2007年03月13日

クリントンの奴隷根性

自由の世紀における荒唐無稽な話

阮銘著「共産中国にしてやられるアメリカ」という本からご紹介しています。
 阮銘氏は1946年十五歳で共産党に入党し、党中央宣伝部にまわされるが、文化大革命で辛酸をなめた。文革後胡耀邦に招かれたが、天安門事件を機に台湾に亡命、帰化し、台湾の民主化に情熱を燃やし続けています。
(トウ小平のトウを漢字にすると何故か文字化けしますので、トウとしています)
 なお、現在同盟国である日本やトルコまで貶める決議をしようとしているのもアメリカ民主党議員であることを考慮に入れてご覧下さい。
genmei.jpg

引用開始
 荒唐無稽なパフォーマンスはカーター大統領が始めた。「人権大統領」と称されるカーターは、中国共産党が人権を踏みにじっているのを見て見ぬふりをし、トウ小平と手を組み、1978年12月、ワシントンと北京で台湾人民に不意打ちを加え、台湾との「断交、米軍撤退、条約破棄」を世界に宣言し、台湾を国際社会の中で孤立させたのである。
 そのころの台湾は、国民党一党独裁下の「党国専制」であり、おりしも台湾人民が、「大陸に反攻する」という口実のもとで、この党国政府が戒厳令統治を行っていることに反発していた。

 「人権大統領」カーターは、自由、民主、人権を勝ち取るための台湾人民の戦いを支持しなかったばかりか、共産中国が台湾併呑のために準備していた軍事覇権拡張に青信号をともしたのである。このようなやり方は、国民党という外来政権の暴政を終わらせるために奮闘していた台湾人民を、こんどは共産党という外来政権の暴政下で奴隷状態に陥れる企みだったと言えないか。
 それ以上に荒唐無稽なパフォーマンスは、その後登場したクリントン政権時代に演じられた。
 
 クリントンが大統領に就任したとき、ソ連帝国はすでに崩壊しており、もはやアメリカは中国と手を組む必要はなく、天安門事件後に成立した江沢民政権は安定していなかった。クリントンは、1992年の大統領選では「バグダッドから北京までの暴君」に真剣に立ち向かうと発言していた。・・・・・・
 ところが、クリントンは、ソ連消滅後の世界をリードし、自由に邁進するという、歴史が彼に与えた最良のチャンスをとらえることなく、逆の選択をして歴史の潮流に逆らい、中国の共産党独裁政権と「建設的・戦略的パートナーシップ」を結び、中国の新しい奴役制度の台頭に迎合し、新たな「バランス・オブ・パワー」を築いた。・・・・・

 荒唐無稽な芝居は、1998年北京で、翌99年にニュジーランドのオークランドでクライマックスを迎えた。1998年6月27日午前9時、クリントンは江沢民の権勢欲を満足させるため、上院が30対16で中止を勧告したにもかかわらず、9年前に学生と平民が虐殺された広場において、江沢民と肩を並べて人民解放軍を閲兵したのだ。・・・・・
 この朝貢訪問で、クリントンは江沢民の言いなりだった。
『ニューヨーク・タイムズ』のコラムニスト、ウイリアム・サファイアは、次のように指摘している。
「江沢民がクリントンに無理強いした八項目の要求(天安門広場での閲兵、天安門虐殺事件を肯定する裏書きを与える、日韓の同盟国訪問を後回しにする、中国を持ち上げ日本を貶めるなど)には、いずれも頭を下げて『イエス』と応じた。これが『八つのイエス』である。しかも大統領は、台湾を支持しないとの『三つのノー』を付け加えた」

 評論家のA・M・ローゼンタールは、The March of Folly のなかでこう評している。
「クリントンが、奴隷根性式に共産中国の強権政府のために裏書きを与えたことは、人を困惑させる。なぜ自由主義の国アメリカが専制覇権国家を支持し、強大になることに手を貸すのか。中国が強大になれば、やがてアメリカを脅かすことになるのではないか。
 唯一の理由は、愚かな自己欺瞞から、歴史的教訓を汲み取るのを拒んでいることだ。このようなことは自由主義国家にとって故意の犯罪に近い」
参考記事1
参考記事2

 1999年9月11日、「二十一世紀に向う建設的・戦略的パートナーシップ」を結んだクリントンは、オークランドで江沢民との「頂上会談」を行った。江沢民はクリントンに、「外敵」たる李登輝、「内敵」たる法輪功という二つの敵に対処するのに手を貸してほしいと頼んだ。 当時の台湾は、李登輝総統の指導のもと、経済発展と民主主義の奇蹟を実現させて世界中から注目を浴びていた。「静かなる革命」を完成し、アジアの新興自由民主主義国家の手本となっており、李登輝総統は国際世論から「ミスター・デモクラシー」と呼ばれていた。

 江沢民は台湾の民主主義の勝利に恐慌をきたし、オークランドにおけるクリントンとの共同記者会見の席上、「われわれと李登輝氏との戦いは、中国の主権と領土保全が維持されるか分裂するかの闘争である。われわれは、武力行使の放棄を絶対に承諾しない」と威嚇し、クリントンは「李登輝総統の二国論は、中国とアメリカに多くのトラブルをもたらしている。私は本日、一つの中国政策の実行を再度言明する」と付和雷同した。

 江沢民は、強権によって法輪功を弾圧したことについてアメリカ政府の支持を得るべく、法輪功信者を誹謗する、でっち上げの御用出版物『邪教法輪功』をクリントンに贈呈し、クリントン大統領はこれを恭しく受取り、「北京の暴君」の暴政に裏書きした。

 オークランドの会談後、江沢民の意を汲んだクリントンは、ただちに代表を国連の総務委員会に派遣して「民主台湾の国連加盟案を大会の議事日程にのせない」と発言させた。これが、国連安保理の常任理事国が、台湾の加盟案を封殺するという恥ずべき事件の由来である。国連には191の加盟国があり、自由民主主義国家、専制独裁国家から、いわゆる「分裂国家」、「悪の枢軸」国家まで含まれているというのに、アジアの自由民主主義国の手本である台湾が排除されているのは、国連の恥と言えないか。
引用終わり

 アメリカ民主党というのは、ほとんど共産党に近い考えを持っているように思えます、また、日本との戦争も原爆を落としたのも民主党政権の所業です。
 日本は次にアメリカに民主党政権が出来るまでに、大切な国防他の準備をしておく必要に迫られているのではないでしょうか。
posted by 小楠 at 07:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係
この記事へのコメント
「李登輝総統の二国論は、中国とアメリカに多くのトラブルをもたらしている。」ってどういう権限で言っているんでしょう?今回の従軍慰安婦問題もそうですけど、中国の顔色を窺ってよその国のことに口出ししすぎです。

オーストラリアもそうですが、西洋社会は中国に過大な幻想を抱いているところがありますね。歴史が古いとか、人口が多くて今後の経済力が期待できるとか・・・。そして、よくよく聞いてみると、中国と日本の区別がついてなかったりするんです。そんな部外者が不勉強のままアジアのことに口出しするなと言いたい。
Posted by milesta at 2007年03月13日 10:51
milesta 様
アメリカ民主党は未だにヤルタ密約のようなことをやってますね。
日本固有の北方領土をソ連にやるとかと同じように。これはまだまだアジアの国をバカにした、植民地主義時代の考えそのままです。

Posted by 小楠 at 2007年03月13日 16:18
小楠さん こんにちは。

アメリカにも、色々な党があって当たり前ですよね。どの党が政権を取るかが重大なのだと気付かせていただきました。大発見ですね。
Posted by はるか at 2007年03月13日 18:26
ヒラリー民主党が次期政権を握ると更に米国の中国寄りが進捗しますね。支那人が更に不法侵入しやすくなり米国はどんどん支那化していきます。いずれは米国も支那人に牛耳られる時代が来るのかと想像するだけで恐ろしくなってきました。早く日本は”独立自立国家”を宣言しないといけません。
クリントン現役のころ日本の頭を飛び越して中国へ行き兵馬俑で満悦していたことがあります。
Posted by ケイさん語録 at 2007年03月13日 19:25
はるか様今晩は。
>>どの党が政権を取るかが重大
そうですね、アメリカの民主党は中国びいきですからね。自由民主を叫ぶ国が日本を跳び越して中狂へなびくなど、建国の精神もあったものじゃありません。

ケイ様
>>ヒラリー民主党が次期政権を握ると
それが心配です。ますます米国内での反日が勢いづきますね。
しかし、よくもまあクリントンを持ち上げるなーと考えられませんよ。
あれは歴代でも最低の大統領だったと思いますが。
Posted by 小楠 at 2007年03月13日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3519420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック