2007年02月23日

スタール博士の講演2

日本は外交で譲歩するなかれ

 前回に続いて、昭和五年十月十九日、スタール博士が、一時帰国の前夜、東京中央放送局から全国中継でラジオ放送を行い、多大の感銘を与えた部分がありますので、「世界に生きる日本の心」から引用してみます。
この本については陸奥月旦抄様も記事にしておられます。
starr2.jpg
写真は人力車上のスタール博士

引用開始
 日本は今や過去の孤立鎖国の域を脱して、世界の列強の一つとなった。日本は世界の進歩発達に際して真のリーダーとなるべき幾多の機会を有したが、勇気と確信を欠きたるためにしばしば絶好の機会を失ったことは痛嘆の至りである。日本はこの大責任を果たさんためには高遠の理想と、高尚なる目的と、確乎不抜の決断と、特別の智慧を有たねばならぬ。
 今日何れの国家と雖も利他的なものはない。また、これを期待することは愚である。日本は国際親善の精神と正義の観念とをもって、自主的見地から勇往邁進せば、反って世界の尊敬を受け自然のリーダーとして立つことができると信ずる。(中略)

 日本は1895年の日清戦争以来、常に外国の圧迫に対して譲歩に譲歩を重ねて来た。日本は他国の要求及び意志に従わんとして常に国家の重大事に関して譲歩したのである。私は日本の譲歩の動機は国際協調及び国際親善のために寛大なる態度に出でたのであろうと信ずる。
 然しながらかかる政策が繰り返されたならば、外国はこれを目して日本は国際親善の目的に非ずして、むしろ自己の行為または判断の不当を容認せるか、然らざれば卑怯に起因せるものなりと誤解し、その結果日本を軽蔑するようになって来るのである。斯様に推移して行くならば、日本は将来必ずや国権を主張せねばならぬ機が到来するであろう。しかしながらその時は日本の主張が有効となるにはあまりに遅過ぎるのは遺憾である。要するに日本の諺に「後悔先に立たず」という名言がある。

 今これを例証せんとせば、米国の排日移民法通過の際の日本の態度の如きはその適例である。日本政府当局者は何故に日本国民の名誉のために、且つ正義人道のために、正々堂々と日本の正当の主張をなさなかったか。米国との親善を希望して米国に遠慮し、最後まで日本の主張を率直に米国民に披瀝しなかった故に、反って不幸なる結果を招来したのである。

 日本はワシントン会議に於いて日本の国防上多大なる犠牲を払って大譲歩を為した。国際関係に於いては国家と国家との間は対等であらねばならぬ。然るに日本は何故にワシントン会議に於いて、自ら進んで世界列国環視の前で、巨艦に於いて対英米六割の比率を承認して自国の劣等なることを制定する条約に調印したのであるか。

 而して、今回のロンドン会議は決して国民負担の軽減をなさずして米国に関する範囲に於いてはむしろ大なる軍備拡張である。 もし将来戦争がないから軍備縮小をするというならば、何故に英米両国が率先して軍備撤廃を主張しなかったか。何故に日本は国防上必須の兵力要求を貫徹しなかったか。日本の政治家は言う、この条約は1936年までの暫定的のものであるから憂うるに足らずと。しかしながら米国海軍はこの条約によって米国が多年要望して果たさざりし均整艦隊を初めて完成することができたことを密かに喜んでいる。

 補助艦艇の現有勢力に於いて日本海軍が遥かに米国より優勢なる今日、なお日本の国防上必要条件とする対米七割を獲得することができなかったとすれば、欧米人の既得権尊重の心理状態を知らざるも甚だしいものであると称すべきである。
 現に本年五月米国上院海軍委員会、ロンドン条約審査会に於いて、1936年に日本が対米七割を要求せば如何との問いに対して、合衆国海軍当局の大官が次の如く言明している。
 「もし1936年の会議に於いて日本が対米七割を要求した場合には、米国は会議から脱退するのみである。如何となれば海軍に於いては現有勢力以外に頼るべき何物もない。その時には米国は日本の古ぼけた大巡洋艦に対して、精鋭なる最新式大巡洋艦十八隻を有しているからである」と。

 かくの如く日本は外交折衝の際、日本帝国の存亡に関する重大問題に関して外国に譲歩を重ねている。日本の将来を憂うる私はかかる場合に於いて傍観座視沈黙を守っていることは極めて困難である。

むすび
 親愛なる日本国民諸君、今や日本を去るに臨んで諸君に希望する。諸君は光輝ある日本帝国の伝統に忠実にして、日本国民の美徳を涵養せられ、日本文明の精華を発揮すると共に、米国及び世界各国の長所美点を採用し、以って日本をして東亜に於いてのみならず、太平洋時代に於ける真の世界的リーダーたらしむべく努力せられんことを切望して止まない。
引用終わり

 どうでしょうか、これは今の日本にそのまま当てはまる忠告ではないでしょうか。
posted by 小楠 at 07:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本
この記事へのコメント
四面を海に囲まれ、外国の侵略を排しその美しい風土と長い歴史から生まれた日本人の持つ精神は明治・大正・昭和と受け継がれたと思います。謙譲の美などその最たるものではなかったでしょうか。それも戦前まで、戦後一気に崩れ去りました。しかし現在国力をつけた日本は、国際社会に於いてスタール博士の忠告が生きてきますね。

昨日は「竹島の日」でしたが、マスコミは申し合わせたように沈黙していました。
Posted by カピタン at 2007年02月23日 09:35
カピタン様
>>国際社会に於いてスタール博士の忠告が生きてきますね。

確かにそう思いました。今のような何が原因か判りませんが、腰抜けの政治家たちは、早く政界を去って欲しいものです。
>>昨日は「竹島の日」でしたが、マスコミは申し合わせたように沈黙していました。

南京の真実の映画製作に関しても、海外の主要メディアはしっかり取材し、報道もしていますが、日本のマスコミはほとんど無視している状態。
この異常な日本のマスコミの実態を、国民はしっかり見ておくべきですね。
Posted by 小楠 at 2007年02月23日 14:34
戦前から譲歩しすぎだと指摘されていたのですか。謙虚ならばまだ良いですが、敗戦後は「卑屈」になっているような気がしますね。

先日拙ブログにウクライナの学校のお話を教えていただいたので、ウクライナの画家が絵を描かれた絵本を紹介してみました。小楠さんのコメントも転載したのですが、もしもご都合が悪ければ、お手数ですがお知らせください。
Posted by milesta at 2007年02月23日 18:30
milesta 様
>>敗戦後は「卑屈」になっているような気がしますね。

本当に今の媚中媚韓派の腰抜け議員には早く政界を去ってほしいものです。

ウクライナのお話、ご紹介頂いて有難うございます。
教科書で教える際の教師に対する重要ポイントなども、なかなかしっかりしたものでしたよ。
日本とは雲泥の差です。
Posted by 小楠 at 2007年02月23日 18:46
日本の外交官は当然英語などを駆使できる者であったと信じます。それなのに万年欧米列強に押され不本意な条約を結ばされるに至ったのは”大和の美徳”が邪魔をしていたんではないかと常々思っています。支那の中国人のごとき、疳国の賎人のごとき口から出まかせの言いたい放題を要求して相手を打ち負かす精神が備わっていたら日本は無敵を誇り世界のリーダーとなって君臨できたと思います。美徳が邪魔をしたんですね。サカエアジア太平洋局長は美徳を捨てて徹底的に支那・疳国を叩くべきです、外交に遠慮は無用です。
Posted by ケイさん語録 at 2007年02月26日 13:45
ケイ様
誠意を持って対応すれば分ってくれるのは、国内だけの話。外国相手には全く通じないことが日本には分っていなかったのでしょう。
彼らの長期戦略にまんまとはまったということでしょうか。
>>外交に遠慮は無用です。

相手国の国民性をしっかり把握した上で交渉に臨んでもらいたいものです。


Posted by 小楠 at 2007年02月26日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3399139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック