2007年02月24日

モースの日本観察1

正直な日本人に感心
esmorse.jpg

 ご存知、大森貝塚の発見で有名な、エドワード・シルベスタ・モース著の「日本その日その日1」から、モースの観察した日本の一部をご紹介してみます。
原書は1917年となっており、全訳が昭和四年となっています。それを復刻したものが今回ご紹介する本です。
第一章は、「1877年の日本――横浜と東京」から始まっています。
morse.jpg

引用開始
 不思議な有様の町を歩いていて、アメリカ製のミシンがカチカチいっているのを聞くと妙な気がする。日本人がいろいろな新しい考案を素早く採用するやり口を見ると、この古い国民は、支那で見られる万事を死滅させるような保守主義に縛りつけられていないことが非常にハッキリ判る。

 私は人力車夫が四人いる所に歩みよった。私は、米国の辻馬車がするように、彼等もまた揃って私の方に駆けつけるかなと思っていたが、事実はそれに反し、一人がしゃがんで長さの異なった麦藁を四本拾い、そして籤を抽くのであった。運のいい一人が私をのせて停車場へ行くようになっても、他の三人は何等いやな感情を示さなかった。

 汽車に間に合わせるためには、大きに急がねばならなかったので、途中、私の人力車の車輪が前に行く人力車のこしきにぶつかった。車夫たちはお互いに邪魔したことを微笑で詫び合っただけで走り続けた。私は即刻この行為と、我国でこのような場合に必ず起こる罵詈雑言とを比較した。

 何度となく人力車に乗っている間に、私は車夫が如何に注意深く道路にいる猫や犬や鶏を避けるかに気がついた。また今迄の所、動物に対して癇癪を起したり、虐待したりするのは見たことがない。口小言を言う大人もいない。これは私一人の非常に限られた経験を――もっとも私は常に注意深く観察していたが――基礎として記すのではなく、この国に数年来住んでいる人々の証言に拠っているのである。・・・・・・

 人々が正直である国にいることは実に気持がよい。私は決して札入れや懐中時計の見張りをしようとしない。錠をかけぬ部屋の机の上に、私は小銭を置いたままにするのだが、日本人の子供や召使いは一日に数十回出入りしても、触ってならぬ物には決して手を触れぬ。私の大外套と春の外套をクリーニングするために持って行った召使いは、間もなくポケットの一つに小銭若干が入っていたのに気がついてそれを持って来たが、また今度はサンフランシスコの乗合馬車の切符を三枚持って来た。

 この国の人々も所謂文明人としばらく交わっていると盗みをすることがあるそうであるが、内地に入ると不正直というようなことは殆ど無く、条約港に於ても稀なことである。日本人が正直であることの最もよい実証は、三千万人の国民の住家に錠も鍵もかんぬきも戸鈕(ちゅう)も――いや、錠をかけるべき戸すらも無いことである。昼間は辷る衝立が彼等の持つ唯一のドアであるが、而もその構造たるや十歳の子供もこれを引き下し、あるいはそれに穴を明ける得る程弱いのである。・・・・・・

 いろいろな事柄の中で外国人の筆者達が一人残らず一致する事がある。それは日本が子供達の天国だということである。この国の子供達は親切に取扱われるばかりでなく、他のいずれの国の子供達よりも多くの自由を持ち、その自由を濫用することはより少なく、気持のよい経験の、より多くの変化を持っている。赤坊時代にはしょっ中、お母さんなり他の人々なりの背に乗っている。刑罰もなく、咎めることもなく、叱られることもなく、五月蝿く愚図愚図いわれることもない。日本の子供が受ける恩恵と特典とから考えると、彼等は如何にも甘やかされて増長してしまいそうであるが、而も世界中で両親を敬愛し老年者を尊敬すること日本の子供に如くものはない。・・・・・・

 日本人の綺麗好きなことは常に外国人が口にしている。日本人は家に入るのに足袋以外は履いていない。木製の履物なり藁の草履なりを文字通り踏み外してから入る。最下層の子供達は家の前で遊ぶが、それにしても地面で直かに遊ぶことはせず、大人が筵(むしろ)を敷いてやる。町にも村にも浴場があり、そして必ず熱い湯に入浴する。

 我国に於ける防海壁に沿う無数の地域には、村落改良協会や都市連合が撲滅を期しつつあるような状態に置かれた納屋や廃棄物やその他の鼻持ちならぬ物が目に入る。全くこのような見っともない状態が、都鄙いたる所にあればこそ、このような協会も出来たのである。
 汽車に乗って東京へ近づくと、長い防海壁のある入江を横切る。この防海壁に接して簡単な住宅がならんでいるが、清潔で品がよい。田舎の村と都会とを問わず、富んだ家も貧しい家も、決して台所の屑物や灰やガラクタ等で見っともなくされていないことを思うと、うそみたいである。我国の静かな田園村落の外縁でしばしば見受ける、灰や蛤の殻やその他の大きな公共的な堆積は、どこにも見られない。

 優雅なケンブリッジに於いて二人の学者の住宅間の近道は、深い窪地を通っていた。所がこの地面はある種の屑で見事にもぶざまにされていたので、数年間にわたってしゃれに「空缶渓谷」と呼ばれた。日本人はある神秘的な方法で、彼等の廃棄物や屑物を、目につかぬように埋めたり焼いたり利用したりする。いずれにしても卵の殻、お茶のカス、その他すべての家の屑は、綺麗にどこかへ持って行ってしまうので、どこにも見えぬ。・・・・・

 外国人は日本に数カ月いた上で、徐々に次のようなことに気がつき始める。即ち彼は日本人にすべてを教える気でいたのであるが、驚くことには、また残念ながら、自分の国で人道の名に於いて道徳的教訓の重荷になっている善徳や品性を、日本人は生まれながらに持っているらしいことである。

 衣服の簡素、家庭の整理、周囲の清潔、自然及びすべての自然物に対する愛、あっさりして魅力に富む芸術、挙動の礼儀正さ、他人の感情についての思いやり・・・・これ等は恵まれた階級の人々ばかりでなく、最も貧しい人々も持っている特質である。こう感じるのが私一人でない証拠として、我国社交界の最上級に属する人の言葉をかりよう。我々は数ヶ日の間ある田舎の宿屋に泊まっていた。下女の一人が、我々のやった間違いを丁寧に譲り合ったのを見て、この米国人は「これ等の人々の態度と典雅とは、我国最良の社交界の人々にくらべて、よしんば優れてはいないにしても、決して劣りはしない」というのであった。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
この本をいつか採り上げられるだろうと、心待ちにしておりました。
私事で恐縮ですが、父は「東洋文庫」を何冊も所蔵していました。難解なものが多い中、これだけは子供だった私にも読めて、度々拾い読みをしていました。父が亡くなり「東洋文庫」を形見として私が譲り受けました。相続放棄をしたので、唯一の相続品でもあります。
この本は日本に残してきましたが、帰ったらすぐに読みたいです。
Posted by milesta at 2007年02月24日 08:04
milesta 様
>>この本をいつか採り上げられるだろうと

もう読まれていますねー(^_^;
モースのこの本はあまりにも有名なので、読んでいる方も多いだろうと思い、今まで掲載すべきか考えていましたが、やはりせずにはおれませんでした。
お父様の唯一の形見、いい書物を引き継がれましたねー。
モースの「100年前の日本」だったか、写真集もあり、その中の画像を時々このブログでも使ってました。
量が多いので、何回かに分けて掲載させて頂くつもりです。
またご感想など宜しくお願いします。
Posted by 小楠 at 2007年02月24日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3406388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック