の名前を出してはならないとしたが、このような文書を「ノン・ペーパー」と言った。
 中国共産党の独裁者にしか考え出せない手管だが、カーター大統領はこのような禁止規定をすべて受け入れ、大統領の行政命令として米台両国の役人をこれに従わせた。・・・・・・

 蒋経国がトウ小平の「アメリカと連合して台湾に圧力を加える」包囲のなかで、勝に転じることができたのは、包囲突破のために打ったいくつかの手にあった。

一、蒋経国は「接触せず、交渉せず、妥協せず」の確固とした姿勢をもってトウ小平の「国共第三次合作」と「八十年代の統一スケジュール」に回答した。・・・・・
 蒋経国は、はっきりとトウ小平の「国共和平会談」提案を拒否しただけでなく、・・・・略・・・
 レーガン大統領宛の手紙で、共産中国は種々の手段を使って台湾を国際的に孤立させている。台湾は米中関係の邪魔者であるとして、アメリカが「台湾関係法」を破棄し、台湾に対する武器売却を停止し、台湾が平和統一の話し合いに応じるべく企図しているが、自分は絶対に共産中国と交渉しない決心であると訴えている。

二、行政当局の裏切り行為に対して、カーター政権を牽制し、台米間の実質的な関係を維持・保護するよう、議会や民意に訴えた。
 影響力をもつ人間をアメリカに派遣し、議員や各界の友人たちと今後の台米関係を話し合わせ、議会や世論に支持を訴えさせた。その結果、台湾の境遇に対して広範な同情と支持が得られ、カーターの間違った政策は厳しく批判された。

 駐中連絡事務所長をつとめ、のちに第四十一代大統領になったブッシュは、1978年12月24日付『ワシントン・ポスト』に寄稿し、「われわれと北京との交易は完全に持ち出しで、利益なし」と題する文章のなかで、「不思議なことに、わが国が中国の三条件(断交、米軍撤退、条約破棄)を全面的に受け入れ、忠実な友人(台湾)を見捨てたことは、わが国の歴史上初めて、平和時において理由もなく利益もなしに同盟国との条約を破棄したことを意味する」と書いた。

 アメリカ世論と議会の批判を受け、カーターはやむを得ず、トウ小平の意思に背いて、1979年4月に「台湾関係法」に署名した。カーターが大統領再任選に敗北して以来、台湾とアメリカの実質的な関係はこの法律のもとで維持・保護され、「アメリカと連合して台湾に圧力を加える」というトウ小平の統一の夢は打ち破られた。

三、自由民主化運動や反政府派に妥協・譲歩し、「大陸反攻」の大中国民族主義を放棄し、国民党の党国専制の戒厳統治を終結し、「革新保台」のために自由化・民主化の道を歩み出した。・・・・
 蒋経国は「革新による台湾死守」を打ち出した。戒厳を解除し、党禁(政党の新規結成禁止措置)と報禁(新聞の新規発行、既存新聞の増頁禁止)を解除し、民意代表の直接選挙を行う準備をするのである。

四、変革を拒否し、党国専制統治を堅持する大中国民族主義者を権力の中枢から排除し、国家権力を「革新保台」を認める自由民主派に移す。
 国民党中央常任委員十二名からなる政治革新小組がモタモタしていると言い、蒋経国は李登輝に、小組会議を主宰して民主改革を加速させよと指示した。・・・・

 蒋経国は李登輝を彼の「革新保台」戦略の後継者として選んだが、それが唯一の正しい選択であったことは、その後の歴史が明らかにしている。
 蒋経国の目には、李登輝だけが、蒋経国式の使命感や意志力をもち、大きな転換点に立っても変わらぬ強い信念と臨機応変の力をそなえ、内外のさまざまな困難や障害を排除し、台湾を独立させ生存させ得る人物だと映ったのである。李登輝の言葉によれば、彼は「経国学校の生徒」であった。
・・・・・・

 アメリカ駐台湾代表のジェームズ・リリーは「蒋経国は李登輝を継承者に抜擢すると決めると、彼を副総統選挙候補に指名し、新しい職に就かせて養成した。1984年3月には、李登輝にアメリカ人のものの考え方を理解させるために、彼と一緒に台湾一周旅行をしてもらえないかと私に頼んできた。われわれ二組の夫婦だけの略式の旅行ということだった・・・」
と述べている。・・・・参考記事

 1989年5月16日、蒋経国の死去から一年ののち、トウ小平はソ連共産党総書記のゴルバチョフと会ったさいに、ゴルバチョフに向って「私の一生で一つだけやり残したことがある。台湾問題だ。おそらく解決の日を見ることはなかろう」と語った。トウ小平は、蒋経国との賭けに負けたことを認めたのである。そのとき台湾は戒厳統治が終結し、自由と民主の道を歩き出していた。一方、ゴルバチョフが中国を離れると、トウ小平は北京に戒厳を宣言し、軍隊と戦車の出動を命じ、天安門広場において学生と市民による民主化運動を弾圧したのである。
引用終わり

 日本もこの台湾の勇気ある施策を真似るべきでしょう。媚中派の政治家、官僚はすべて排除しなければ、真の自主独立国家とは成りえないと思いますが
posted by 小楠 at 07:26| Comment(7) | TrackBack(1) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
>>媚中派の政治家、官僚はすべて排除しなければ<<我が国には獅子身中の虫が多すぎます!
今日の「読書ノート」には台湾の声からの転載で「台湾独立は中華民国からの独立だとなぜ訴えないのか」との主張が掲載されてました。
http://d.hatena.ne.jp/yamatodamasii/
台湾の国名での国連加盟の動きもあるようにどこかで見かけましたが、日本はもっと台湾を大事にするべきです。
この6月に初めて台湾へ旅行するつもりなので、今からとても楽しみにしてます。
Posted by おばりん at 2007年03月15日 21:04
おばりん様
>>台湾独立は中華民国からの独立
こう言う考えもされてるんですね。
私は台湾はもともと独立した一国だと思っていましたから、独立という言葉も使わない方がいいのではないかと思っています。
ただここで言われるように、国民党中華民国からの独立という意味を前面に掲げて、中共とは無関係の意味を明確に打ち出すためなら、これもいいかも知れませんね。
Posted by 小楠 at 2007年03月15日 21:33
本省人(台灣Nativeの意)の李登輝さんは勇気ある真の政治家ですね、”人材”です。最近も台湾”独立”などとわざわざ叫ぶなと、自国民に喧伝しています。至極当然でしょう、なぜなら台灣は元々独立国ですから。
外省人(戦後大陸から盗みをするために台灣へ渡って来た支那人)も大勢居るので台灣の先行きが懸念されます。

拝金教徒に下落した日本の政治屋は彼を見習うべきだと思います。凡胎出身の者だけで政治をやっている日本はこのままでは共匪(支那の共産党一族郎党ども)や鮮匪(朝賤半島の鮮人や在日の鮮人)の意のままになってしまいます。
『出てきてください本物の政治家』とだけ申し添えたいです。
Posted by k at 2007年03月16日 18:00
k 様
>>拝金教徒に下落した日本の政治屋は彼を見習うべきだと思います。

実にその通りだと思いますが、果たして日本に何人いるでしょうね。
東国原知事のように外国人記者に事実をはっきり言える人が国会にいて欲しいとまで思ってしまいます。
日本の国会議員は、これを聞いたらどう思うのでしょうか。
Posted by 小楠 at 2007年03月16日 19:11
(*゚ー゚)vオハヨ-御座います。

えっと、私は台湾は独立をシッカリした方が良いような気がします。それは戦争に繋がる危険はあるかも知れませんが、本来独立とは戦って勝ち取るものですから。

それに、独立して各国の承認が得られれば、台湾には国際的に各国と平等な地位が与えられます。今のままではまだ中途半端すぎます。


もう一つ。今度の北京オリンピックはとても良い機会ではないでしょうか?オリンピックを各国にボイコットさせるような動きが出れば、それは北京政府の威信が失墜した事を表し、北京政府は瓦解する可能性もあるでしょう。それは彼らは何としても避けたい。

それならば、そこを狙って独立すれば良いと思います。でも、如何にして西側諸国を納得させるかがキーですけどね。

やっぱりチャンスだと思うなぁー♪
安倍さんが台湾の独立を後押しすると良いんだけど・・・
Posted by keinoheart at 2007年03月21日 09:50
>>やっぱりチャンスだと思うなぁー♪
やっぱりそう思われますか、私も密かに期待しているのですが。先ず日本が五輪ボイコットして欲しいところ、河野のように北京五輪を成功させる会とか、全く基地外じみた奴らです。
返す返すも角栄の日中国交時に台湾を切り離したことが悔やまれます。
Posted by 小楠 at 2007年03月21日 12:34
※コピペ拡散推奨
北朝鮮や、北朝鮮を援助しているテロ支援国家の「韓国」や「朝鮮総連」や「韓国民団」に対して怒りを感じている人は、
抗議活動としてこれらの商品を「買わない」「利用しない」という「不買運動」で抗議しましょう。

《 韓国企業、在日企業、朝鮮企業製品不買運動 》  
【 飲食系 】
・ロッテ (ガム、アイス等のお菓子)
・ロッテリア (ファーストフード)
・JINRO (焼酎、「真露」グループ焼酎メーカー)
・白木屋、笑笑、魚民、笑兵衛、暖暖、和吉(居酒屋、モンテローザ系列店)
・安楽亭 (焼肉、飲食店)
・モランボン (焼肉調味料)
【 電化製品、IT系 】
・Yahoo! BB (インターネットプロバイダ)
・サムスン (電化製品)
・LG電子 (電化製品)
・DAEWOO (電化製品)
【 娯楽 】
・パチンコ、パチスロ店の8割〜9割が在日朝鮮企業
・歌広場 (カラオケ)
・千葉ロッテマリーンズ (プロ野球)
・漫画広場 (漫画喫茶)
【 TV、出版、書籍系 】
・ソフトバンクパブリッシング (書籍、雑誌、「ネットランナー」など)
・イエローキャブ(セクシータレント事務所)
【 金 融 】・サラ金の殆どが朝鮮系 ・青空銀行 ・朝銀(破綻後は「ハナ信金」)・Eトレード証券
【 量販店 】・オリンピック ・ドン・キホーテ
【 交通 】 ・大韓航空  ・アシアナ航空  ・MKタクシー
【 車メーカー 】 ・ヒュンダイ (自動車)
Posted by pe at 2010年01月11日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3524840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『台湾の主張』 李登輝  〜『大地の咆哮』の補足として〜
Excerpt: 台湾の主張李 登輝 (1999/06)PHP研究所この商品の詳細を見る 『大地の咆哮』を読みながら、ずっとこの本を思い出していた。中国の農業政策の失敗、無計画なダム建設による水不足・・・李登輝..
Weblog: 本からの贈り物
Tracked: 2007-03-14 12:01